関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

2021紅葉の箱根路を訪ねて (箱根地域)

2021年12月27日
富士箱根伊豆国立公園

皆さん、こんにちは。

富士箱根伊豆国立公園管理事務所の山口です。

新型コロナウイルスの猛威がいったんの終息気配を見せ始めた11月、2年ぶりの箱根地域自然に親しむ運動イベントが実施されました。環境省主催の「紅葉の箱根路を訪ねて」にて、箱根パークボランティアがお客様に富士箱根伊豆国立公園内の自然や歴史を紹介しました。

【コース上の景観スポット:お玉が池と下二子山(特別保護地区)】

久しぶりの開催に、運営側も新型コロナ感染症対策を行いしっかり準備しましたが、お客様たちご自身も各自でマスク着用やアルコール消毒用品を持参頂く様子が見られ、安全なイベント実施にご協力頂きました。開催を待っていたリピーターの方、初めて参加頂いた方、それぞれの皆さまに紅葉の箱根路を満喫、体感頂けたと思います。

【紅葉観察】

【落ち葉を踏みしめてのハイキング風景】

当日は天候にも恵まれ、参加した全員が十二分に箱根の自然を楽しむことができました。やはり、豊かな自然の中をゆっくり歩くことは最高の贅沢です。国立公園らしい景観も存分に味わって頂けたのではないでしょうか。

【芦ノ湖湖畔を通過する参加者たち】

【コース上の景観スポット:富士山と箱根神社平和の鳥居】

富士箱根伊豆国立公園箱根地域の魅力は、関東近辺から足を運びやすい立地にもあります。withコロナの時代に、こういった利点を活かして何度も足を運んで頂くことで、有名な観光スポット巡りに加え、箱根の新たな魅力を深く、ゆっくり体感していただくことができるのではないでしょうか。2022年度の「箱根地域自然に親しむ運動」も現在計画中です。新型コロナウイルス感染症の様子を伺いながらの開催は続きますが、来年もこの自然に親しむ運動へのご参加をお待ちしています!