ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2007年07月04日小笠原の自然環境の保全と再生に関する基本計画

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

 小笠原は海洋島(島が誕生してから一度も大陸と繋がったことが無い島)としての独特の生態系を有する地域で、独自の進化を遂げた小笠原固有の生物種が多く、国内のみならず世界的に見ても希少かつ固有な自然環境をもっています。
 しかし、近年においては多くの外来種による影響等により固有種、希少種の減少や自然環境の劣化が進行しています。
 そこで環境省は、小笠原に関わりの深い各分野の専門家や地元関係団体、関係行政機関等の参加を得て検討会を実施し、小笠原における自然環境の保全と再生、とりわけ外来種対策についての基本的考え方をとりまとめました。
 「小笠原の自然環境の保全と再生に関する基本計画」はこの検討会での検討の成果をとりまとめたものであり、小笠原における外来種対策についての基本的な考え方と具体的取組に対する技術手法及び対策の方針を示しています。
 基本計画では4つの基本方針があります。それらは、

?海洋島に残された「固有種・希少種」、「独特の生態系」の保全

?「外来種に攪乱された生態系」の健全化

?自然と共生した「島づくり」

?小笠原の自然を保全・再生するための「仕組みづくり」と「小笠原ルール」

です。
次回から具体的にどんなことを進めているかご紹介致します。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ