ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年09月30日秋のはじまり

秩父多摩甲斐国立公園 野崎 拓

昨日、奥多摩湖畔の山のふるさと村に行ったときのこと、ビジターセンター周辺のサクラの葉が色付き落葉していました。




紅葉にはまだ早いと思っていましたが、落葉の早い樹種は9月から色付き始めているんですね。

そして、秋の実りがあちこちに


クリの実はサルが落としているそうですが、中には食べられずキレイに残っているものも多くありました。


紅葉や木の実を見ると季節の変化をはっきりと実感できますね。

奥多摩はこれから11月に向けてどんどん秋が深まっていきますので、今から楽しみです。

ページ先頭へ↑

2016年09月29日歴史の刻まれた島 

富士箱根伊豆国立公園 下田 吉川貴光

伊豆半島の下田市にある恵比須島を紹介いたします。 

 

(2016/09/27 恵比須島入り口) 

 

この日は、気温28℃で天気がよく、暑かったのでシュノーケリングや磯遊びをしている方がいました。

海水はとても透明度が高く、小魚が泳いでいるのが橋の上からでも見えました。

ゆっくり歩いても、10分前後で1周できてしまう小さな島です。 

 

島の周囲には波に浸食されて、平らになった磯があります。

 

 

(2016/09/27 恵比須島 南側の磯) 

 

 

島には1周できる遊歩道が設置されておりますが、潮の満ち引きの具合で一部水没し、回れない場合もあります。今回は満潮近くの時間に行ってしまったため、1周することはできませんでした。 

 

恵比須島は、神様に祈りを捧げる際に使用したと思われる土器が出土したり、かがり火の跡が見つかったことから古墳時代から奈良・平安時代にかけて海の神々を祀っていた島と考えられています。 

江戸時代になると火山灰によってできた柔らかく加工しやすい岩は、切り出して石材として使われていたようです。

 

 

 

(2016/09/27 恵比須島 南側) 

 

この跡も、昔採石してできたのかもしれないです。 

小さな島でしたが、伊豆の歴史がたくさん詰まった島でした。

ページ先頭へ↑

2016年09月28日第15回放鳥 

佐渡 近藤陽子

 皆様、こんにちは。



 佐渡では稲刈りの全盛期。晴れた日は朝からコンバインの音がし、通勤路では収穫した米を運ぶ農作業車をよく目にするようになりました。

 トキたちは、夏場のように農道やあぜでエサをとることが減り、大好物のドジョウが豊富な刈田に集まるようになりました。


 さて、トキたちにとっては食欲の秋となるこの時期、第15回目となるトキの放鳥が9月23~24日、トキ野生復帰ステーションで行われました。今回放鳥されたトキは1歳から6歳までのオス5羽、メス14羽の計19羽です。

 今回新たに放鳥されたトキには、目印となる2色のマーカーが翼の2カ所(初列風切と小翼羽)に塗られています。


初列風切に青、小翼羽に緑が塗られたNo.269


 放鳥されたばかりのトキは、定まったねぐらを持っておらず、新しい環境の情報を得るために広範囲を飛び回り、普段トキが飛来しないような場所で確認されることがあります。

 野外に出た時は、空に目を向けてみてください。トキが舞う姿を見ることができるかもしれません。


初列風切に橙、小翼羽に赤が塗られたNo.263  


初列風切に橙、小翼羽に青が塗られたNo.264


初列風切に黄、小翼羽に赤が塗られたNo.276


初列風切に黄、小翼羽に緑が塗られたNo.277


第15回放鳥トキ識別表

ページ先頭へ↑

2016年09月27日外来種問題を考えるシンポジウム【御蔵島】

富士箱根伊豆国立公園 森山希美

2016年10月21日(金)伊豆諸島の御蔵島において
『御蔵島の外来種問題を考える』と題した公開シンポジウムが開催されます。

ポスターはこちら

以下、御蔵島観光協会Facebookページより引用したご案内です。

***↓↓引用ここから↓↓*******************

流通が良くなって、ヒトの生活がますます快適になるのに乗じて、さまざまな生き物が島外から流入します。我々が知らないうちに移入、島に定着する動植物は、今後ますます増えるでしょう。

隔離されていることで島の生態系は、高い固有性を維持してきました。裏を返せば、外からの侵入には脆弱性が高いということです。

御蔵島観光協会では10月「御蔵島の外来種問題を考える」と題した公開シンポジウムを開催します。
そもそも国内外来種とは?どんな問題があるのか?どうすれば良いのか?他の地域でどんな取組みがされているのか?市民レベルでの取組みは?行政レベルでの取組みは?
島全体の外来種に対する意識や知識の向上が狙いです。
外来種問題に対して今後の方針や具体的な取組みについて地域全体で考える契機になれば、、、と思っています。

伊豆諸島の行政、自然愛好会、観光協会、船会社など関係各所からのご参加を心待ちにしています。
**********************↑↑引用ここまで↑↑***

開催場所は伊豆諸島・御蔵島。多くの方にとっては、「お気軽にご参加ください!」
・・・というわけにはいかないかもしれません。それでも、御蔵島や御蔵島の自然、 

また外来種問題に興味をお持ちの皆様、この機会に御蔵島を訪れてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ