ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2014年06月23日パークボランティア、箱根をまなぶ

富士箱根伊豆国立公園 箱根 道又 静香

6月21日(土)に平成26年度第1回箱根地区パークボランティア研修会「仙石原湿原・草原の昆虫~湿生植物・草原性植物に依存する昆虫たち~」を開催しました!

今回は仙石原湿原・草原の昆虫をテーマに、箱根町文化財保護委員として活動なさっている白土信子さんと箱根ビジターセンターにて勤務なさっている須田淳さんを講師としてお招きしました。


箱根で活動をするにあたって、特別保護地区・天然記念物指定地区とされている仙石原湿原や草原は重要な解説ポイントです。
パークボランティアには楽しくしっかりと、たくさんのことを感じ、学んでいただきました!

まず、午前中に箱根湿生花園にて講義を、午後には湿原内で観察会を行いました。
座学では仙石原湿原・草原の歴史に始まり、箱根にしか生息していないとされる昆虫の話しや、実際に観察できる昆虫、外来昆虫などなど今後の活動に活かすことが出来そうな内容が盛りだくさんでした♪



【白土さんと須田さんの講義に聴き入るパークボランティア】


野外観察ではさまざまな昆虫を見つけ出し、その都度、講師に解説していただきました。
ラッキーなことに座学で説明のあったミドリシジミの幼虫やオオルリハムシなども観察できました♪



【須田さんの解説を熱心にメモするパークボランティア】


そして、研修会後には、15年以上熱心に活動していただいたパークボランティアに感謝を込めて、「パークボランティア感謝状」を贈呈致しました。



【感謝状贈呈の様子】

箱根のパークボランティアは現在81名です。
昭和63年に第1期生が誕生し、今年で26年が経ちました。
そして、今年の夏にはパークボランティアの新規募集(第7期生)を
開始する予定です!!(詳細は今後お知らせします。)


これからもパークボランティアとともに富士箱根伊豆国立公園箱根の
魅力を発信していきますので、ぜひ箱根の自然を感じに来て下さい♪


↓箱根でのイベント案内はこちらから↓
富士箱根伊豆国立公園箱根地域
過去のAR日記(道又担当分)


ページ先頭へ↑

ページ先頭へ