ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年02月17日冬の様相【天城山】

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

三寒四温と言いますが、日曜日は暖かく感じられたのに火曜日は寒くてたまらないという、寒暖差がありすぎる週明けとなりました。

そんな2月16日火曜日、伊豆半島の天城峠から八丁池の歩道(上り御幸【のぼりぎょうこう】線歩道)を巡視しました。

 

暖かく感じた日曜日は、雨が降り暴風にも見舞われましたが、その痕跡はしっかり残っていました。

(上り御幸線歩道上にて)

暴風に耐えきれず、枝の付け根部分から折れていました。

けっこう太い枝もあり、風の強さを物語っていました。

暴風の時は風に飛ばされるだけでなく、頭上や周囲への注意が必要です。

 

また、これまでこの歩道では見たことのない様子にも出逢えました。

苔から垂れ下がる氷柱(つらら)です。

こんなに大きく育った氷柱をこの歩道で見たのは初めてでした。

(昔は普通の事だったのかもしれませんね)

 

この日は冬晴れでしたが風が強く、山の上はかなり寒かったです。

だからこそ、普段は見られない景色に出逢えるのかもしれません。

(八丁池上の展望台より)

伊豆大島が雪を被っていたのです。

もし風が吹いてなかったら、見られなかったかもしれない景色です。

とは言え、写真を撮るために手袋を外した手は、あっという間にかじかみ始めます。

どんなに良い天気でも、冬の登山はきちんとした装備で行きましょう。

 

今回の巡視では、歩道上でたくさんタバコの吸い殻を拾いました。

乾燥しているこの時期、山火事になる恐れもあります。

携帯灰皿を持参するなど、マナーを守っていただきたいと思います。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ