ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2017年09月29日【富士山がある風景100選】三原山山頂口(伊豆諸島エリア)

富士箱根伊豆国立公園 伊豆諸島 椋本 真里奈

富士箱根伊豆国立公園80周年を記念して選ばれた"富士山がある風景100選"!

伊豆諸島地域からは大島の3箇所が選定されました。今回は、『三原山山頂口』をご紹介します。

("富士山がある風景100選"については富士五湖小西アクティブ・レンジャーの日記をご覧下さい。

http://kanto.env.go.jp/blog/2017/06/100-1.html

こちらのスポットは、島中央にそびえる三原山の北西部に位置しています。

路線バスを利用すれば港から直行できますし、車があれば元町集落から開放感のある『御神火スカイライン』を登っていくのがオススメです。

大島から見る富士山は他の地域に比べてどうしても遠くなってしまいますが、広大な相模灘を挟んで望む富士山もまた格別です。

むしろ、広角から眺めることでその他の山々まで見渡せて富士山の壮大さが感じられます。

三原山山頂口は登山遊歩道の起点なので、富士山の景色を楽しんだ後は今なお活動している火山の様子も体感できます。

三原山は大島の自然環境の基盤です。繰り返す噴火と再生が造った景色を堪能しましょう!

三原山の標高は764m。

遊歩道を歩けば登山初心者にも優しいカルデラ火山です。

遊歩道からでもスコリアなどの火山噴出物や溶岩の流れが造り出した景観が見られます。

【地表から吹き出た溶岩が冷えて固まったもの】

【カルデラ内の東部に広がる火山荒原(砂漠)】

今の季節なら熱すぎず寒すぎず比較的軽装でも問題ありませんが、山頂の火口周りは一部で舗装道路が途切れて足場が悪くなるので、適切な履物を選んでください。

蹴り跳ねたスコリア(火山噴出物の粒)が靴に入ったり足首を傷つけたりするので、スニーカーよりは丈のあるトレッキングシューズがおすすめです。

霧が出ると水分で体が冷えるので、ぱっと羽織る物があれば安心ですね。

なお、三原山山頂口から内側(カルデラ内)は全域が「特別保護地区」に指定されています。

貴重な自然景観を保全するため、車両(自転車含む)の乗入れや動植物の採取は禁止されています。

持ち込みや持ち出しはせず、そこにあるものを五感で楽しみましょう!

++++++++++"富士山がある風景100選"とは +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念事業の一環として、国立公園内と周辺地域の代表的な富士山の展望地を"富士山がある風景100選"として選定しました。
その他の選定地などの情報につきましては環境省関東地方環境事務所のページをご覧下さい。
http://kanto.env.go.jp/pre_2017/80_1.html

http://kanto.env.go.jp/to_2017/post_94.html






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




ページ先頭へ↑

ページ先頭へ