ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年07月18日梅雨空の北岳で見つけたもの

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

7月上旬に北岳に行ってきました。

6月下旬に開山した北岳ですが、1日中カラッと晴れている日は少なく、この日も小雨が降るなどでかなりじめっとしていました。通常は広河原から北岳の山頂を望むことができますが、今日は中腹から真っ白でした。その反面、天の恵みを受けて植物が咲き始めています。今回は見つけた植物をいくつか紹介したいと思います。

  

左はカラマツソウです。葉がカラマツの葉のような形をしていて、白い部分が雄しべの一部分になっています。1本1本が細かく、放射状になっているのが特徴的です。空がどんより曇っていても際立つ白さなのですぐに見るけることができると思います。右はクリンソウです。すっと伸びた茎の先に紅紫色の花を付け、日が当たる水辺に咲いていることが多いです。

ここでちょっと変わった形をしたお花を。白根御池小屋と大樺沢の分岐を進んだ場所に咲いていました。

なんの花かお分かりでしょうか。オドリコソウです。花の形が傘をかぶって可燐に踊る女の子のように見えることが由来だそうです。アップで見ると細かく毛が生えているのが分かりますね。登るたび、探していましたが毎回見つけられず...。アクティブ・レンジャー3年目でやっと見つけることができました!

今年は気温が低いため、昨年よりも咲いている期間が長いように感じます。これからの時期はたくさんの種類の花が咲き始めます。北岳に登らずとも、広河原や北沢峠でも高山植物を楽しむことができますよ♪

気温は低いものの、雪解けが少しずつ進んでいます。ですが、依然大樺沢の左俣ルートには雪が付いています。下りでは軽アイゼンが必須、登りでもあったほうが歩きやすいです。雨で石や木の根っこが滑りやすくなっています。下山時は特にお気を付けください。

綺麗な景色を楽しみに登られているが多いと思います。雨降りの中でも疲れを吹き飛ばしてくれるくらい綺麗な高山植物や晴れ間を楽しんでいただいて、「南アルプス良かったよ!」と多くの方に思っていただけると嬉しいです。みなさんに素敵な思い出が残りますように♪

ページ先頭へ↑

2019年07月18日雨天時の富士登山で気をつけること、、!

富士箱根伊豆国立公園 箱根 池田興平

ついに登山シーズンが始まりました!
昨年の梅雨明けが関東甲信越では6月29日と観測史上最速だったこともあり、今年は何だか梅雨が長く感じますね。

さて、今回は梅雨の時期でも雨風から身を守り、安全で快適に登山をするために気をつけることについて記事を書きたいと思います。

富士山は日本で最も標高が高い(標高3,776m)ということはご存じかと思いますが、標高によって気温にかなり違いがあります。
五合目と、山頂との気温差は昼間で約9度、夜間では約13度、さらに雨風などで衣服が濡れると体感温度はさらに下がります。衣服が濡れてしまうと低体温症のリスクがありますので、レインウェアなどの装備をしっかりと準備してください。

【登山に必要な装備】については下記のリンクを参考にしてください。

http://www.fujisan-climb.jp/erquipment/index.html

▲荒天の中での登山の様子

雨が降ることによって登山道が濡れて滑りやすく転倒してしまう可能性が上がります。雨天時に大股で歩いてかかと接地をしてしまうと滑りやすいので、なるべく歩幅を小さく、つま先から足裏全体で接地する感覚で慎重に歩くことをお勧めします。

また天候が不安定だと霧が濃く見通しが悪い中歩かないといけないこともあります。そうした中では看板など目印になるものを見落としてしまい、道迷いから遭難してしまうケースもあります。

▲霧が濃いため見通しが悪い登山道分岐

霧が発生した場合は夜間でなくともヘッドライトを点灯させて周囲の状況を確認する方もいますが、その場合に注意点があります。白色LEDだと霧の中では光が拡散して遠くまで至らず、視認性が悪くなる場合があります。対策として電球色などの柔らかく暖色系の光を設定できるライトであれば、霧の時でも遠くまで照らされ、安全で快適な登山に役立ちます。

もうすぐ梅雨明けと思いますが、山の天気はすぐに変わってしまい予想は困難です。突然の雨が降ることも多いので、準備を万全にして登山を行いましょう。

最後に晴れた日の富士山での写真で締めたいと思います!


▲吉田ルート【下山道】

ページ先頭へ↑

2019年07月13日富士山の全登山道が開通になりました!!

富士箱根伊豆国立公園 松岡宏明

皆さまこんにちは!

沼津管理官事務所の松岡宏明でございます。

7月9日に吉田ルート、7月10日に須走・御殿場・富士宮ルートの登山道と山頂周回線歩道(通称:お鉢巡り)がそれぞれ全線開通となりました!

私は昨年に引き続き開山に合わせてお鉢巡りの巡視を行っていました。

今年も御来光を待つ登山者が大勢おり、日の出をみて歓喜の声を上げていました。

この日の早朝は霧がかかったようになっており、御来光も綺麗でしたが富士山麓の山々にシルクをかけたように雲が覆い、幻想的な風景を作り出していました。

▲山頂から見た御来光

ほとんどの登山者は御来光を見た後にお鉢巡りをしますが、その際に注意する必要のあることについてお知らせします。

山頂歩道に限らず全般的に言えることですが、今の時期は歩道上にほとんど雪がない時期です。そこで注意が必要なのが落石です。岩や石との間に雪があったものが融けて支えが無くなってしまい、少しの衝撃で落石を引き起こし、事故につながることがあります。自身の足元や頭上をよく確認して歩行するようにし、ヘルメットを着用するようにしてください。

また、先日富士登山オフィシャルサイト(http://www.fujisan-climb.jp)の「お知らせ」(http://www.fujisan-climb.jp/info/20190703_ohachi.html)でも情報共有しましたが、成就岳付近の登山道の脇にある土留め柵が一部損傷しているため、歩行には十分注意してください。

▲成就岳付近の登山道の様子

富士山は御来光や山麓の風景などの美しい景観を楽しめる場所ですが、その中に一定のリスクがあることを再認識し、安全かつ楽しい富士登山にしてください!

下記のリンクからは富士山の基本情報や富士登山を豊かにするための情報がたくさん載っています。富士登山をする前の情報収集にぜひとも使ってください。

皆さまの富士登山がより良いものになることを願っております。

引き続きよろしくお願いします!!

▼富士登山の前に必ず知っておくべきこと

http://www.fujisan-climb.jp/basic/index.html

▼富士登山をより楽しむために

http://www.fujisan-climb.jp/hospitality/index.html

ページ先頭へ↑

2019年07月12日【小笠原】東島

小笠原国立公園 玉井徹


先日、東島に上陸しました。

東島はその名の通り、父島の東側に位置します。

小さな無人島ですが、

近年発見されたオガサワラヒメミズナギドリは

世界で唯一この島で繁殖が確認されています。

その他、希少な海鳥類の繁殖地になっています。

今回は、陸産貝類(マイマイ)の生息状況調査を行いました。

【父島が奥に見える】

海況が悪かったため、上陸時に、下半身はずぶ濡れ....

足下は崩れやすく、危険です。

崖を登り奥へ進み、

マイマイが生息していそうな林内へ。

どんなマイマイがいるのか楽しみです。

【調査地点周辺の林】

それっぽい雰囲気になってきました....

調査では、地面の落ち葉を1枚1枚めくってマイマイを探します。

1地点目から多くのマイマイを発見!

雨の影響もあり、マイマイはとても活発な様子でした。

【確認された種の一部 大きさはたったの2~5mm程度!】

オガサワラノミガイ ハハジマヒメベッコウマイマイ ヒトハノミガイ

これらの微少なマイマイは、

波や鳥の糞などに紛れて島に渡ってきたと考えられています。

たまたまたどり着いた場所で、今まで生きてきたのです。

【帰りも気が抜けません】

東島は私も初上陸だったので、未知への期待でいっぱいでした。

調査を通して、小笠原の小さな命が

まだまだたくさん生き残っていることを改めて感じました。

帰りは激しい雨に打たれ、

最初から最後までずぶ濡れで無事に終了しました....

玉井

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ