ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2014年12月26日平成26年度箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄防止一斉パトロール

富士箱根伊豆国立公園 箱根 杉山 大樹

12月15日(月)

天気に恵まれ、太陽の下で動けば汗が出てくる陽気な日

環境省主催で箱根地域国立公園内ゴミ不法投棄防止一斉パトロールが開催されました。



箱根地域の事業者が10団体45名、機関・団体は10機関34名が参加しました。

パトロール中は車に「不法投棄防止パトロール」と書かれたマグネットを貼り、箱根地域を巡回します。不法投棄されたゴミを発見したら回収し、美化活動と不法投棄の防止・啓発する活動です。



いざ、パトロールへ。

環境省は長尾峠を中心にパトロールしました。

車で走っていると見た目は不法投棄されたゴミはないように見えましたが、道路脇の崖下や車から降りて物陰を見てみると...不法投棄されたゴミがありました。

車の部品、建築廃材、家電製品、タイヤ、缶、ペットボトル、冷蔵庫...etc








回収スタートです。

道路から8~10メートル下まで降り、上からロープを垂らし、不法投棄されたゴミをつり上げます。

重いものもあり、危険を伴う作業です。引き上げの途中でロープが外れないようにきつく縛り、下の人が安全な場所まで移動したら、慎重に引き上げを行いました。







道路脇になんと,,,冷蔵庫が...




冷蔵庫など、人手がないと回収困難な不法投棄されたゴミについては環境省、箱根ビジターセンター、箱根町が協同で作業を行いました。







環境省と箱根ビジターセンター併せて、160㎏の不法投棄されたゴミを回収しました。





この活動で回収された不法投棄ゴミの総量は931㎏でした。





不法投棄されるゴミがある現実を知り、悲しい気持ちになりましたが、その問題に立ち向かう地域の事業者や機関・団体がいることを知りました。さらに啓発の大切さも知りました。継続的に回収・パトロール・啓発をし、捨てる側の意識が変わってくれればと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ