関東地域のアイコン

関東地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

「アクティブ・レンジャー写真展」開催中です!

2020年12月16日
下田

みなさん、こんにちは。証明写真を撮るときは目が半開きになりがちな齋田です。

昆虫や動物の写真を撮ることは好きなのですが、自分自身が被写体となるのは少し苦手です。

さて、伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」にて開催中の写真展「環境省 アクティブ・レンジャー写真展 - 国立公園・野生生物の姿 -」について、多くの反響を頂きありがとうございます!

この日記を見ているみなさんの中には会場までお越し頂いた方も多いのではないでしょうか?

会場に設置した写真やポスター、パンフレット等を通じて、一人でも多くの方に自然の素晴らしさや国立公園の魅力について知って頂けると大変嬉しく思います。

今回の日記では、会場の展示物だけではお伝えしきれなかった撮影場所の様子について詳しくご紹介します。

写真展の開催内容や展示状況等については、環境省 関東地方環境事務所のHP山田アクティブ・レンジャーの日記をご覧ください。

下田管理官事務所からは、海岸沿いの景色を切り取った2点の写真を出展させて頂きました。

まずはこちらの写真から。トロピカルな花々に包まれる真冬の爪木崎海岸です。

【楽園の冬 爪木崎海岸】

夏場は人気の海水浴スポットとして賑わう爪木崎海岸。冬場は紅白の花々が海岸沿いを彩ります。

海辺一帯に広がる白い花はニホンズイセン。周辺には甘くやわらかい香りが広がり、思わずうっとりとした気分にさせられました。

左端に見える紅い花はキダチアロエ。鮮やかな暖色がほどよいアクセントととなり景観を引き締めますね。

ニホンズイセンとキダチアロエはこれからの季節に見頃となります。近隣にお住まいの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

■楽園の冬 爪木崎海岸

撮影場所:爪木崎海岸 静岡県下田市

撮影時期:2020年1月上旬

アクセス:伊豆急下田駅よりバスで15分

続いての写真はこちら。可愛らしい黄色い花が揺らめく真夏のユウスゲ公園です。

【煌めく ユウスゲ公園】

石廊崎周辺の海岸線を一望できる小高い丘に位置するユウスゲ公園。

西日に煌めく太平洋の碧や草木の緑を背に、黄色い花弁が磯風に揺れ動く様子は、言葉ではとても言い表すことの出来ない程に情緒的でした。

この可愛らしい花の正体は、公園名の由来となったユウスゲです。彼らは夏の夕方頃に開花し翌朝にはつぼんでしまうワスレグサ属の一日花。7月下旬から8月中旬の16時以降が見頃となります。

■煌めく ユウスゲ公園

撮影場所:ユウスゲ公園 静岡県南伊豆町

撮影時期:2019年7月下旬

アクセス:伊豆急下田駅よりタクシーで30分

以上が下田管理官事務所より出展した写真です。温暖な伊豆半島の雰囲気が伝わったでしょうか?

伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」を会場とした写真展は1月26()まで開催中です。

2月から3月にかけての期間には、富士五湖・奥多摩・伊豆諸島・那須の4地域にて開催されます。

詳細な開催情報については、該当地域の「アクティブ・レンジャー日記」にて随時公開予定です。

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策については、各施設の指示に従って頂きますようお願いします

▼伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」

https://georia.izugeopark.org/

▼写真展 開催案内「環境省 アクティブ・レンジャー写真展 - 国立公園・野生生物の姿 -

http://kanto.env.go.jp/to_2020/2020_6.html