ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2015年05月15日まぼろしの滝

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

5月14日、雪解けの時期(5月初旬から6月初旬)に現れる、富士山須走口の「まぼろしの滝」を確認してきました。

 

前日までは台風(静岡県を通過する時は温帯低気圧に変わりましたが)の影響で、須走口五合目付近でも強風が吹いていたそうですが、この日は至って穏やかな良い天気で、まぼろしの滝の見学者が後から後からやってくるような状況でした。

 

まぼろしの滝は「不浄沢」に現れる滝で、駐車場から西側へ歩いて20分ほどかかります。

道のりは、駐車場からすぐの森林帯の中で少々登りますが、あとはほぼ横移動です。

歩道脇に張ってあるロープに沿って歩いて行けば迷うことはないでしょう。

 

さて、これまでもまぼろしの滝への歩道状態等を確認するため、毎年巡視を実施してきましたが、いつもタイミングが合わず、滝を見ることができませんでした。

しかし今年は沢筋にまだ雪が残っていましたが、水の流れを見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

(歩道突き当たりから見える滝の様子。赤丸が滝です)

 

滝を左手に見ながら岩場を登っていくと、まさに流れ始めたばかりという部分に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流れ始めたばかりの水を上から見てみると、素晴らしい景色が広がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年よりも残雪が少ないように見られる富士山ですが、写真からもわかるように沢筋など残雪が深い部分や思わぬ所に雪が残っていることもあります。

また、岩場は足元が不安定ですし、水が流れる部分は岩が削られて滑りやすくなっています。

「五合目周辺なら大丈夫」と思わずに、登山靴の着用など最低限の準備をしてお出かけ下さい。

 

また、今回の巡視で拾ったゴミは、タバコの吸い殻6本と飴の袋2つと、とても少ないものでした。

日頃からゴミ拾いを行って下さる地元の方がいらっしゃることもあると思いますが、これからもゴミの持ち帰りのご協力について、よろしくお願い致します。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ