ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年01月04日西伊豆の冬

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

2016年となりました。本年もよろしくお願い申し上げます。

年末年始は各地で暖かい日が続きました。

事務所がある沼津も同様で、どうしても気候が「真冬!」という感じがしません。

それでも12月22日に西伊豆歩道を巡視した際には、やはり季節が変わっている事を感じました。

この日は、いくつかのコースに分かれている歩道のうち、大瀬崎と井田の2コースを確認してきました。

陽射しが出ていて良いお天気だったせいか、歩いているだけで汗だくになりました。

坂道を登っているならわかるのですが、平坦な道でも坂道を下っていても汗をかくのです。

「これは夏の富士山山頂の方が涼しいぞ・・・」と思いました。

そうは言っても、景色はさすがに夏のようには見えません。

やはり木々の葉は色づき、落ちて夏とは違った印象です。

(井田の煌めきの丘から)

残念ながら、富士山は雲の中でした。

 

歩きながら歩道脇を見れば、トベラの実が割れて赤々とした種の姿を見せてくれています。

 

そして、海際にある明神池には、寒くなってくると姿を見せるようになるオオバンの姿がありました。

 

一方で、明神池周りの歩道ではムラサキカタバミ(花期:夏)の姿が・・・。

やはり、伊豆半島は暖かいようです。

 

寒さはこれからが本番です。

日本各地の国立公園では、冬ならではの景色が広がることでしょう。

「その瞬間を逃さないぞ」と各地を訪れる方もいらっしゃるかと思います。

ぜひマナーを守り、楽しくお過ごし下さい。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ