ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖

91件の記事があります。

2014年05月30日合同巡視with 富士山レンジャー

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

新緑がまぶしい富士五湖事務所からお届けします。

皆さん、富士山レンジャーをご存知ですか?
2005年に富士山地域における自然保護、観光客や登山者に対する
マナー啓発等の目的で山梨県が設置したもので、
地方自治体としては東京都に次いで全国で2番目です。

昨年度までは4名体制でしたが、4月より7名体制にパワーアップし、
富士山周辺のパトロールや学習会等々の活動をしています。

富士五湖自然保護官事務所では、様々な業務の折に
富士山レンジャーと協力をしています。

今年度は週に1回ペースで利用者の多いルートを中心に
合同でパトロールすることを計画していて、
さっそく第1回目を実施しました。今回は約11キロの行程。



設置されているベンチを確認中。(2014年5月20日撮影)


どんな点に注意をしながらパトロールをしているかと言いますと、

●登山道に危険箇所がないか
●標識が間違っていないか、老朽化していないか
●ベンチやあずまやに問題はないか
●稀少種などの植生状況
●利用者の状況(どれくらいの人が利用しているか等)
●より魅力的なルート・スポットの探索

等々、皆さんが安全かつ快適に自然を楽しむ事ができるよう
色々な視点からチェックをしています。


『危なくないかな・・・?』利用者の気持ちになってチェックします(2014年5月20日撮影)


もし何か問題を見つけた際は、簡易的なものであればその場で修理をしますが、
不可能な場合は、登山道の管理者に随時報告をしています。




緩んだ標識を固定中の富士山レンジャー(2014年5月20日撮影)


利用されているみなさんの声はとても大切です!
もし登山道などで黄色いレンジャー服(環境省)、
カーキ色のレンジャー服(山梨県)を見かけたら
気軽に声をかけてくださいね!

ページ先頭へ↑

2014年05月02日春と冬

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

2月の大雪は記憶にもまだ新しいかと思いますが、
ご存知の通り山梨では記録的な降雪で、富士五湖地区でも
観測史上最多の143cm(富士河口湖町)を記録しました。


そんな富士五湖にもようやく春が来ました。
事務所の周囲には、まだ雪かきをして積み上げた雪が残っていますが、
麓の町中や森林内の雪はなくなり、
今はフジザクラやミツバツツジが見頃を迎えています。


左:フジザクラ、ミツバツツジ、カラマツの新緑の三重奏(2014年5月2日)
中:ミツバツツジ(2014年5月2日)
右:うつむき加減が可憐なフジザクラ(2014年5月2日)


富士山五合目(山梨県側)までの有料道路富士スバルラインでも
3月に四合目で発生した大規模な雪崩により、
一合目までしか行く事ができない状況が続いていましたが、
ようやく4月25日から全面開通しました。


左 :雪崩の被害にあった四合目休憩所(2014年4月25日撮影)
中左:五合目の様子(2014年4月25日撮影)
中右:五合目登山道入口(2014年4月25日撮影)
右 :御庭周辺駐車場からの富士山頂(2014年4月25日撮影)

ただし当面は例年より営業時間を短縮し、降雨が予想される場合は
事前に通行止めになります。
また営業中に降雨があった場合も通行止めになりますので、
事前に開通状況をご確認ください。

富士スバルライン http://subaruline.jp/


麓は春を迎えていますが、富士山はまだまだ冬の山です。
登山道は6月いっぱいまで閉鎖されています!
吉田口登山道の開山予定は7月1日です。(雪の状況により変更の可能性あり)

ページ先頭へ↑

2014年04月18日桜満開です!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

平成26年度初めての富士五湖自然保護官事務所からのAR日記です。
今年度もよろしくお願いいたします!

厳しい冬が終わり富士五湖にもようやく春が来ました!
河口湖畔の桜は今が9分~満開でまさに見頃です。


今、まさに満開です!(H26年4月18日撮影)


河口湖北岸、河口湖円形ホール周辺(H26年4月18日撮影)


今日はあいにくのお天気でしたが晴れていれば
桜+湖+富士山の共演を楽しめます!


本当は背後に富士山が、、、、(H26年4月18日撮影)


ソメイヨシノから少し遅れてフジザクラも咲き始めます。
ソメイヨシノの華やかさも素敵ですが、フジザクラの可憐さも魅力的です。

桜だけでなく、富士五湖は富士山の裾野に位置しているため、
少し登ると標高が違うこともあり、下の方で咲き終わってしまった花が
まだ咲いていたりと、長く花を楽しむことができます。

まだまだ雪に覆われている富士山と春の花の共演を
是非見にいらしてください!!

ページ先頭へ↑

2014年01月17日今年もよろしくお願いします

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

2014年最初の富士五湖自然保護官事務所からのAR日記です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


昨年は富士山の世界文化遺産登録が決まってから
慌ただしい毎日でした。

世界中の注目が集まっている今が様々な環境保全活動や
啓発活動のチャンスでもあると思っています。

皆さんにとってより魅力的な場所になるよう県や市町村を始め、
地元の方々と共に頑張っていきたいと思います。



先週、今年初めての巡視に三ツ峠へ行って来ました。
昨年の今頃のAR日記でも三つ峠を紹介しましたが、
(多彩な魅力の山 「三ツ峠山」(2013年1月8日))
富士山の眺望が素晴らしくプロアマ問わず写真家にも人気の山です。

そんな眺望が自慢の三ツ峠ですが、
この1年で5回以上登ったものの、なかなか富士山は姿を見せてくれず
ついに今回初めてきれいな富士山を見る事ができました!



三ツ峠(開運山)山頂からの富士山(2014年1月10日撮影)


新年にきれいな富士山を見ると、いい1年になりそうな気持になるのは
やはり日本人だからでしょうか?


カモシカもすぐ近くに現れ、見つめ合いながら
しばし二人(一人と一頭?!)だけの時間を楽しみました。


お食事中のカモシカと遭遇(2014年1月10日撮影)


今回は三ツ峠山頂までの最短ルートを歩きました。

雪が降った翌日で、なおかつ山頂の山小屋の方が
車で登った後だったため雪が締まっていて
とても歩きやすくアイゼンも必要ありませんでしたが、
ただし気象状況により凍結しますので
6本以上のアイゼン、ストック、防寒具等、
きちんとした冬山装備が必要です。


冬は空気が澄んでいて富士山を眺めるには絶好の季節です。
三ツ峠は山頂の山小屋2軒も通年営業(予約がない場合不在の時もあります)
していますし、ルートもしっかりしていて
冬でも比較的登りやすい山です。


トレースの残る登山道(2014年1月10日撮影)

天気予報をチェックし、しっかりと準備をした上で
富士の冬景色を楽しみに行ってみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2013年12月18日道の駅にて

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士山麓はすっかり秋から冬になりました。

冬の間は凍結、雪等の影響で巡視できる場所も
限られてきてしまうので、事務所での業務が
多くなりますが、12月7日(土)は道の駅で行われた
秋から冬になるこの時期だからこその
「富士山麓古タイヤ不法投棄防止キャンペーン」
に参加してきました。



当日約40人が参加しました(2013年12月7日撮影)


富士北麓には、民間企業と行政が一体となり
富士山麓の不法投棄を抑止するための
「富士山麓環境美化推進ネットワーク」が設置されていて、
バス、タクシー等の運輸業を始めとした一般企業、
旅館組合、NPO団体など数多くの団体が構成メンバーになっています。
富士五湖自然保護官事務所もその一員です。
今回はそのメンバーにて「道の駅富士吉田」と「道の駅なるさわ」
でキャンペーンを行いました。


自動車整備振興会の「てんけんくん」「せいびちゃん」も
お手伝いしてくれました(2013年12月7日撮影)


何故「この時期だからこそ」かと言いますと、
富士北麓は積雪はそれほどありませんが
寒さが厳しく道路が凍結しますので、スタッドレスタイヤは必須です。
ちょうど今がタイヤの交換時期ですが、残念ながら中には
交換後の古タイヤを不法投棄する人がいるのです。


過去の清掃活動で発見されたタイヤ(2013年11月1日撮影)


そのため、道の駅を利用する方々に古タイヤの不法投棄防止への
ご協力をお願いしました。

私達や山梨県の富士山レンジャーを始めとした行政が
パトロールを行ったり、富士山麓環境美化推進ネットワークメンバー
の方々も監視に協力をしてくれていますが、
広大な富士山麓に目を配るには一人でも多くの
“監視の目”が必要です。

このような違法行為をする人はごくごく一部ではありますが、
不法投棄をする人がいるという現実、不法投棄が違法行為である事を
皆さんに知っていただいた上で、不法投棄がゼロになり
今まで以上に美しい富士山麓になるように
皆さんと力を合せて行きたいです。
ご協力をお願いいたします!


<山梨県内で不法投棄を発見した際の連絡先・注意点など(山梨県HP)>
http://www.pref.yamanashi.jp/kankyo-sb/fuhoutouki/tuuhou.html

ページ先頭へ↑

2013年12月12日最上級の修験道 ~御中道②~

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

前回のAR日記から1か月以上過ぎてしまいましたが、
御中道巡視の続きをお届けしたいと思います。

御中道の途中の御庭から大沢崩れまでは往復3~4時間の行程です。
前回ご案内したとおり自然が豊かな歩道で、高低差もほとんどありません。
ただし所々道が細かったり、足場の悪い場所もあるので注意が必要です。

かつては富士山中腹を1周していた御中道ですが、
現在は大沢崩れで行き止まりになっています。

大沢崩れは富士山頂直下から標高2,200m付近まで
最大幅500m、長さ1.2km深さ150mという
日本最大規模の侵食谷です。
今までに崩壊した土の量はなんと東京ドーム約60杯分!!!
現在も崩壊は進行中で年間10tトラック約3万台分もの
土砂が流出していると言われています。

実際に大沢崩れ展望地から見ていると、
時折音がして岩や土砂が崩れていきます。
危険ですので、くれぐれも先に進まないようにしてください。

ここから見上げる富士山は遠くから眺める
なだらかなすそ野が美しい富士山とは全く違った
荒々しい姿をしています。


右岸から見た大沢崩れ(2013年11月6日撮影)


過去には大沢崩れからの土砂の流出で下流域は度々被害を受けてきました。
そのため昭和57年より国土交通省による砂防工事が続けられています。
今回は国土交通省富士砂防事務所の方々に工事の現状を説明・案内
していただきました。

常に崩壊の続いている危険な場所ですので、ヘリコプターによる
無人作業が行われていました。
日本に3台しかない大型ヘリコプターだそうです!!


右:コンクリートブロック設置作業をしているヘリコプター(2013年11月6日撮影)


普段目にすることは少ないですが、
富士山では数多くの方が私達の安全のために
働いている事を実感した1日でした。



左岸からの大沢崩れ(2013年11月6日撮影)

<富士山砂防事業についての詳細(国土交通省 富士砂防事務所)>
(http://www.cbr.mlit.go.jp/fujisabo/jigyou/sabojigyou_top.html)

既に富士山は冬山です。
五合目でも雪、凍結、強風でスバルラインが通行止めになる日も
多くなってきました。
御中道にご興味のある方は来年の夏に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

2013年11月13日最上級の修験道 ~御中道①~

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

二十四節気の立冬も過ぎ、暦の上では冬になりましたね。
日に日に寒さが厳しくなってきている富士北麓でも、
河口湖で12日にはこの秋初めて最低気温が氷点下になりました。


11月6日に富士山五合目付近の御中道を巡視しました。
その様子を2回にわたってお伝えしたいと思います。


御中道とはかつては富士山中腹をぐるりと1周するルートで
富士講(富士山信仰)の信者達の中で富士山頂に3回以上の
登山経験のある人のみに許された最上級の修行の道でした。

現在では、富士山西斜面の大沢崩れと呼ばれる箇所が
大きく崩壊しているため、スバルライン五合目~大沢崩れ
区間のみが通行可能です。

富士山というと、砂や石ばかりというイメージの方も
多いかもしれませんが、標高2,300m付近にある御中道では
そんなイメージを覆す様々な自然があり変化が楽しい歩道です。
私も初めて歩いた時は、「ここが富士山の中腹か!」
と驚きました。


御中道の苔むした幻想的な景色

シラビソ、カラマツ、ダケカンバ、シャクナゲなど
の木々の中を歩いたと思うと、とつぜん視界が開け
山頂から麓までを見渡すことができます。




(左)青空と雲海、黄葉のコントラストが美しい
(右)意外に近くに見える山頂 (ともに2013年11月6日撮影)



また所々、過去の雪崩によってなぎ倒された木々を目にし、
自然の脅威を感じます。
今年の春は雪崩が特に多かったようです。


雪崩によってなぎ倒された木々


今回の巡視は途中の御庭から出発し大沢崩れまでを歩きました。
次回はその巡視の様子をお伝えします。


※御中道はまだ歩くことは可能ですが、標高は2300mです。
平地と比べ10℃以上の温度差がありいつ雪が降っても
おかしくありません。
防寒対策をしっかりして安全なハイキングを楽しんで下さいね。

<御中道情報(富士の国やまなし 観光ネット)>
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_2100.html

ページ先頭へ↑

2013年11月01日秋の一斉清掃活動

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士山頂に19日に降った雪も一旦全て溶けてしまいましたが、
数日前に降った雪で再び雪をまとった姿に戻りました。


富士山北麓フラックス観測サイトより(2013年11月1日撮影)



本日は富士山吉田口環境保全推進協議会の一員として
秋の清掃活動に参加してきました。

この協議会は山小屋の経営者の方々をはじめ、
山梨県や富士吉田市などの富士山の関係者によって
構成されていて、富士山の環境保全、安全登山のPRをはじめ
山小屋への環境配慮型トイレやAEDの設置など
様々な活動を行っていて、清掃活動もその一環です。

今日は馬返しから中ノ茶屋までの遊歩道周辺で
ゴミ拾いを行いました。


清掃活動の様子(2013年11月1日撮影)

 
一見、ゴミなんて無いように見えましたが、
歩道からちょっと外れて林の中に入ってみると、
遥か昔の錆びついた空き缶やビンなどが所々落ちていました。

こういった人工物はどんなに時間が経っても、
決して自然にかえる事はないんだな、、、と痛感しました。


2時間程の清掃活動でしたが、最終的に集まったゴミは
これだけの量になりました。


トラック1台分集まったゴミ(2013年11月1日撮影)


ほとんどがかなり古いゴミで最近のものと見られるものが
少なかったのは環境への意識が向上しているからではないかな、
と思います。

とは言え、残念ながらまだ富士山周辺にはゴミが
見受けられます。こういった地道な清掃活動を続けると同時に
一人一人の意識の向上のための啓発活動も
大切だと感じた1日でした。

ページ先頭へ↑

2013年10月25日初冠雪!!!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

先週、富士山の初冠雪が平年より遅れているとお伝えしましたが、
その翌日19日についに初冠雪が観測されました。
平年に比べて19日遅く、去年と比べると37日と
なんと1か月以上も遅い降雪となりました。



河口湖より望む富士の初冠雪(2013年10月19日撮影)


富士山が世界文化遺産に登録されて初めての雪化粧です。
やはり雪があると富士山の美しさが際立ちますね。
とは言っても今週はお天気に恵まれず、
20日以降麓から一度も山頂を拝めていないのですが・・・・。


山頂では気温がマイナスになる日も多くなり、
すでに冬が訪れていますが、スバルライン五合目は
今ちょうど紅葉が見ごろです。

五合目までのスバルライン沿いもナナカマドやカエデ、
ダケカンバ、カラマツなどの木々が黄色、赤色と
目を楽しませてくれています。


雪化粧した富士山と色づいた木々たち(2013年10月23日撮影)


標高差があるので、紅葉が段階的に進んでいくのが分かるのも面白いです。


日本の針葉樹で唯一の落葉樹であるカラマツ(2013年10月23日撮影)


今週はあいにくのお天気が続きましたが来週は回復しそうです。
麓から富士山が見えなくても、五合目に行くと雲の上に出て
山頂がはっきり見えている、ということもよくあります
(実際写真を撮った10月23日もそうでした)。

富士山周辺にはライブカメラが沢山設置されていますので、
そういった情報もチェックして是非富士山周辺に遊びに来て下さい!

「富士山周辺ライブカメラ情報」
http://www.fujisan-climb.jp/useful/livecamera.html

ページ先頭へ↑

2013年10月18日秋の恵みたち

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士山周辺の秋もだいぶ深まってきました。

富士山五合目の自然解説員の方が15日に
富士山頂付近の冠雪を撮影されましたが、
正式な初冠雪は甲府地方気象台の職員の方が
目視で確認して発表となるそうで、まだおあずけです。

平年の初冠雪は9月30日なので、今年は遅れているようです。


富士五湖自然保護官事務所の周辺では
秋の恵みをいたるところで見かけます。
皆さんの周辺はいかがでしょうか?

巡視中等に見かけた秋の恵みを紹介します。

<あけび>
昔は子供の山遊び中のおやつだったそうです。
つるは籠などの工芸品にも利用されていますね。


あけび(2013年9月24日撮影)

<栗>
栗の木はブナ科ですので栗の実も広い意味では「ドングリ」なんですね。


くり(2013年10月10日撮影)


<きのこ>
巡視をしていると本当にたくさんの種類のきのこと出会えます。


きのこ採りの人に人気のタマゴタケ(2013年10月10日撮影)

※なお、富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村では域内で採取されたきのこより基準値を超えるセシウムが検出されたため採取・出荷および摂取の自粛をお願いしています。
<野生きのこの採取、出荷及び摂取の自粛について(富士吉田市)>
http://www.city.fujiyoshida.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=4935

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ