ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2014年01月23日冬こそバードウォッチング

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

平素よりAR日記をご覧下さりまして、ありがとうございます。

ご挨拶がおくれましたが、あけましておめでとうございます!
2014年もよりいっそうのご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

さて、昨年4月に着任し、あっという間に1月になってしまいました。
冬になってものすごく寒くて驚きましたが、
冬の箱根もいろいろと発見があってたのしいです。

そんななか、
「パークボランティアが補修した登山道の確認」という任務のもと、
大涌谷を巡視してきました。


雪が踏み固められた階段に苦戦しつつも現場に到着しました。




石がごろごろしていて危ないとのことで、
散らばっている石を使って石畳が作ってありました。
とってもキレイにできあがっていました。
また、実際に歩いてみて歩きやすさに感動です!
パークボランティアのみなさま、いつもすてきなことをして下さいます。

登山道入り口周辺では、ビジターがしきりに富士山の写真を撮っていました。
私も富士山の雄大で美しい様子にしばし見とれてしまいました。

ふと登山道の反対側に目をやると、
ロープや植物に横向きの氷ができていました。


風と寒さのなせる技です。


帰り道もツルツル階段を慎重に歩いていると
数種の野鳥に出会うことができました。
冬は葉が少ないので野鳥を見つけやすく、
バードウォッチング入門におすすめだそうです。
たしかに樹にとまっている野鳥がよく見えます。



登山道でご飯中のカヤクグリです。
普段は標高2000m付近にいるそうなので、1000mほど下ってきたようです。

さらに下りながら、野鳥の鳴き声を聴きながら樹名板の確認も行い、
事務所に帰りました。


大涌谷だけで無く、事務所やビジターセンターの周辺でも
まだ雪が残っています。

箱根にいらっしゃる際は十分な防寒対策に加え、
雪対策も行って安全第一でいらっしゃって下さい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ