関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

【開催報告】パークボランティア研修会(箱根地域)

2019年12月20日
箱根

はじめまして!

2019年12月より富士箱根伊豆国立公園管理事務所に着任しました山口と申します。

今回ご縁があって箱根地域で働くこととなりました。

箱根と言えば、豊かな自然と温泉のイメージです。

大地のパワーを時折温泉に浸かっていただきながら、

これからこの箱根地域で、人と自然をつなぐ架け橋のような活動を

お手伝いできると嬉しいです。

よろしくお願いします。

今回は、12月8日(日)に行われた、

箱根地区パークボランティア(以下:PV)研修会のご報告です。

普段お客様に箱根の山々を案内するガイド、インタプリターとして活動する

PVの皆さんが、次年度に向けてガイド力向上を目指して研修参加しています。

皆さんは「ネイチャーゲーム」をご存じでしょうか?

ちょっとした遊びを自然の中で行うことで、

身近な自然の新しい魅力に気がついてしまう、

「見て聞いて感じて5感を養う」自然観察手法のひとつです。

まずは、自らお客様になって、ゲームを体験。

講師は公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会青木先生です。

ゲームの開始時から、熱心に質問をするPVが多く、

青木先生も圧倒されてしまうほどでした。

初めて会ったお客様とガイドは、会話1つ1つにも緊張が漂います。

この壁を、出来るだけ早く取り払うとお客様の楽しい時間は増えます。

ネイチャーゲームの手法が役立つはず!

大まかにきれい!美しい!と見ていた樹木が、

樹皮に実は菱形の模様があってきれい!

なんだかいいにおいが樹皮からしてる!

この木はこんなことを言っているかもしれない!

と、より細かい部分に感覚が研ぎ澄ますと、

新しい世界が見えてくるのです。

不思議ですね、ネイチャーゲームって。

時間がたつと、PV皆さんから童心に帰ったような笑顔が溢れ、

ゲームは大変盛り上がりました。

使っているフィールドはいつもの自分たちの庭、

箱根ビジターセンター周辺なのですが、

これまで気がつかなかった新たなポイントが見えてくる!!

それは楽しくて仕方がありません。

こんな発見があるのねと、皆さんが驚かれていました。

この日味わった新しい感覚、楽しさを、

今度はお客様に味わってもらい、笑顔になってもらうことが研修のゴールです。

来年もたくさんのお客様に、もっともっと箱根の魅力が伝えられますように!!

春からのシーズン開始に向けて、次年度の観察会計画も着々と進行中です。

箱根ファンの皆様も、これから訪れてみたいなと思っている皆様も、

是非来年の自然観察会やイベントへの参加を楽しみにしていてください。