ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年03月31日令和元年度をふり返る 【景色編】

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

前回の「令和元年度をふり返る【動植物編】」に続いて、景色編です。今年は悪天候が続きましたが、天気の良い日を狙って巡視に行っていたせいか、綺麗な景色をたくさん撮影することができました。たくさんの写真を載せたい気持ちでいっぱいですが、4枚に絞りました。その時のエピソードやおすすめポイントもあわせてお伝えしたいと思います。

■鳳凰三山・地蔵ヶ岳

南アルプスの中で特にお気に入りの場所です。そのお気に入りの場所で(個人的に)綺麗に撮ることができました。カメラの設定をマニュアルにして撮影にじっくり打ち込みました。手前に見えるお地蔵さんは「子授け地蔵」と呼ばれ、古くから親しまれています。最近は各登山口から日帰りで三山縦走される方が多くなってきていますが、ゆっくりまったり12日コースで高山植物(鳳凰三山にしか咲かない花もあります)や花崗岩で作られた砂浜の稜線から見る360度パノラマを楽しんでいただきたいです。

■荒川三山・悪沢岳

中岳を少し悪沢岳方面へ下った場所で撮影しました。奥に写る大きな山が悪沢岳です。¨南アルプスの山は大きい¨と言われますが、この写真に写る悪沢岳、とても大きく見えませんか?普段は横で撮影することが多いですが、縦で撮影したところ、山の大きさがよく分かるような気がします!手前に写っている登山者がとても小さく見えますね。山が大きい=時間がかかるのは間違いありませんが、今年は4連休が多いので時間が確保できる方はぜひ挑戦してみてください。

■北岳

北岳・二俣で撮影しました。登山者カウンターの点検で6月から月1で巡視していますが、今年度は7月も8月も天候が悪く長時間の巡視ができずにいました。9月初旬の晴れ間を狙って撮影したもので、秋の花を代表するキオンが大群落を作っていました。北岳とお花、双方が揃うとさらに映えますね。ニホンジカの影響があり、昔の北岳のようすから変わっている箇所もありますが、まだまだ高山植物を楽しむことはできますよ!

■兎岳、中盛丸山

聖岳から撮影しました。兎岳、中盛丸山ってあまり聞かない名前ですよね。この2つは赤石岳から聖岳の間にあり、縦走するときには必ず通過する場所です。この写真から南アルプスの奥深さが感じられます。聖岳から中盛丸山に続く登山道を辿ってみるとあまりの距離に気が遠くなりそうですね。と言っても、実際に歩いてみると4時間程度です。(この4時間を遠いととるか、近いととるかはあなた次第です。)南部は登山者が少ないので、静かな山歩きを楽しむことができます。

これまでの日記にも積雪の時期から紅葉の時期まで、わたしが大好きな南アルプスの景色がたくさんあります。さかのぼってご覧いただいて、行ってみたい場所を見つけてみてください。早いもので今年度も終わろうとしています。来年度もアクティブ・レンジャー日記の更新、頑張ります!

ページ先頭へ↑

2020年03月31日小笠原の鳥たち

小笠原国立公園 齋藤海穂

こんにちは。小笠原自然保護官事務所の齋藤です。

コロナウイルス拡散防止のため、事務所のある世界遺産センターもしばらく閉館としています。

まだまだ油断できないですね、皆様も体調管理にはお気をつけて下さい。

さて今回は、今月世界遺産センターにて開催していた「写真展-国指定鳥獣保護区管理員がみた鳥たち」から、小笠原の鳥たちを皆様へお届けいたします!

↑写真展示の様子(閉館中なのでお客様がいません。。。)

小笠原諸島は、アカガシラカラスバトやオガサワラオオコウモリなどの希少鳥獣の生息地として重要であることから、島のほぼ全域が「小笠原群島鳥獣保護区」に指定されており、また、大海原を渡ってくる旅鳥達の休息地としても重要な場所になっています。

私共も巡視や調査中に、オガサワラノスリやアカガシラカラスバト等に出会いますが、これらの巡視は鳥獣保護区管理員の方々にもお願いしています。

早速管理員の方が撮られた、美しい鳥たちの写真を紹介します。

まずは、身近な鳥シリーズ!

【オガサワラノスリ】

国の天然記念物であり、小笠原唯一の固有猛禽類。島では人と自然が共生しているため、生活圏内からでも確認できます。小笠原の空を悠々と飛ぶ姿はとても格好良いです!

【ハシナガウグイス】

ウグイスというと、声は聞くけれど姿を見ない鳥かと思いますが、固有亜種であるハシナガウグイスは違います。好奇心旺盛で、気が付くと隣の木の枝にいた、なんて事はよくあります。

さらに鳴き声の「ホーホケキョ」は一緒なのですが、「ホーホケケ、、、」「ホーホケキョ!!」といった具合で、ヘタクソです。笑

次は渡り鳥・迷鳥シリーズ!

【オシドリ】

内地ではお馴染みのオシドリ、実は小笠原では稀な渡り鳥です。鳥獣保護区管理員の方によると、オスしか確認されないとか。渡りのルートは不思議ですね。

【ツバメ】

こちらも内地ではお馴染み、ツバメです。ツバメは小笠原では迷鳥とされ、飛ぶルートを間違えたのか、通常では見ることができない鳥です。

今回紹介した鳥はほんの一部ですが、小笠原の鳥たちを見るだけで、内地との当たり前の違いに驚かされます!

皆様もご来島の際には、鳥にも注目してみてくださいね。

ページ先頭へ↑

2020年03月30日羽がカラフル?

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。佐渡自然保護官事務所の菅野です。

佐渡でも梅や菜の花が咲き始め、いよいよ春だ!と感じるようになってきました。

そんな中、第22回放鳥予定のトキ18羽の「順化訓練」が3月12日からスタートしました!

「順化訓練」では、放鳥されたトキが野外で生きていけるよう、「順化ケージ」という佐渡の自然に近い環境を再現した広いケージの中で、飛翔能力や採餌能力などを身につけていきます。

▲順化ケージへの放鳥のようす

さて皆さん、上の写真をよく見てください。放鳥箱から飛び出したトキたちの羽が、なんだかカラフルだと思いませんか?

実は順化ケージに放す前に、個体識別できるようにアニマルマーカー(生物に有害な物質が含まれていないマーカー)で羽に色を塗っているのです!

マーカーは赤・オレンジ・黄・緑・青の5色あります。

▲目隠しでおとなしくなったトキにマーカーで着色する様子。1羽につき2人で色を塗っていきます。

マーカーは基本的に片方の羽につき2か所塗っており、個体ごとに色の組み合わせが決まっています。
ちなみに、色を塗る場所も放鳥時期によって異なっており、春放鳥個体はパターン①、秋放鳥個体はパターン②で着色します(たまに例外もあります)。

▲パターン①             ▲パターン②

トキの羽は抜けかわってしまうため、マーカーによって識別できるのは放鳥から一定の期間に限られてしまいますが、足環以外の識別方法があることで、個体ごとの情報をより多く集めることができます。

▲あ!色がついている!この色の組み合わせは・・・

皆さんも佐渡でトキが飛んでいるところを見かけたら、羽をよく見てみてください。

カラフルな羽のトキなら、順化訓練を経て佐渡の空を飛んでいる新規放鳥のトキです!

ページ先頭へ↑

2020年03月27日【小笠原】畜魂祭

小笠原国立公園 玉井徹

島の短い冬は終わり、紫外線も強くなってきました。

幸いにも新型コロナウイルスの影響は少なく清々しい毎日です。

〈おがさわら丸も毎便元気に運行中〉

こんにちは

小笠原・父島の玉井です。

先日、大神山神社にて畜魂祭が行われました。

〈大神山神社〉

"畜魂祭" あまり聞き慣れない言葉ですね。

小笠原は海洋島でありユニークな独自の生態系があります。

現在、生態系に悪影響を及ぼしているグリーンアノールや

クマネズミをはじめとした外来生物の駆除を行い

生態系の保全に取り組んでいます。

駆除によって、命を頂いた生物への感謝と慰霊

命の尊さを確認し、冥福を祈ります。

〈畜魂祭のようす〉

畜魂祭を通して

「生物への感謝を日々忘れないようにしよう....」

と再確認できました。

人によって持ち込まれる外来生物の駆除をこれ以上増やさない為にも

まずは、一人一人が外来生物を持ち込まない心構えが大切ではないでしょうか。

玉井

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ