ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年2月

10件の記事があります。

2016年02月23日保護官事務所の裏のニホンザル

南アルプス国立公園 大石佳織

こんにちは。
みなさん、お気づきでしょうか?
「アクティブ・レンジャー日記―関東地区―」のバナー(関東地区の各国立公園のページ
から日記へリンクするときのボタン)に使われている写真が2月3日に変わりました。
赤石岳とお花畑の景色になり、南アルプス国立公園のアクティブ・レンジャーとしては
とても嬉しいです。ぜひ南アルプスへ想いを馳せながらクリックしてください(笑)

さて、年が明けてからずいぶん経ちましたが、今年は申年ですね。
ということで、今日は事務所周辺に現れるニホンザルについて、ちょっとご紹介します。

事務所のある芦安にはニホンザルの群れが暮らしていて、事務所の裏には毎日のように姿を
現します。
食べ物の少ない冬の時期、サルたちは落ち葉を掘り返してその下にあるものを食べたり、
木の皮を食べたりしています。
(落ち葉を掘り返して食べ物を探すサル。何を食べているのかは観察できませんでした。)
















(サルによって樹皮を剥かれた木の枝。樹皮の下の白い部分が遠くからでも目立ちます。)


写真では分かりにくいのですが、よく見ると外側の硬い皮が枝からぷらぷら垂れ下がっ
ています。どうやら硬い皮は残して、内側の柔らかい部分だけを食べているようです。
食べ物の少ない季節をたくましく生きているんですね。
春はすぐそこ、サルたちにとって待ちに待った季節はもうすぐです。

一方で、人の生活とぶつかってしまう場面もあります。先日はどこかのお宅から
大根を引き抜いてきて、片手で抱えてかじりながら歩く姿を見かけました。
(大根片手に歩くサル)








 
南アルプス市周辺では農作物への被害もあり、人とサルの摩擦が起こっています。

標高3,000mを超える稜線でも、夏季にニホンザルを見かけることがあります。
私も昨年、荒川三山の東岳(悪沢岳)標高3,100m付近で約17頭の群れを見かけました。
また、北岳でも多くのサルが観察されており、その様子を撮影した写真が北岳の登山口の広河原
にある「野呂川広河原インフォメーションセンター」(夏季のみ開館)に展示されています。
山に登ったけどサルは見なかったという方は、インフォメーションセンターで写真を見てみてください。

ページ先頭へ↑

2016年02月23日【日光】平成27年度国立公園・野生生物フォトコレクション開催

日光国立公園 中野純

日光に着任して3回目を迎えた冬は、春の陽気を感じさせるような暖かさが印象的です。

日中がこうも暖かいと...っと油断は禁物。

太陽が沈むと、待ってましたとばかりに冬本番の寒さが襲ってきます(ただ寒がりなだけ?)。

なにはともあれ、体調管理にはお気を付け下さい。


さて、219日(金)~313日(日)の間、日光湯元ビジターセンターレクチャールームで「国立公園・野生生物フォトコレクション」を開催しています。関東地方環境事務所管内のアクティブレンジャーが撮影した、国立公園内の自然風景、貴重な動植物、神秘的な自然現象などを写真で紹介します。

きっとあなたの疲れを和らげる癒やしの写真が見つかるでしょう!?

ぜひお越し下さい。


こちらを見てネ↓

日光版ポスター.pdf


<日光湯元ビジターセンター情報>

開館時間:9時30分~16時30分

     2月、3月は水曜日のみ閉館

詳細はこちら↓

http://www.nikkoyumoto-vc.com/


<問い合わせ先>

「国立公園・野生生物フォトコレクション」に関する

 お問い合わせはこちらまで↓

環境省 日光自然環境事務所

☎0288-54-1076

ページ先頭へ↑

2016年02月18日鷹ノ巣山

秩父多摩甲斐国立公園 野崎 拓

奥多摩では2月とは思えない暖かさが続いていますが、都心から来た方はやはり寒く感じるようです。

そんな中、217日に奥多摩町の奥集落から鷹ノ巣山まで巡視に行ってきました。

(鷹ノ巣山避難小屋付近の様子)

この日鷹ノ巣山頂の積雪は5から10センチ程度、積雪の多い北側斜面や吹き溜まりで30センチ未満でした。例年だと山頂で30センチは積もるそうなので、暖かさを目に見えて実感できました。

(鷹ノ巣山山頂からの眺望、山頂の標高は1736m)


また、登山道では多くの動物の足跡を見ることが出来ました。

(動物の足跡 左上:イノシシ、左下:ヤマドリ、右上:ニホンジカ、右下:リス)

これほど多くの痕跡を1度に見たのは初めてだったので、とても得をした気持ちになりました。


帰り道で雪が転がってロールケーキのようになっているのを見つけました。

自然に出来たとは思えないほど、きれいに巻かれていますね。(写真中央部分)


この日、巡視中に危険な箇所は見られませんでしたが、人が通った跡は凍結しやすいため登山される際は足下に注意をしてください。また、標高の低い場所では溶けた霜によってぬかるんでいる箇所が多かったため、雪や凍結がない場所でも注意が必要です。

ページ先頭へ↑

2016年02月18日【開催案内】富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念式典

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

富士箱根伊豆国立公園は昭和11年2月に指定されてから、
平成28年2月で《80周年》を迎えます。

この記念すべき節目の年を迎えるにあたり
今後さまざまな記念行事の開催を予定しております。

その中でも今回は、記念式典についてご案内いたします。

「富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念式典」

・主催 環境省関東地方環境事務所、富士箱根伊豆国立公園指定80周年記事業実行委員会
・日程 平成28年3月6日(日)
    《パネル展示》 11:00 ~16:00
    《記念式典》  13:00 ~16:00
・会場 プラサヴェルデ コンベンションホールB(3F)(静岡県沼津市大手町1-1-4

・参加費 無料
・募集人数 100名
・参加申し込み方法(一般参加者)
  氏名、ふりがな、所属(団体名等)、連絡先(電話番号、FAXもしくはメールアドレス)を明記の上、
  FAXもしくはメールで以下に申し込みください(3/1(火)必着)

  申し込み先:特定非営利活動法人日本エコツーリズムセンター
  FAX:03-5834-7972 メール:desk@ecotourism-center.jp


  ※希望者多数の場合には抽選とさせていただきます。
  ※受付後、参加者の方へ、参加案内お送りいたします。

式典のチラシはこちらを ご確認ください。
◆プログラムやその他の詳細はこちらを ご確認ください。
こちらの特設ページでも内容を ご確認いただけます。


        


富士箱根伊豆国立公園の歴史・果たした役割・これまでの取組を振り返り
また将来の国立公園のあり方について理解を深めていただくよう、
さまざまな記念行事の開催を予定しておりますので

今後の「記念行事のお知らせ」もAR日記や上記特設ページで是非ご確認ください!
皆様のご参加をお待ちしております。

ページ先頭へ↑

2016年02月17日冬の様相【天城山】

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

三寒四温と言いますが、日曜日は暖かく感じられたのに火曜日は寒くてたまらないという、寒暖差がありすぎる週明けとなりました。

そんな2月16日火曜日、伊豆半島の天城峠から八丁池の歩道(上り御幸【のぼりぎょうこう】線歩道)を巡視しました。

 

暖かく感じた日曜日は、雨が降り暴風にも見舞われましたが、その痕跡はしっかり残っていました。

(上り御幸線歩道上にて)

暴風に耐えきれず、枝の付け根部分から折れていました。

けっこう太い枝もあり、風の強さを物語っていました。

暴風の時は風に飛ばされるだけでなく、頭上や周囲への注意が必要です。

 

また、これまでこの歩道では見たことのない様子にも出逢えました。

苔から垂れ下がる氷柱(つらら)です。

こんなに大きく育った氷柱をこの歩道で見たのは初めてでした。

(昔は普通の事だったのかもしれませんね)

 

この日は冬晴れでしたが風が強く、山の上はかなり寒かったです。

だからこそ、普段は見られない景色に出逢えるのかもしれません。

(八丁池上の展望台より)

伊豆大島が雪を被っていたのです。

もし風が吹いてなかったら、見られなかったかもしれない景色です。

とは言え、写真を撮るために手袋を外した手は、あっという間にかじかみ始めます。

どんなに良い天気でも、冬の登山はきちんとした装備で行きましょう。

 

今回の巡視では、歩道上でたくさんタバコの吸い殻を拾いました。

乾燥しているこの時期、山火事になる恐れもあります。

携帯灰皿を持参するなど、マナーを守っていただきたいと思います。

ページ先頭へ↑

2016年02月17日「富士山ガイダンス2016」ご報告

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

年が明けて早1か月半が経ちましたが、遅ればせながら今年初のAR日記です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2月4日に「富士山ガイダンス2016」が開催され、
無事終了しましたのでご報告いたします。


「富士山ガイダンス」は富士山に関係する団体で構成されている
「富士山における適正利用推進協議会」が平成24年より
富士山の安全登山について広く普及を図るために、
登山者に対して情報提供を行っている団体(旅行会社、出版社、ガイドなど)を
対象とした説明会として開催してきました。


4回目となる今回は一般登山者にも対象を広げ、当日は約100名の方に
ご参加いただきました。












多くの方にご参加いただきました



ぶらタモリの富士山編にご出演された静岡大学
防災総合センター教授・教育学部教授の小山真人先生による
火山としての富士山、富士吉田市立ふじさんミュージアムの

学芸員篠原武先生による歴史・文化の面からの富士登山など
大変興味深い内容でした。

参加した方々も、私達が常日頃から皆さんに知って欲しいと
願っている「山頂に登るだけでない富士登山の魅力」の一端を
感じていただけたのではないかと思います。












実際のマネキなどを見せながらの篠原先生の楽しい解説でした



私自身、今まで何気なく通り過ぎていた登山道脇の石・岩たちにも
火山の歴史が詰まっていると思うと、早く現場で見てみたくて
来シーズンの開山が待ち遠しくなりました!


また、ガイダンスの第二部では沼津の橋本ARと共に
「富士登山者に知って欲しいこと、守って欲しいこと」というタイトルで
富士登山にとっての事前準備の重要性や快適に登るためのコツ、
登山の際のルールなどについてお話をさせていただきました。


その中で一番お伝えしたかった事は「事前準備の大切さ」です!!
富士登山の成功が自分自身の体力強化や事前の情報収集にかかっている
ということを今回理解していただき次の登山に活かしていただけたら、
これほど嬉しいことはありません。












私達自身がモデルになり装備の解説をしました



今回のガイダンスで配布した資料についてはこちらから入手可能です。
「富士山ガイダンス2016」プログラム概要
「富士山ガイダンス2016」配布資料


来年度も開催予定ですので、今回ご参加できなかった皆さんも
是非来年度はいらしてください!

ページ先頭へ↑

2016年02月16日着任のごあいさつ

佐渡 相原夏帆

はじめまして。

新しく佐渡自然保護官事務所に着任いたしました相原夏帆と申します。

これからこのAR日記を通して、日々の活動を伝えていきたいと思います。

先日さっそく、佐渡ARの重要な仕事である野生トキのモニタリングを行いました。

モニタリング業務は、佐渡島内に生息するトキの個体数の把握や行動記録等を目的としており、地域の市民ボランティアの方々と協力しながら記録を積み重ねていきます。

歩き回るトキの足環のナンバーを読み取るのはとても難しいですが、識別できたときの喜びはひとしおです。

先日は初めて、ねぐらから飛び立つトキと、ゆっくりと水田を歩き餌をとるトキの様子を観察することができました。雪の里山で見る朱鷺色はとても美しいもので、いつまでもこの風景を残していきたいと思いました。

今後もトキの野生復帰に向け努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

ページ先頭へ↑

2016年02月08日ニホンジカ、来ています

南アルプス国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
陽射しが日ごとにあたたかさを増してきましたね。
(事務所は建物の北側で北向きの窓しかないため、相変わらず室内は底冷えし、
 タイツやレッグウォーマ、もこもこ防寒靴は相変わらず手放せませんが...)

少し前になりますが、1月18日の大雪では芦安も雪に覆われました。
(スノーシューで出勤したくなる雪原)

この雪の影響で、鳳凰三山への登山口である夜叉神峠へ向かう県営林道南アルプス線は
積雪や凍結のため、今も通行止めが続いています。(2月8日現在)
(※3月25日まで平日は工事のため通行止めです。
  詳しくは山梨県のホームページ 県営林道通行規制情報をご覧ください。)

それでも、芦安地区周辺の日当たりのよい斜面は雪が融けているので、そのような斜面には
暗くなるとニホンジカが草を食べにやってきます。
帰宅の際、そんな場所の前を通ると、シカは「ピャッ!」と大音量で警戒の鳴き声を上げて
林の中へ逃げ込みます。私はその大声にしょっちゅう驚かされています。
(こちらの様子をうかがうニホンジカ)


南アルプスで夏に高山植物を食べているニホンジカは、冬になると標高の低い場所へ
移動すると言われています。どこまで山を下りるかは、個々のシカによって違うそうで、
標高1,500mという比較的高い場所で過ごすシカや、人里近くまで下りてくるシカなど、
その行動は様々だということが研究者等の調査でわかってきました。
私を驚かせたシカも、もしかすると夏の間、お花畑に出没しているのかもしれません。

お花畑の季節までは、まだまだ時間がありますが、南アルプスの高山帯に現れるニホン
ジカについて、2月11日にシンポジウムが開催されます。
 
☆シンポジウム 「南アルプス高山帯のニホンジカをどう管理するか」
     主催:山梨県森林総合研究所
     日時:2016年2月11日(木・祝) 13:30から
     会場:山梨県立大学飯田キャンパス
     ※入場無料!申込み不要!
     詳細はコチラ

当事務所のレンジャーも南アルプス国立公園ニホンジカ対策方針について説明しますので、
ニホンジカ問題に関心をお持ちの方は是非お越しください。

ページ先頭へ↑

2016年02月08日バリアフリーアドバイザー研修開催しました。

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

立春も過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

雪の舞う27日(日)に箱根ビジターセンター職員や箱根パークボランティア、
湖尻地区施設職員の方を対象に、「バリアフリーアドバイザー研修」を開催しました。

今回のバリアフリーアドバイザー研修とは
都心に近い国立公園の一つとして、施設における障がい者や高齢者、
外国人の方などを対象とした接遇を学ぶ研修です。

第一部として開催された今回は、1日をかけて、
一般社団法人ネイバーズサポート推進協会の講師の方たちによる
接遇や介助についての講義や、立ち上がりや移動の介助の実習を実施しました。

【写真:講座の様子】


受講者は座学では、メモを取り真剣に。


【写真:視覚障害の方への介助実習】


【写真:視覚障害の方への介助実習】



実習では、ペアで熱心に何度も繰り返し練習をしました。

第二部が2月下旬に開催されますので、その時の様子もまたお届けしますね。
一人でも多くの方に、国立公園で楽しんで頂くために、
私も習ったことを、何度も復習しておきます!

ページ先頭へ↑

2016年02月02日トキを観察する際に

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。

先日降った雪は大分とけましたが、寒さは相変わらず厳しい佐渡です。



 トキたちは繁殖期に入り、ペアで行動するようになりました。群れで行動していた時と比べ発見が難しくなっています。モニタリング時にもトキが雪の背景等に紛れてしまい、気付かず近くを通行して飛ばしてしまう事があります。

 トキを観察する上で、「トキを飛ばさない」ことが実はとても重要なのです。

 トキは現在でも日本では「野生絶滅」扱いとなっているため、観察する際の特別なルールが存在します。
(佐渡観光協会 http://www.visitsado.com/00sp/1211/02.pdf

① トキに近付かない

② 車内から観察する

③ 大きな音や光を出さない


このルールがなぜ設定されているかと言いますと...

① トキに近付かない
 人が近付くと、トキは警戒して餌を採ることをやめ飛び立ってしまいます。人が頻繁に近付くなどして、トキが落ち着いて餌を採ることができない場合、餌場を放棄してしまうこともあります。トキを観察する時は双眼鏡やフィールドスコープ(望遠鏡)を使い、遠くから静かに観察しましょう。また、観察する時も配慮が必要です。トキが木にとまっている時、付近の田んぼなどが餌場になっている可能性もあります。そのような場所に長い時間人がいると、トキが餌場におりられなくなってしまいます。




<モニタリングチームによるトキ観察時の様子>

② 車内から観察する
 トキは人の姿を見ると警戒して飛び立ってしまうため、車から降りずに観察しましょう。車を停める場合は、以下の点に注意しましょう。

 ・他の通行の妨げにならにようにする。(目立つ場所に車を停めない)
 ・私有地に無断で入らない。
 ・ぬかるんだ場所に入って道を痛めない。

<車内でトキの群れが横断するのを待つ地域の方。トキは警戒することなく、のんびり餌を採りながら水田へ移動しています。>

③ 大きな音や光を出さない

 大きな音やカメラのフラッシュなどは、トキを驚かせてしまいます。エンジン音や話し声に配慮し、写真を撮影する時は、フラッシュをたかないようにしましょう。またカメラ機能付き携帯電話やコンパクトデジタルカメラなどでは、トキが大きく写るような写真を撮ることはできません。


 トキを観察したい方にはこれらのルールは少し窮屈に感じるかもしれません。しかし、こうしたルールを地域の方々が守ってきたことで、現在の佐渡のトキたちは人間の生活圏まで生息域を広げたのではないかと思います。

 もうこうしたルールが必要のないほどトキが増えることを願い、今はこのルールを私自身も守ってモニタリング業務に励んでいきたいです。


※農林業に従事されている方へ

農林業に従事されている方は、田んぼ等での作業中にトキが近くにいても特別な配慮は必要ありません。普段通りの作業を行うことで、人とトキの共生を目指しましょう。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ