関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

【那須】「那須にリラック○を見た」

2022年02月10日
那須

みなさま、こんにちは。 日光国立公園 那須管理官事務所の善養寺聡彦です。

那須管理官事務所では、 那須平成の森で中・大型ほ乳類の調査を行っています。

この調査に関しては、過去の那須AR日記でもしばしば報告されていると思います。

今回は微笑ましくも、もしかしたらかなり貴重な映像が撮れましたので、

ここに披露させていただきます。

調査は、自動撮影カメラを那須平成の森内の定点(15地点)に設置し、

定期的にデータを回収します。

既に10年間調査が継続されています。

那須の森に見られる中・大型動物は主に、

ツキノワグマ、ニホンカモシカ、ニホンジカ、イノシシ、キツネ、タヌキ、

ニホンアナグマ、テン、ハクビシン、ノウサギ です。

那須の森には一般の人々が自由に散策できるエリアがありますが、

そんなエリアの森の中・・・

ツキノワグマ ですね!

なかなか立派な体格!!

こんなクマが、ヒトが歩く場所を共有しています。

といいますか、クマの領分にヒトがお邪魔しているのですが。

さて、今回この撮影ポイントは特別な場所になりました。

次なる登場獣は、

子熊ですね

(すると、さっきのは母熊。)

カメラは動物を感知すると、連続3枚撮影します。

コマ撮り3枚を見ると、動きが分かります。

子熊は、なにやら木の根元の窪みに座り込んで、仰向けになったりしているようです。

さてこの子熊、

こんなんなったり・・・。

1852分

1856分  ほふく前進?

1858分 頭は手前か?


1859分 溶けてしまった!


19時01分 手前に耳があるようだが・・・

1902分 向こう向きらしい。

クマの生態に詳しくありませんが、

眠っているのか?

遊んでいるのか?

這いずり回っています。

眠っているのでしたら、とてもお行儀の良い子です。

何にせよ、これはリラック○だ!

リラック○は実在したのです。

こんな野生のクマの映像はなかなか無いのでは?

とても貴重なものを見たように思います。

そしてこんな光景もありました。

リラック○は兄弟でした。

このクマ一家はこの場所がとても気に入って安心しているようです。

クマ達は頻繁に撮影されました。

この日は1114

2頭はこの冬は、あのビッグママと冬ごもりするのでしょうか。

ぐっすり眠ってね

また逢いましょう❤❤❤

※ 那須平成の森 <https://nasuheisei-f.jp/>

 那須高原には那須御用邸があり、平成203月、そのうちの一部が宮内庁から環境省に移管されて那須平成の森と命名されました。那須平成の森の拠点施設として「那須平成の森フィールドセンター」があり、ガイドウォークをはじめとする様々なプログラムを実施しています。