関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

5月GW明けの箱根植物 (箱根地域)

2020年05月12日
箱根

皆さん、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の山口です。

STAYHOMEが徹底されたGWを終えて、箱根に初夏が訪れ始めました。

緑が輝いて、芦ノ湖がまぶしいです。

【芦ノ湖】

そんな中、見頃の植物も変わってきました。

今回はこの時期見頃の植物を一部紹介します。

来年の為の下勉強として、ご自宅でお楽しみ下さい!

はじめはこちら。

【ハナイカダ】

この植物は、なんと葉の真ん中に花が咲きます。

イカダに乗った様に見えるお花が、なんとも可愛らしいです。

【ハナイカダ アップ】

実は雄花と雌花があります。

複数の花が付いているこの木は、雄です!

雌花は、通常花は1つ。

夏期には結実し、黒い実がイカダに乗ります。

次はこちら。

【ギンリョウソウ】

箱根でも見られます。この時期には少し早めですが。

先日、うっかりビニールゴミを拾おうと手を伸ばしたら、ギンリョウソウでした。

自分でもびっくりしました!

腐生植物といって、葉緑素を持たずに菌類と共生することで栄養をもらう為、暗い森でも成長できるという、白く輝いて見えるツツジ科植物です。

ちなみにツツジと言えば、こちら。

【ミツバツツジ】

この時期美しい山の花の代表です。ギンリョウソウが、ツツジ科とは不思議ですね。

最後にこちら。

【ズミ】

別名、コリンゴ、コナシとも言うそうです。

蜜が甘いのでしょうね、ハナムグリや他の虫たちが沢山食事に集まっていました。

更にその虫たちを食べに、キビタキが現れたりと、木の周りはたいへん賑やかです。

さて現在も箱根がある神奈川県は、コロナ感染症の影響によりまだまだ外出は自粛継続中。ですので、公共の駐車場が5月31日までほぼ閉鎖されています。近隣の静岡県は自粛がやや緩和されつつありますが、お客さんに「来て下さい」と大きな声で呼べる状況ではまだまだありません。

今はこのAR日記を通して、ご自宅で箱根の初夏を楽しんで頂ければと思います。

STAYHOME、もう少し続けていきましょう。

「湖尻」にある箱根ビジターセンターHP →http://hakonevc.sunnyday.jp/

今後の親しむ運動イベント情報 →http://hakonevc.sunnyday.jp/shitashimuundou.html