ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年05月23日第3回 カンムリウミスズメ観察会@神津島

富士箱根伊豆国立公園 椋本 真里奈

「カンムリウミスズメ」は全長24cm程の小柄な海鳥で、ウミスズメ科の中では絶滅が最も危ぶまれている種です。

個体数については不明な点が多いですが、世界に約3,500-10,000羽と推測されており(1)IUCNレッドリスト(絶滅危惧Ⅱ類)、(2)環境省レッドリスト(絶滅危惧Ⅱ類)、(3)国指定天然記念物に指定されています。

伊豆諸島はカンムリウミスズメの南限の繁殖地として、およそ1,000-2,000羽が営巣していると言われています。

繁殖期(2月中旬~5月初旬)に先駆けて、12月頃から営巣地へ飛来します。

伊豆諸島地域において国指定鳥獣保護区に指定されていれる3つの無人島((ただ)(なえ)島、大野原島、鳥島)は、いずれもカンムリウミスズメにとって重要な繁殖地および利用域です。

(神津島天上山から見た祇苗島)

その内祇苗島近海において、513日(日)に開催されたカンムリウミスズメ観察会(開催:NPO法人 神津島盛り上げ隊)に、伊豆諸島ARの椋本も同行させていただきました。

参加対象は小学生以上の神津島島民。

20名を乗せた船舶は8:00頃三浦漁港を出発し、祇苗島方面へと向かいました。


「いた!」「かんむりんだ!」

うねる波の間からカンムリウミスズメが飛び立ち、参加者から歓声が上がりました。

「かんむりん」とは、カンムリウミスズメをモチーフにした神津島観光協会のゆるキャラです。初めて見る本物のかんむりんに、地域住民の皆さんもカンムリウミスズメをより身近なものに感じたようでした。

小柄な上にモノトーンカラーのカンムリウミスズメを大海原で見つけ出すのは想像以上の難易度です。

大人も子どもも立ち上がって、夢中でカンムリウミスズメを探していました。

祇苗島東側の潮目付近に差し掛かると、船の両側で続々とカンムリウミスズメが現れました。

潮目とは異なる2つの潮流がぶつかり合う場所で、水の衝突によって海底のプランクトンが巻き上げられ停留する為、それらを餌とする魚類が集まる良い漁場とされています。その魚を狙って、カンムリウミスズメも潮目によく集まるようです。

カンムリウミスズメは、繁殖期以外のほとんどの時間を海上で過ごす泳ぎのプロです。潮目で獲物を捕らえるために潜水する姿も見られました。

2時間の航海で観察できたカンムリウミスズメは計12羽。三度開催された観察会の内最多だそうです。

こちらは祇苗島の岸壁です。

ご覧の通り激しく切り立っていますが、岩礁の割れ目や穴などに巣を作るカンムリウミスズメにとっては適した地形なのです。

船を寄せてみると岩壁から鳴き声は聞こえるものの、どこに巣があるのか目視では確認できませんでした。(もしかしたらこの写真にもカンムリウミスズメが写り込んでいるかも?)

このように地形の面で営巣に適した伊豆諸島ですが、環境の悪化により営巣規模が縮小しており、航路での観察頻度が減少していることも報告されているそうです。

1940年代に食用として採卵され、50年代以降は近海で流し刺し網にかかりたくさんの成体が死亡しました。

現在、伊豆諸島で最も深刻な影響と疑われているのは、「釣人が放置するゴミやまき餌に、カンムリウミスズメの捕食者であるカラス類が誘引されること」です。

正確な個体数や減少理由など、カンムリウミスズメにはまだまだ不明確なことが多々ありますが、神津島盛り上げ隊はこの観察会を今後も継続していくとのこと!

固有の自然環境に地域住民が関心を持ち見つめ続けていくことは、環境保全においてとても大切なことですね!

ページ先頭へ↑

2018年05月17日佐渡の春は島ならではの春

佐渡 原奈緒子

みなさん、こんにちは

佐渡ではカッコウが鳴き始めて、佐渡の短い春はあっという間に過ぎていったようです。

トキたちは繁殖期の真最中。ふ化が始まり、生まれたばかりの黒い顔のヒナが確認されています。


ヒナの顔は黒く、灰色の羽毛に包まれており、親鳥とは特徴が異なります。しかし、生まれた時からくちばしの先はピンク色をしていて、トキの面影があります。

▲左:ヒナ3羽に給餌する親(5月10日撮影)      ▲くちばしの先に注目!

一方、山では雪解けと共に一斉に春植物が花を咲かせていました。

佐渡にはタヌキより大きなほ乳類が生息していないため、シカ食害がないことも豊かな春植物を楽しめる理由の一つです。

▲上段:フクジュソウ、キクザキイチゲ、カタクリ

下段:様々な色形の雪割草(オオミスミソウ)

車道沿いにもいたるところに春植物の代表格であるカタクリの群生地があります。

よ~くみると違和感が、、、

葉っぱに注目です。わかりましたか?

なんと、佐渡のほとんどのカタクリは葉に斑が入っていません。

▲佐渡のカタクリ(斑なし)        ▲長野県で撮影したカタクリ(斑あり)

のっぺりとした黄緑色が太陽に照らされてきらきら光る様子がまだ雪が残る殺風景な山の景色を華やかにさせます。カタクリを見れば、このしっとりした感触を確かめずにはいられません。(カタクリは花を咲かせるまでに8年もかかると言われています。やっと咲かせた命を傷つけないように優しく扱いましょう。)

これは元々斑なしの個体が佐渡に入って、分布を広げたからとも言われています。

他にもこれからが見頃のホタルブクロは紅紫色と白色の2色がありますが、佐渡で見られるのは白色ばかり。これも白花の個体群が佐渡にあったために、全島的に白色が生育していると言われています。

鳥や人のように自由に行き来できない植物は佐渡で島ならではの分布をしています。

野生のトキが最後に生息していた佐渡島には四季を通して豊かな自然があり、人の生活するすぐそばで自然にふれあうことができます。これからの時期は海岸線にトビシマカンゾウの黄色が目立ちます。穏やかな夏の佐渡に足を運んでみませんか。

▲大野亀のトビシマカンゾウ(2017年5月27日)

ページ先頭へ↑

2018年05月15日焼印コースター、大盛況でした!!

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

5月13日(日)にやまぶき祭が開催されました!

迫力満点!夜叉神太鼓の演奏

(迫力満点!夜叉神太鼓の演奏)

当日の天気予報は雨予報。

午前中は雨が降ったり止んだり日が差したり。お昼過ぎ頃からは本格的な土砂降りになってしまいましたが、傘を差しながらもたくさんの方がお越しくださいました。

南アルプス自然保護官事務所では昨年に引き続き、焼印コースターの無料配布や南アルプス国立公園の自然について展示を行いました。焼印のマークは、「ヤマトイワナ」、「ライチョウ」、「キタダケソウ」、「南アルプス国立公園のシンボルマーク」を用意しましたが、どの種類も大好評でした。

年齢問わずたくさんの方がブースに来てくださり、一時は混雑してしまうことも・・・。

焼印コースターの作成の説明をする小池自然保護官

(焼印コースターの作成の説明をする小池自然保護官)

焼印を行っていることをご存じだったのか、中には大きな木板を持ってきてくださった方もいました!

印が押されたコースターを見て、「きれいだね」、「(木が焼かれて)良い香りがする」などのお声もいただけました。

足を運んでくださったみなさん、ありがとうございました!

ページ先頭へ↑

2018年05月15日奥日光ツツジの季節その2

日光国立公園 太田祐司

みなさんこんにちは!

日光国立公園の太田です。

先日は、奥日光のアカヤシオツツジの開花情報をお伝えしました。

今回は、中禅寺湖北岸でトウゴクミツバツツジを見てきましたので、お知らせします。

中禅寺湖北岸の西側(千手が浜~菖蒲が浜)はトウゴクミツバツツジ、シロヤシオ、ヤマツツジ等が多く、最盛期にはツツジのトンネルを歩くことになります。

中禅寺湖や新緑の山並みを見ながら、湖岸の歩道をのんびりと歩くのは素適なハイキングです。

タイミングが良ければ満開のツツジの大株に出会うことあります。

湖岸のトウゴクミツバツツジは今週末では、最盛期を過ぎているかもしれません。

ヤマツツジやシロヤシオはまだまだ見ることができます。

高山に登れば、山頂から西側に下った登山道では、トウゴクミツバツツジのトンネルに会うことができるかもしれません。

ぜひお出でください。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ