ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

南アルプス国立公園 南アルプス

184件の記事があります。

2014年09月26日南アルプスの植生復元活動!

南アルプス国立公園 南アルプス 大石佳織

こんにちは。南アルプスは稜線から紅葉が進みつつあります。
すっかり秋です!

さて、先日、南アルプスの南部にある塩見岳で行われた
植生復元活動に参加してきました。

塩見岳の東峰直下の斜面は、昭和50年代には豊かなお花畑が
広がっていたそうです。しかし、現在は写真のとおり、ほとんど
植物は生育していません。


「昔はお花畑だったんだよ」と教えてもらわなければ、私は
「もともと植物のない場所なんだ」と思っていたはず…。


ここも増えすぎたニホンジカが原因で環境が変わってしまった
場所のひとつです。ニホンジカが高山植物を食べ、地面がむき
出しになったために雨などで土が流れ出すようになってしまい
ました。
このため、南アルプス高山植物保護ボランティアネットワーク
のみなさんが中心となって、植生を復元するための活動をして
います。

今回は、土の流出を防ぐためのマットを敷設する作業を行いました。


すっかり植物がなくなり、むき出しになった斜面にマットを敷設
していきます。

こちらは昨年までに敷設されたマットです。


少しだけ植物が芽生えているのがわかりますか?
もとの状態はまだまだ先ですが、芽生えを見ると嬉しくなりますね。

昔の様子を記録してくれていた人がいて、その人が記録を伝えて
くれたから、昔を知らない人も以前との変化を知ることができる
んだなぁと、今回もつくづく感じました。

私も「現在」の様子をきちんと記録に残し、伝えていけたらなと
思っています。

ページ先頭へ↑

2014年09月10日将来へ引き継ぐ

南アルプス国立公園 南アルプス 大石佳織

こんにちは。
今日は、若い世代へ南アルプスの自然をひきつぐために、
行政やボランティアなどが協力して行っている取り組み
のひとつをご紹介します。


先日、静岡市主催の「南アルプス高山植物保護セミナー」
がありました。このセミナーは将来を担う高校生に南ア
ルプスの自然の変化や生態系について考えてもらおうと
企画された2泊3日のセミナーです。

高校生たちは、南アルプスの自然や生態系などについて学
んだ後、千枚小屋へ登って、ニホンジカによる食害から高
山植物を守るための防鹿柵の設置を体験しました。

千枚小屋は南アルプス南部の千枚岳(標高2880m)から南
東に下ったところにあり、周囲には貴重な高山植物が生育
するお花畑が広がっています。しかし、ここでもニホンジカ
による食害が深刻化しています。


(以前はミヤマシシウドの白い花が多いお花畑だったそう
ですが、今はマルバダケブキの黄色い花が目立ちます。)



(ミヤマシシウド:花(左)と 食害を受けた個体(右))


高校生たちは、一緒に参加した高山植物保護ボランティア
ネットワークの方などから設置方法について指導してもら
いながら作業を進めました。

(シカはネットをくぐってしまうことがあるので、
杭でネットの裾を固定します。)


ニホンジカ対策には今のところ特効薬はなく、時間をかけ
て取り組んでいかなければなりません。設置した柵の内側
の植生や南アルプスの自然が今後どう変化していくのか、
末永く見守り、関わってくれる生徒さんが増えてほしいなぁ
と思いながら一緒に作業をさせてもらいました。

南アルプスの自然を将来世代に引き継ぐことはもちろんです
が、「南アルプスを取り巻く問題にどのように向き合い、豊
かな自然をどう将来に残していくのか」を、将来を担う世代
とともに考えていくことも大切ですね。

ページ先頭へ↑

2014年09月01日センサーカメラがとらえた生き物は…

南アルプス国立公園 南アルプス 大石佳織

こんにちは。
今日は前回の日記で紹介した「仙丈ヶ岳に設置されている
センサーカメラ」がとらえた生き物を報告したいと思います。

センサーカメラの回収データを見る前に昨年までの記録を確認し
たところ、ライチョウやウサギなど、さまざまな生き物が撮影され
ていました。

今回はどんな生き物が写っているのか?
ワクワクしながら確認しました。
が、写っているのはシカ!シカ!シカ!!

赤枠の中にシカが写っています。

カメラに接近するニホンジカ

植物を食べているようです。

ニホンジカが植物を採食している様子もとらえられていました。
南アルプスでのニホンジカの食害対策は待ったなしです。

ページ先頭へ↑

2014年08月13日はじめまして

南アルプス国立公園 南アルプス 大石佳織

みなさん、はじめまして。
8月から南アルプス自然保護官事務所のアクティブレンジャーになりました大石佳織と申します。
これから、魅力いっぱいの南アルプスの「現在(いま)」を発信していきたいと思います!どうぞよろしくお願いします。

さて、先日、仙丈ヶ岳へ行ってきました。
仙丈ヶ岳はとってもきれいな高山のお花を楽しむことのできる山のひとつです!

しかし、南アルプスではニホンジカが増え、お花畑の草花を食べてしまうという深刻な事態が起こっています。

毒があると言われているコバイケイソウまで食べられています!!

そこで、多くの方の協力のもと、お花畑を守るためにさまざまな対策が行われています。

シカが高山植物を食べつくしてしまわないように柵を張ったり…

柵の中ではお花がいろいろ咲いていました。


けもの道の近くなどにセンサーカメラを設置し、写真を撮ることで、シカがどれくらい登ってきているのか等を調べたり…

センサーカメラ

このセンサーカメラは、カメラの前を動くものが通ると自動で写真を撮ってくれます。今回は、センサーカメラの電池交換とデータ回収に行ってきました。どんな写真が撮影されていたかは、また報告しますので、楽しみにしていてください。


ページ先頭へ↑

ページ先頭へ