ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖

91件の記事があります。

2016年08月05日富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念クイズやってます!!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

今年は富士箱根伊豆国立公園指定80周年の年です。

国立公園内で様々な記念イベントが実施・予定されています。
(イベントについてはhttp://www.env.go.jp/park/fujihakone/topics/80_1.html


富士五湖自然保護官事務所では事務所の入っている生物多様性センターにて
80周年記念クイズをスタートしました。


富士箱根伊豆国立公園内の各地域についてのクイズで一般編と上級編があります。
たとえば、こんな問題です。皆さんわかりますか???

*************************************************************
Q.富士山の西側にある、あるいきものの名前と発音が同じ湖は

 次のどれでしょう?

A.①きつつき湖 ②きつね湖 ③たぬき湖 ④おおるり湖
*************************************************************

管内のレンジャー・アクティブレンジャーが撮影した写真も併せて展示してあります。
(その中にヒントがあるかもしれません!)







8月7日は生物多様性センターにて年に1度の「生物多様性まつり」が実施されます。
普段は公開されていない標本庫へのツアーを初め、クラフト体験など盛り沢山です。



多様性祭りチラシ

お祭りの日は特別にクイズ回答者には記念品をプレゼントしていますので、
ぜひ生物多様性センターに遊びに来てくださいね。

ページ先頭へ↑

2016年07月08日8月11日開催 富士山自然観察会参加者募集について

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士山の山梨県側の吉田ルートが開山して1週間が経ちました。

梅雨にもかかわらず連日の好天で、世界中からの登山客でにぎわっています。

10日には静岡県側の3ルートも開山予定で、いよいよ本格的な富士山の夏山シーズンのスタートです。


今年は8月11日「山の日」元年です。

みなさんはどこでどんなことをして「山の日」を迎えるご予定ですか?

もしまだお決まりでない方は、富士山での自然観察会に参加してみませんか?


  

御中道(山梨県側)から見た富士山   御中道(山梨県側)

西臼塚遊歩道(静岡県側)


山の日の制定と富士箱根伊豆国立公園指定80周年を記念して下記イベントを開催します。

山頂までの登山だけではない富士山の多様な魅力を発見できる絶好のチャンスです。

是非ご参加ください。


1.日時

平成28年8月11日(木・祝日) 荒天時延期:8月14日(日)


2.コース・歩行時間

 ①富士山御中道コース(富士山北麓・山梨県側)・約3時間(休憩含む)
 ②富士山西臼塚コース(富士山南麓・静岡県側)・約3時間40分(休憩含む)


3.内容

富士山の遊歩道を歩きながら、富士山の大自然をその道のプロが楽しく解説する観察会です


4.募集定員(先着順)・対象

各コース25名

 ①御中道コース:中学生以上
 ②西臼塚コース:小学生以上

  ※いずれのコースも小・中学生は要保護者同伴。


5.応募締切

8月4日(木) 必着 (定員になり次第締め切り)


6.集合

 ①御中道コース:環境省生物多様性センター 10時
 ②西臼塚コース:西臼塚駐車場 10時


7.解散

 ①御中道コース:環境省生物多様性センター 15時
 ②西臼塚コース:西臼塚駐車場 14時


8.参加費

無料


9.持ち物

○登山ができる服装
○登山靴(運動靴)
○帽子
○雨合羽(上下に分かれたもの)
○ザック
○水筒
○昼食
○御中道コースは防寒着と手袋


10.主催等

主催:環境省関東地方環境事務所
協力:山梨県富士山科学研究所 http://www.mfri.pref.yamanashi.jp/
   富士吉田市ふじさんミュージアム http://www.fy-museum.jp/forms/top/top.aspx


11.申し込み方法・問い合わせ先

メールまたはFAXで下記の内容を事務局までお送りください。
①氏名 ②性別 ③生年月日(小・中学生は学年も) ④住所 

⑤電話番号(参加希望者全員)⑥参加希望コース

【申し込み宛先】
 「山の日環境教育プログラム」開催事務局
 メール:tayousei@wens.gr.jp
 FAX:0544-67-0567

【お問い合わせ】
 (受託先)NPO法人ホールアース研究所
  電話 0544-66-0790 担当:佐藤

12.参考
募集チラシ.pdf

ページ先頭へ↑

2016年07月01日富士山日記第40号(2016年吉田ルート開山しました!)

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

ついに富士山の夏山シーズンがスタートしました。

環境省では山梨県、静岡県合同で「富士登山オフィシャルサイト」を運営しています。


その中で「富士山日記」として、現地の様子などを週1~2回日記形式で発信しています。その日記をアクティブレンジャー日記にも載せていきますのでよろしくお願いします。


***************************************************************************
本日7月1日、吉田ルート(山梨県側)が開山しました。富士山の短い夏のスタートです。

昨年の開山日は雨と強風でスバルラインが閉鎖になってしまい、登山者の方々が五合目で

何時間も足止めされてしまうような大変な1日でしたが(富士山日記第26号)、

今年は下界を見れば雲海、上をみれば山頂がくっきりという素晴らしいお天気に恵まれました。


雲海                      雲一つない山頂


<夏山開山祭の様子@小御嶽神社>

例年通り、朝5時よりスバルライン五合目にある小御嶽神社にて開山祭が行われ、

富士講の方々、富士山関係者、一般登山者の方々と今年の山の安全を祈願しました。

毎年参加する度に、富士山が古くから信仰の対象であり世界文化遺産であることを実感します。



鳥居の前に立つ大天狗と小天狗          安全を祈願しました

                瞬間を撮り損ねましたが「お道開き」


  

雲海を見ながら練り歩きました           富士講の方々




<富士スバルライン五合目の様子>

平日のせいか登山者は多くはありませんでしたが、外国からの登山者が目立ちました。

  
富士山保全協力金受付               協力金ご協力ありがとうございます



<ご注意>       

吉田ルートは開通しましたが、静岡県側の3ルート、山頂のお鉢巡りは10日まで閉鎖されていますのでご注意ください。
【7/1~10 吉田ルート登山予定の皆さんへ】 山頂お鉢めぐりの通行と山頂公衆トイレおよび下山について



***************************************************************************

 
富士山では環境省をはじめ、警察、自治体、山小屋、土産物店、ガイドの方々等、関係者が安全・安心登山のために様々な取り組みをしています。

2016年が良いシーズンになりますよう皆様のご協力よろしくお願いします!

ページ先頭へ↑

2016年06月23日富士登山オフィシャルサイトリニューアルしています!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

6月22日で富士山が世界文化遺産に登録されてから3年が経過しました。

そんな富士山の開山まで残り約1週間になりました。

今年は雪が少ないので、山梨県側の吉田ルートは恐らく予定通り7月1日に開山できそうです。

来週登山道の確認に行って来ます。


今シーズン富士山に登ろうと考えている方はそろそろ計画を始めている頃でしょうか。


環境省では山梨・静岡両県と合同で「富士登山オフィシャルサイト」を運営しています。
年間で123万件ものアクセスのあるサイトで、富士登山に関する基本的な情報を網羅しています。

そのオフィシャルサイトが5月よりリニューアルしています!!
大きな変更点としては
●トップページの情報を減らし見やすく、また知りたい情報へアクセスしやすく改良
●スマートフォンでの利用を考え、スクロールが少なくなるようページ毎の情報減らし、ページ構成を再編
●中国語(簡体字・繁体字)・韓国語のページを追加
の3点です。


 
リニューアル前                  リニューアル後



日本を旅する海外からの方がここ数年急増してきていますが、富士五湖周辺も海外からの旅行客で
連日にぎわっています。

富士山をパトロールしていても昨年は以前に増して外国の方が増えたな、という印象でした。
特にいままであまり見かけなかったアジア圏の方が増えたように思います。


ただ、日本語の富士登山に関するサイトは数多くありますが、外国向けのサイトは少ないのが現状です。

富士山は普段あまり山登りをしない人も登りたいと思う特別な山ですので、

登山前に必ず知って欲しい基本的な情報をコンパクトにまとめたページを英語・中国語・韓国語で

新設しました。

4000m近い富士山は誰でもが簡単に登れる山ではありません。

「事前の情報収集・準備がとても重要です!!」


富士登山を計画されている日本国内・海外のご友人がいらしたら「富士登山オフィシャルサイト」を

ぜひご紹介ください!

シーズン中には私達アクティブレンジャーや保護官が「富士山日記」として
現場事務所ならではの情報をお伝えしていく予定ですので楽しみにしていてください!

富士登山オフィシャルサイト
http://www.fujisan-climb.jp/index.html

ページ先頭へ↑

2016年03月09日富士箱根伊豆国立公園指定80周年記念式典 ご報告

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

ここ数日暖かい日が続き、富士五湖地域にもようやく春の気配が
感じられるようになってきました。


先月18日、箱根の後藤ARより富士箱根伊豆国立公園年指定80周年記念式典開催の
お知らせをいたしましたが、6日無事終了しましたのでご報告いたします。


当日は、国立公園内の関係都県、市町村の関係者をはじめ、
功労者表彰対象の方々・一般参加者など、総勢約260名と多くの方に
ご参加いただき盛況のうちに終了することができました。

開会の挨拶をする丸川環境大臣
  

当日は、「外国人から見た富士箱根伊豆国立公園の魅力」をテーマに
基調講演や富士山・箱根・伊豆半島・伊豆諸島各地域の事例報告、
パネルディスカッションを行いました。
参加者の皆さんはメモを取るなど熱心に耳を傾けていました。

私自身、富士山地域については話を聞く機会が多いですが、
同じ国立公園内でも他の地域については知らないことが多く、とても新鮮でした。

富士箱根伊豆国立公園は地域ごとに異なった魅力、
多様性のある国立公園だということを改めて実感しました。


一方、それぞれの地域がバラバラで富士箱根伊豆国立公園全体としての
つながりがない、という指摘もありました。これからは地域全体としての
魅力を高めるため、箱根や富士山地域に数多く訪れている外国人旅行客を、
どのように伊豆半島、伊豆諸島へと導いていくのか、戦略を持って取り組んでいく
必要性を感じました。


パネルディスカッションの様子


その後、公園内の各地域で保護とその適正な利用に関し、顕著な功績があった

個人・団体81件(29名、52団体)の皆さんの表彰を行いました。
国立公園を守り、その上で正しく利用していくためには
地元の方々を始めとした、多くの人の協力が欠かせません。

壇上に上がっていただいた功労者の方々を見ながら、
皆さんの地元を愛する情熱や活動によってこの素晴らしい自然が
守られていることに改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。


表彰式の様子

また、会場ホール前では、各地域で活動するグループがそれぞれの活動内容を
紹介するパネルを展示し、熱心に展示を眺めたり、説明を聞く参加者の姿が
見受けられました。入口付近には、富士箱根伊豆国立公園(ジオパーク)を
イメージした生け花「ジオ生け花」の大作が飾られ、皆さん興味深そうに
眺めていました。







パネル展示の様子                   ジオ生け花!!!


指定80周年である今年は今後も記念行事を行う予定です。
情報は随時下記サイト上にアップしていきます!!


「富士箱根伊豆国立公園指定80周年特設ページ」
http://www.env.go.jp/park/fujihakone/effort/80th.html

ページ先頭へ↑

2016年02月17日「富士山ガイダンス2016」ご報告

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

年が明けて早1か月半が経ちましたが、遅ればせながら今年初のAR日記です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2月4日に「富士山ガイダンス2016」が開催され、
無事終了しましたのでご報告いたします。


「富士山ガイダンス」は富士山に関係する団体で構成されている
「富士山における適正利用推進協議会」が平成24年より
富士山の安全登山について広く普及を図るために、
登山者に対して情報提供を行っている団体(旅行会社、出版社、ガイドなど)を
対象とした説明会として開催してきました。


4回目となる今回は一般登山者にも対象を広げ、当日は約100名の方に
ご参加いただきました。












多くの方にご参加いただきました



ぶらタモリの富士山編にご出演された静岡大学
防災総合センター教授・教育学部教授の小山真人先生による
火山としての富士山、富士吉田市立ふじさんミュージアムの

学芸員篠原武先生による歴史・文化の面からの富士登山など
大変興味深い内容でした。

参加した方々も、私達が常日頃から皆さんに知って欲しいと
願っている「山頂に登るだけでない富士登山の魅力」の一端を
感じていただけたのではないかと思います。












実際のマネキなどを見せながらの篠原先生の楽しい解説でした



私自身、今まで何気なく通り過ぎていた登山道脇の石・岩たちにも
火山の歴史が詰まっていると思うと、早く現場で見てみたくて
来シーズンの開山が待ち遠しくなりました!


また、ガイダンスの第二部では沼津の橋本ARと共に
「富士登山者に知って欲しいこと、守って欲しいこと」というタイトルで
富士登山にとっての事前準備の重要性や快適に登るためのコツ、
登山の際のルールなどについてお話をさせていただきました。


その中で一番お伝えしたかった事は「事前準備の大切さ」です!!
富士登山の成功が自分自身の体力強化や事前の情報収集にかかっている
ということを今回理解していただき次の登山に活かしていただけたら、
これほど嬉しいことはありません。












私達自身がモデルになり装備の解説をしました



今回のガイダンスで配布した資料についてはこちらから入手可能です。
「富士山ガイダンス2016」プログラム概要
「富士山ガイダンス2016」配布資料


来年度も開催予定ですので、今回ご参加できなかった皆さんも
是非来年度はいらしてください!

ページ先頭へ↑

2015年12月21日2月4日(木)富士山ガイダンス開催決定!参加者募集中です!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたね。
暖冬の今年は富士山の雪も例年より少ないです。


富士山を管轄する富士五湖・沼津管内には富士山の利用、保全などに
関する協議会が数多くありますが、その中でも一番大きな協議会が
「富士山における適正利用推進協議会」です。先日会議があったばかりですが
80名近くの関係者が集まり、富士山についての様々な議論を行いました。

この協議会ではこれまでに様々な取組みを行ってきました。
 ●『富士山における標識類統合ガイドライン』の制定
 ●富士山登山普及啓発用DVDの作成
 ●「富士登山における安全確保のためのガイドライン」の制定
 ●「富士登山オフィシャルサイト」の運営
などです。(より詳しい取組みについてはこちら



上記の他に「富士山ガイダンス」があります。平成24年より年に1度、
富士登山をより安全に楽しく行うための情報提供の場として開催してきました。

今年度も2月4日(木)に開催が決定しました!!

昨年度までは、富士登山を企画する旅行会社や出版社、ガイドなど富士登山についての
情報を一般の方に提供する企業・団体などを主な対象に行ってきましたが、
今回はより一般の方も参加いただけるよう参加人数を増員しました!

内容は、富士山における安全登山に対する様々な取組みをご紹介すると共に、
お二人の専門家に違った視点からの富士登山の楽しみ方をお話ししていただきます。


昨年の富士山ガイダンスの様子


火山がご専門の小山先生は先日NHKで放送された「ぶらタモリ」の富士登山編にも
出演して火山としての富士山の魅力についてお話しされていました。
富士山に何度も登っている私でも知らなかったことを沢山あり大変興味深かったです。

もう1名は富士吉田市にあるふじさんミュージアムの学芸員の篠原先生です。
富士吉田市の富士登山サイト「富士山ガイド.com」でも吉田口登山道の麓からの登山
について歴史的な面からの魅力を詳しく紹介されています。富士山が世界文化遺産
であることを考えると、富士山の歴史的な価値について皆さんにもっと
知っていただきたいと思っています。


どちらのお話も富士山の違った魅力を知ることができ、歴史・火山好きの方も
来夏富士登山を計画されている方も楽しめること間違いなしです!

是非、皆さんお誘い合わせの上ご参加ください。
なお参加には申込が必要となりますので詳細については富士登山オフィシャルサイトを
ご覧ください。
 http://www.fujisan-climb.jp/info/151221_fujisan_guidance2016.html

ページ先頭へ↑

2015年12月18日今年もサンタはやってくる?

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

クリスマスまで残り1週間程になりましたね。クリスマスが終わればあっという間に年末。
1年は本当に早いものです・・・・。

昨年12月のAR日記で「サンタが富士山にやってきた!!」をお伝えしました。
こちらが昨年のサンタさんです。
 
(撮影2014年12月15日@河口湖町浅川地区)


今年もサンタさんはやって来てくれているのでしょうか?
昨年と同じ場所から撮影をしてみました。



(撮影2015年12月18日@河口湖町浅川地区)

少し遠いですね。


もう少しズームに・・・・・




いましたーーーっ!!今年も来てくれました!

暖冬の今年は昨年と比べて雪が少なく、実は、前日に撮影に行った時にはまだありませんでした。


(撮影2015年12月17日@河口湖町浅川地区)

雲で隠れて分かりづらいですが、明らかに雪が少なく、サンタもいません。
たった1日でこんなに様子が変わるとは、自然はすごいです。

五合目までの有料道路「富士スバルライン」は通常冬の間は積雪や凍結のため
通行できない日がほとんどです。昨年の12月は五合目まで通行できた日は
5日間のみでしたが、暖冬のおかげで今年は18日の段階で13日もあります。

まだ五合目まで通行できる日があるかもしれません。
冬の富士山を感じに足を運んでみてはいかがでしょうか?

ただし、スバルラインの営業はお天気次第ですので、
お出かけ前に通行状況の確認をお忘れなく!

 富士スバルライン 営業状況

(お車でお越しの際は、道路が凍結している可能性があります。
冬タイヤ、チェーンの準備もしっかりとお願いします。)
※富士山駅・河口湖駅からのバスも運行しています。
 http://bus.fujikyu.co.jp/rosen/detail/id/14

また五合目はとっても寒いです。充分な防寒対策をお願いします。

ページ先頭へ↑

2015年12月04日清掃活動の秋!②

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

昨年の秋、五合目までの有料道路「富士スバルライン」が

降雪で初めて通行止めになったのは11月17日でした。
今年は暖かい秋で五合目まで問題なく通行できる日が続いていましたが、
先週から凍結や積雪で通行止めになる日が出てきました。
いよいよ冬本番です!!


前回の「ぐるり富士山風景街道一周清掃」に引き続き、
この秋参加した清掃活動についてご報告です。



<2>グリーンワーカー清掃活動(11月5日)(本栖湖付近林道)
 環境省では、国立公園内等で地域の実情に対応した迅速で
きめ細やかな自然環境保全活動を推進し、国立公園の管理の
グレードアップを図ることを目的に、地域の自然や社会状況を熟知した
地元の住民や団体等に業務を委託するグリーンワーカー事業を展開しています。

 富士五湖地区では、富士山の山岳地帯や山麓での清掃活動を
地域の方々にお願いしています。今回は富士山麓での清掃活動を
お願いしている富士山クラブの活動に参加しました。

 富士山クラブでは学校行事や企業のCSR活動などの一環として

年間数多くの団体を受け入れて富士山周辺で清掃活動などを実施しています。

 今回は一般企業の来年4月から入社する内定者の皆さんの
入社前研修の一環としての活動とのことでした。会社自体は富士山と
特に関わりがあるわけではないそうですが、数年前から泊りがけでの研修を
富士山麓で行っていて、その中で清掃活動をしてくださっているそうです。
  

皆さん一生懸命、ゴミを拾ってくれていました。富士山での清掃活動が
これから同期として会社で助け合っていく仲間同士の絆を深める機会に
なっていることをとても嬉しく思いました。

参加して下さった皆さんにはこの1回だけではなく、これをきかっけに
これからずっと富士山とのつながりを持ち続けていただけたら、と思っています。
そして実際に見たこと感じたことを周囲に発信をして「富士山を大切にする気持ち」
を一人でも多くの人に広げていっていただけたら嬉しいです。


<3>富士山吉田口環境保全推進協議会 一斉清掃(11月9日 馬返し~中ノ茶屋)
 こちらは富士山の吉田口の山小屋や行政機関で構成された協議会での
活動の一環で、毎年場所を変えて清掃活動しています。

 今回の清掃箇所は2年前にも行った場所でしたのでゴミはそれほどないと

思っていましたが、前回見逃していた古いゴミも見つかり結果的には

軽トラック1台分ほどの回収量になりました。


「ゴミゼロ」には引き続き地道な活動が必要です。




富士の自然の恵みを受け日々富士山に接している地元の方々、
そして普段富士山とつながりのない方々。本当に沢山の人が
富士山のために活動していることを改めて実感しました。

みんな「富士山を美しく」という気持ちでつながっています。
この輪をもっともっと大きくしていきたいです!!

ページ先頭へ↑

2015年11月11日清掃活動の秋!①

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士山の夏山シーズンが終了して間もなく2ヵ月です。
紅葉も富士五湖周辺まで下りてきて冬ももう目前です。

登山客がいなくなり夏のにぎわいから比べると富士山麓は
少し静かになりましたが、天候が安定し、暑さもなく活動しやすい秋は
清掃活動がさかんに行われています。


この3週間だけで3つの清掃活動に参加しました。
その活動の様子を2回に分けてご報告します。


<1>ぐるり富士山風景街道一周清掃2015(10月24日)
日本風景街道に登録される「ぐるり富士山風景街道」の山梨・静岡両県の
統一活動として、地域の方々・団体・行政が一体となり、富士山を巡る道路の
清掃活動を行うことで景観を守り風景価値を高めるとともに、
利用者等のマナー向上を啓発する機会として今年初めて開催されたものです。
10月1か月間を活動期間とし、その中で24日は一斉清掃日として実施されました。



地元の学生も参加してくれました。


国道139号線は交通量が多く、安全上の問題から今までは
道路沿いの清掃活動は難しい状況でしたが、今回は警備員を導入し
清掃活動参加者の安全確保をしながらということで、
普段なかなか行うことができなかった箇所の清掃を行う事ができました。



安全を確保しながらの清掃活動となりました

短い時間でも大勢でやれば効率的です!


回収したゴミの量としてはそれほど多くはありませんでしたが、
道路沿いということで「車からのポイ捨て」と思われる
空き缶・ペットボトルなどが目立ちました。

国立公園は皆さんが豊かな自然を楽しむ場所です。
そのような場所にゴミがあることは、景観上の問題もありますし、
生態系へも悪影響を与えかねません。

ゴミを拾うことも大切ですが、「捨てない」ことがより重要です!
今回清掃活動の様子を多くのドライバーに見てもらうことができたと思います。
一人でも多くの方に活動している姿を見てもらう事で、
捨てづらい環境づくりやマナー向上の啓発につながっていくと思いますので、
このような機会を大切にしていきたいです。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ