ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年03月26日南アルプスの四季(秋・冬)

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

先日の「南アルプスの四季 (春・夏)」に続きまして、今回は「南アルプスの四季 (秋・冬)」をお届けします。

【秋 9月から11月】

仙丈ヶ岳 藪沢ルートの紅葉

△仙丈ヶ岳 藪沢ルートの紅葉

高標高域では街よりも1ヶ月ほど早く色づき始めます。南アルプス各地で見られる紅葉はとても綺麗です。赤が多い場所、黄色が多い場所とさまざまです。高標高域では、この時期から日中でも時折寒さが感じられます。暖かい格好をして高山での紅葉狩りを楽しみましょう♪

冠雪した北岳と紅葉の広河原

△冠雪した北岳と紅葉の広河原

標高3,193mの北岳は早ければ10月中旬に雪が降ります。10月中旬は、広河原周辺の紅葉真っ盛りの時でもありますので、写真のような冠雪した北岳と紅葉の広河原を見ることができます。この時期は登山者だけでなく、紅葉を目的として来られる方も多くいらっしゃいます。寒いですが、気温が下がり空気が澄んでいるため、白くなった北岳の綺麗な景色を見ることができますよ!

荒川岳カールの紅葉

△荒川岳カールの紅葉

9月下旬に荒川岳に設置している防鹿柵撤去作業をします。撤去作業中にふと顔を上げてみると、そこには美しい紅葉が!思わずパシャリ!夏は高山植物がたくさんのカールですが、秋には紅葉が綺麗なカールに大変身です!

【冬 12月から2月】

閑散とした登山道

△閑散とした登山道

冬の夜叉神峠までの登山道は緑がほぼなくなり、静けさを感じます。そのおかげもあり、日が差し、遠くの山や甲府の街、櫛形山方面からは富士山もひょっこり見えます。登山道上の雪にはニホンジカやキツネなどの動物たちの足跡が残っていることがあります。足跡探しをしながら登るのも、楽しみ方の1つですね♪

白銀の白峰三山

△白銀の白峰三山

写真は薬師岳から見た白峰三山です。雄大な山並みに雪がつき、いつにも増して大きく感じられますね。薬師岳までとなると、どの登山口からも歩行時間がかなり長くなってしまいます。しかし、見える角度が少し変わってしまいますが、約1時間歩けば夜叉神峠からも白く輝く白峰三山を楽しむことができます。

冬のオベリスク

△冬のオベリスク

朝日に照らされほんのり赤く染まっているオベリスクです。この写真は赤抜沢の頭から撮影しました。赤抜沢の頭からですと、オベリスクの全体を見ることができます。春の暖かさが感じられたオベリスクとはまた印象が違うように見えませんか?

他にも南アルプスの四季の魅力はたくさんあります!また、山に登らずとも山麓からも南アルプスの四季を眺めることができます。自分にあったスタイルで自然や山の魅力、そして、南アルプスの魅力を感じてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2019年03月20日厳冬の尾瀬は別世界

尾瀬国立公園 尾池こず江

平成31年3月12日(火)尾瀬ヶ原での除雪に同行し巡視点検に行ってきました。

冬になると、毎年除雪隊が山小屋や橋の除雪を行うのですが、雪深い尾瀬に徒歩で入ることは難しいためヘリコプターで行きます。今回は戸倉から竜宮十字路付近まで行きました。

△ヘリコプターから撮影

初めてヘリコプターに乗ったのですが、高いところが苦手なのでどこを飛んでいるのかさっぱり分かっていません。この日は天気が良く、風もなかったのが救いです。

△一面雪の尾瀬に到着

尾瀬ヶ原に下りて、スノーシューで歩きます。辺り一面真っ白な雪で覆われていて、ここで初めて綺麗な景色に気付きました。尾瀬の冬景色を見るのは初めてで、とても貴重な体験をすることができました。

△作業前にはしっかり安全確認

万全の装備と安全確認をしっかりします。一歩間違えれば転落の恐れもあるので慎重に作業しなければなりません。

△手作業での橋の上の除雪

今回は環境省が管理している竜宮十字路付近の橋の除雪点検をしてきました。

積雪量は例年よりも少ないようですが、やはり尾瀬は豪雪地帯ですので、それなりに積もっています。除雪は手作業ですので、かなり重労働で大変な作業になります。誰でも作業できるものではなく、尾瀬のことや雪の状況をよく知っているプロの除雪隊がこうして、冬の尾瀬を守っています。

△ヘリから見た風景

冬の尾瀬は豪雪地帯なので一般的には容易に入ることができません。

冬山なので万全な準備が必要です。

△白一色となった広大な湿原から見える至仏山

別世界です。新たな尾瀬国立公園の大自然を見ることができました。

ページ先頭へ↑

2019年03月20日箱根の春を告げる風物詩

富士箱根伊豆国立公園 箱根 池田興平

この時期、箱根の風物詩と言えば仙石原の山焼き(野焼き)です。

箱根の仙石原ススキ草原では、毎年3月頃にススキ草原の山焼きが行われます。

今年は山焼きが予定されていた日に、強風や草原の湿り気により2度の延期の末、315日に実施されました。

このように当日の天候と草原の乾燥状態などの状況によって延期することがあるため、山焼きが見ることができた観光客は幸運ですね!

当日は山焼き見学会場が確保され、地元の方々や観光客が山焼きを見守ります。

箱根の春の訪れを感じさせられる風景でした。

▲山焼き見学会場

多くの関係者が集まり、何台もの消防車が配備され万全な状態で今年も火入れが行われました。

モクモクと白い煙が上に上がっていくのが見えます。

ススキ草原の台ヶ岳山麓側から着火され、風に吹かれて徐々に炎の範囲が広まっていきます。

▲ススキ草原から白煙が立ち上る様子

はじめは火の燃え広がりが遅かったものの、勢いを増しその後は20分程で一気に全体に火が行き渡りました。

白煙が立ちこめていて山肌が見えない状況が続きます。

▲多くの関係者が山焼きを見守っている

燃えていない箇所は作業員が火を付けて歩き回り、ススキ草原の全体に火が行き届くようにします。

山焼きの最中はパチパチとススキが燃え広がる音が続き

少し近くに寄ると熱波が伝わり露出している顔は熱く煙も音も一層迫力があります。

▲瞬く間に炎の勢いが増していく

毎年山焼きを行う理由としては、山焼きを行わずにしておくとススキ草原の植生遷移が進み草本から雑木が生えて森林帯に変わってしまうためです。

ススキの美しい景観を維持するため、草原の植生環境を守るために山焼きは行われているのです。

一度焼け野原となった仙石原のススキ草原も、4月の中旬頃にはまた新たな新芽が姿を現します。

季節は巡り、今年の秋にも黄金色のススキ草原が見られるのが楽しみです。

ページ先頭へ↑

2019年03月19日南アルプスの四季(春・夏)

本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

先日、紹介しました野呂川広河原インフォメーションセンターの2階では展示を行うとともに、アンケートを実施しています。野呂川広河原インフォメーションセンターの印象について、どの展示が印象に残ったかなどの項目を設け、毎年多くの方にご協力いただいています。今後、取り上げてほしい展示内容については、さまざまなご意見をいただいており、中でも多いのが『南アルプスの四季について知りたい!』というご意見です。そこで、南アルプスの1年を春と夏、秋と冬の2回に分けて紹介していこうと思います。

【春 3月から5月】

雪で白く染まる白峰三山

△雪で白く染まる白峰三山

街では桜や梅などの花が咲き始める頃ですが、標高が高い山はまだまだ冬らしさを感じられます。この写真は3月に夜叉神峠で撮影したものですが、標高1,700mあたりでもまだ白さが残っていますね。2月や3月に本格的な雪が降ることが多いため、12月や1月よりも白く、綺麗な白峰三山を楽しむことができます。

新緑深まる4月

△新緑深まる4月

秋から冬はほとんどの木が葉を落とし、閑散とした登山道になりますが、春になると景色が一変!新緑が鮮やかになります。春が来た!という気持ちになります。4月下旬から5月にかけてシロバナノヘビイチゴやミツバツツジなどの花が少しずつ咲き始めます。

春のオベリスク

△春のオベリスク

鳳凰三山周辺の山小屋はゴールデンウィークに短期間の営業をしてくださいます。(営業期間等については各山小屋にお問い合わせください。)そのため、多くの方が残雪の鳳凰三山へ訪れます。オベリスクの景色なんて変わらないでしょ!と思った方。残雪量や緑の量、紅葉の色づき方によっても見え方が変わります。山は登るごとに違う景色を見せてくれます。自然との出会いは一期一会ですね。

【夏 6月から8月】

広河原での開山祭のようす

△広河原での開山祭のようす

6月下旬になると野呂川広河原インフォメーションセンターや北沢峠で開山祭が行われます。開山祭と同じ頃に山梨県側の交通機関が運行し始め、野呂川広河原インフォメーションセンターは多くの登山者で賑わいます。開山祭は一般の方の参加も可能です。ぜひ、参加してみてください!

ライチョウ親子の砂浴び

△ライチョウ親子の砂浴び


ライチョウは6月頃に卵を産み、7月上旬頃に孵化します。子育てはメスのみが行います。この砂浴びの行為を人間で表すと、お風呂。お母さんも子どもも気持ちよさそうにしていました。ライチョウを見つけた際は近づいたり、触れたりすることのないよう、そっと見守ってください。

荒川岳のお花畑

△荒川岳のお花畑

夏と言えば、高山植物!!南アルプスは高山植物が豊富です。写真は、南アルプス南部の荒川岳のお花畑です。南アルプスの中でも一番大きいお花畑と言われています。シナノキンバイやハクサンイチゲなどで斜面が色鮮やかに染まっていました。登山道の脇にあるお花畑であり、多くの方が足を止めて写真を撮影されています。

南アルプスの四季(春・夏)はいかがでしたでしょうか。次回は南アルプスの四季(秋・冬)をお届けします。お楽しみに♪

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ