ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2015年06月19日茶ノ木平巡視

日光国立公園 櫨木 めぐみ

 先日、茶ノ木平を巡視してきました。明智平ロープウェイからのスタート。この日いろは坂の下は晴れていたのですが、坂を上るごとに曇天に...。しかし、なんとか天気がもち、ポスターや観光雑誌で見る華厳の滝と中禅寺湖のショットを拝むことができました。さすが、日本三大瀑布の一つ、遠くからでも迫力がありました。

途中、足下には咲き始めのギンリョウソウ、シカの痕跡(足跡や糞、樹皮剥ぎ)、そして踏み固められたであろう歩道上の土から出てきたばかりのセミの幼虫と遭遇しました。また、戦場ヶ原周辺の森ではあまり見かけないブナ林も広がっていました。
ギンリョウソウ、地上界へ出たてのセミ、ブナ林
 それらを通過した先、茶ノ木平にはササ原が広がっていました。茶ノ木平は、かつて自然植物園があったようで、そこに繋がる中禅寺湖温泉ロープウェイもあったようです。なお、常設されている看板の中には、旧い情報のままの地図を掲載したものもありますのでご注意下さい。

 また、道中、歩道と送電線巡視路が交差している箇所がいくつかありました。私たちが片道切符だったこともあり、ロープウェイの方が道迷い防止の地図を渡してくれたのですが、確かに迷いやすい道でした。もらった地図も参考に、持参した地図と道標を確認しながら、足を進めたものです。

 今回の巡視中、一時霧がかることがあったのですが、そのように天候により道中をはばまれることや、現地の地図情報が旧いこともあります。そのため、これから登山や自然散策にむく季節になりますが、お出かけの際は地図を持参し、また地図はできるだけ最新のものをご利用下さい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ