ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年09月26日南アルプスのへそ

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

南アルプス国立公園は、東西約15キロメートル、南北約50キロメートルに及ぶ、南北に長い国立公園です。さて、ここで問題です。南アルプス国立公園の真ん中ってどのあたりだと思いますか?

正解は・・・

・・・塩見岳です。塩見岳は長野県と静岡県にまたがる標高3,052mの山です。南アルプスでは大きくなだらかな山が多いですが、塩見岳は突出した山頂の岩峰です。山頂は西峰と東峰の2つに分かれています。西峰の標高は3,047m、東峰は3,052mです。塩見岳は南アルプスの真ん中にある山とされ、「南アルプスのへそ」とも呼ばれています。

主な登山口は長野県大鹿村の鳥倉登山口です。鳥倉登山口から「日本で1番高い峠」と言われている三伏峠を経由し、塩見小屋へ向かいます。晴れていると、三伏峠までの登山道で仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳が、塩見小屋までの登山道で塩見岳を見ることができます。

塩見小屋から先は岩稜帯になり、落石の危険があるため、ヘルメットは必須です。両手を使うことが多くなるので、ストックの扱いには気をつけてください。

△天狗岩付近からの塩見岳

自分が踏んだ石が下の登山道を歩いている登山者に当たってしまう可能性もあります。場所によってはザレているところもありますので、歩行の際は要注意です!!富士山のように登りと下りが分かれているわけではないので、譲り合って登るようにしてください。

岩場を登り切ると西峰、東峰が見えてきます。この場所からは南アルプス北部、南部の大パノラマを見ることができます。

  

左は北部方面です。仙丈ヶ岳や間ノ岳、農鳥岳がよく見えますね。目の前に見える稜線は北岳や仙丈ヶ岳方面へ向かう「仙塩尾根」です。登山者が少ないルートなので、静かな山歩きを楽しむことができます。右は南部方面です。目の前に見える大きな山は悪沢岳(東岳)、中岳、前岳の三山から成る荒川岳です。後ろに見える山は聖岳、兎岳です。南アルプスの名峰を一望できるのは南アルプスの中心にあるこの塩見岳だけです!さすが、南アルプスのへそですね!岩場やザレ場を頑張った先にこんなにきれいな景色が出迎えてくれると疲れも吹き飛びます!

塩見岳までの登山道にある三伏山では塩見岳を望むことができ、三伏峠小屋から15分ほどの場所にあるので、手軽に朝日や夕焼け、星空もこの場所で楽しむことができます!これからは朝晩の冷え込みが激しくなりますので、暖かい格好をして綺麗な景色を楽しんでください。

△夕日に染まる塩見岳

塩見岳の左側にある小さな突起は天狗岩といい、この付近ではチャートや緑色岩を見ることができます。緑色岩とは、付加体中に存在し、もともと海洋底や海山の一部を構成していた玄武岩質溶岩であり、変質・変成作用により緑泥石、緑蓮石などの緑色鉱物が晶出して、濃緑色を呈するようになった岩石を指します。南アルプスではこの塩見岳天狗岩のほかに北岳や聖岳付近で見ることができるので探してみてください。ガスで景色が楽しめないときでも、南アルプス特有の地質を楽しむことができます。

この時期は鳥倉林道までのバスの運行が終了しているのでマイカーかタクシーのみになります。また、三伏峠小屋と塩見小屋で営業日も異なりますので、各小屋に事前に確認するようにしてください。3,000mの高峰では、9月中旬頃から紅葉が始まります。暖かい服装に衣替えをして、秋の南アルプスの計画を立ててみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2019年09月20日【報告】自然観察会「初秋の湯坂路と石仏石塔群を訪ねて」(箱根地域)

三瓶雄士郎

こんにちは。富士箱根伊豆国立公園管理事務所の三瓶です。

気温はすっかり秋ですね。仙石原のススキ原草原もススキが穂を出し、観光される方が増えてきました。

さて、今月7日(土)に箱根地域自然に親しむ運動の第7回自然観察会「初秋の湯坂路と石仏石塔群を訪ねて」を開催しました。

このイベントは、芦の湯付近に残る鎌倉時代に造られた石仏や石塔を巡り、古道「湯坂路」での自然観察を楽しみ小涌谷駅までトレッキングするもので、22名の方がご参加いただきました。

今回は昨年紹介出来なかった場所を紹介したいと思います。※昨年の様子は★コチラ

【今回のコース】高低差320m、距離5km、所要時間約5時間


【開会の様子】

昨年とは打って変わっての晴天!駒ヶ岳の麓、精進池畔にある「石仏群と歴史館」からスタートです。


【精進池】

景色のよいこの場所には悲しい伝説があります。

その昔、仲秋の名月になると周辺の村を襲い暴れ回った大蛇が棲んでいたとされている。その大蛇は女性に成りすましていたが、旅人に恋をしてしまいました。暴れる夜、旅人に逃げてもらおうと、大蛇は自分の正体を旅人に明かしてしまったがために、村にバレてしまい、それを退治しようとした村人が池に鉄やら槍やらを投げ込んだところ、大蛇が怒り竜巻を起こしました。翌日、池の湖畔には大蛇とその旅人が遺体となって発見され、以来「精進池」と呼ばれるようになりました。

【東光庵】

萱葺き屋根が残る趣のあるこの建物は、江戸時代末期、国学者を中心とした江戸の文人・黒客が集会場として賑わった場所。現在も手入れや修復され、定期的に俳句会が開催され、使われている場所です。一般の方も入れるため、休憩にはもってこいの場所です。

【鷹巣山山頂のヤマハギ】

秋の七草の「萩」の一種。甘い香りとその容姿につられ一休憩。初秋の秋を彩る代表種です。

【ムササビの食痕】

鷹巣山で発見したムササビが食べたイロハモミジ。基本草食で葉っぱを折りたたんで食べるため、シンメトリーになることが多いです。カエデやツバキなどの木の下に探してみると見つけやすいです。

このあと、千条ノ滝へ下り、滝を鑑賞しつつ休憩し、小涌谷駅まで降りて解散しました。

晴天に恵まれ、少し日差しが強く熱かったですが、涼しい秋の風が吹き抜け、秋の草花やその場に生きる生きものの痕跡を沢山見られ、とても充実した観察会になりました。

残る観察会はあと2つ。

◆11月19日(火)紅葉の箱根路を訪ねて

◆11月29日(金)箱根の冬鳥観察会

他にも今回解説してくださいましたパークボランティアの観察会もございます。

宜しかったら是非ご参加くださいませ!★全体イベントはコチラ

〈今回のイチオシ写真〉

【芦ノ湖覆う雲海】

観察会の朝、大観山より撮影しました。芦ノ湖一面に雲が発生し、外輪山よりあふれ出た雲が手前の須雲川へ流れていくなんとも素敵な光景でした。

ページ先頭へ↑

2019年09月19日日光国立公園とは

日光国立公園 村田麻理沙

こんにちは、日光国立公園管理事務所の村田です。

9月中旬になり、日光では朝、晩に気温が下がり、少しずつ、秋の訪れを感じるようになりました。

先日、栗山地域で見つけたフジグロセンノウ、そして、湯川でオシドリとマガモのくつろぎ風景を撮影しましたので紹介します。

△フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科 

 節が黒く、近縁の観賞用の植物が京都嵯峨の仙翁寺にあったことが名前の由来だそうです。

△湯川のオシドリとマガモ(戦場ヶ原自然研究路から撮影)

 非繁殖期のオスはエクリプスと呼ばれ、メスと同じような羽色になりますが、くちばしの色で区別できます。右側3羽目がマガモのオス、その左隣がメスです。

マガモの場合、オスのくちばしは黄色、メスが橙色と黒色、オシドリの場合は、オスが紅色、メスが赤みを帯びた黒色となります。

さて今回は、日光国立公園の魅力を少し別の角度からお伝えしたいと思います。

昭和9年12月に国立公園に指定された日光国立公園は、他の国立公園と同じく、優れた自然の風景地を保護し、生物多様性確保のため、ゾーニングによって行為規制されています。

私たちが巡視する際に利用者指導等の判断の決め手となるのが、その場所が「特別保護地区」かどうかです。

景観の維持のために指定された「特別保護地区」は、第3種特別地域→第2種特別地域→第1種特別地域→特別保護地区と段階的に行為が規制されている最も規制の厳しい地域となっています。

日光国立公園では、戦場ヶ原、小田代原、白根山、太郎山、女峰山等が「特別保護地区」となっており、許可がなければ、植物・落葉落枝の採取、動物の捕獲等の行為は禁止されています。

このように、ゾーニングによって日光国立公園の自然が守られていることをご理解ください。

戦場ヶ原や小田代原等で歩道を利用される際には、注意事項が標示された案内標示板をご確認いただき、違った視点から日光国立公園を利用してみてください。

△小田代原の案内標示板

 「歩道外への立ち入りと動植物の採取を禁止します」となっています。

最後に、夏は涼しく、紅葉時期にさらに美しくなる鬼怒川地域の滝をご紹介します。

ぜひ、行ってみてください。

△虹見の滝(龍王峡ハイキングコース)

滝に陽光がさした時に見える虹が美しいことから名付けられた滝

△白滝(日塩もみじライン沿い)

白い糸が何本も重なって落ちるように見えることから名付けられた滝

△太閤下ろしの滝(日塩もみじライン沿い)

太閤 豊臣秀吉が見入ったとも伝えられる滝

ページ先頭へ↑

2019年09月19日塩見岳で高山植物保護活動

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

914日から16日の3連休で静岡県事業として三伏峠の防鹿柵修繕作業を、環境省事業として塩見岳の伏工作業を静岡県ボランティアネットワークのみなさんと行ってきました。

初日は三伏峠の防鹿柵に設置されている通年設置の防鹿柵の修繕を行いました。通年設置の防鹿柵は季節型の防鹿柵と違ってポールからネットを外すという作業ではなく、雪圧でひしゃげてしまった支柱の打ち直しや高さが足りなくなっている金網部分を持ち上げる作業を行いました。元々はまっすぐ設置されていた支柱や金網は雪圧でぐにゃと曲がっており、大人1人の力でも修復が難しい状態でした。雪圧恐るべし。

  

金網の修復で金網が目に飛んだり、支柱の打ち直しで頭に支柱や杭打機が当たるのを防ぐために、作業時はゴーグルとヘルメットを、もちろん足元は高山植物への影響を少なくするために地下足袋着用です。三伏峠・塩見岳の作業では社会人だけでなく、大学生や高校生も参加してくれたので、大人数で作業を進めることができ、あっという間に作業が終了しました。

柵の中には少し枯れ始めてしまってはいますが、タカネマツムシソウがたくさん咲いていました。

春先にはミヤマクロユリやシナノキンバイ、ハクサンチドリなどの高山植物でいっぱいになります。三伏峠から烏帽子岳、小河内岳方面へ向かう際はこのお花畑の真ん中を通ります。季節に応じて、たくさんの高山植物が咲くスポットなので、夏季に通過される際は注目して見てください。

2日目は塩見岳東峰にて伏工の作業を行いました。塩見岳東峰付近ではシナノキンバイやハクサンイチゲが咲き誇るお花畑でしたが、ニホンジカの採食圧や踏圧によって植生の変化が進み、やがてニホンジカが好まない植物すらなくなり、山肌がむき出しになってしまいました。氷河跡地の上部は土壌が薄く、一度表土が剥がれ落ち、土壌侵食が起きてしまうと、植生の自然回復は困難になってしまいます。そのため、2009年(平成21年)から毎年、塩見岳東峰付近ではヤシマットの設置を行っています。

三伏峠を出発し、塩見小屋から一人ひとり歩荷したマットをお花畑の裸地部分に敷きます。

  

塩見岳直下のガレ場や東峰斜面のきつい傾斜での作業で落石による事故防止のため、この作業でもヘルメットは必須。すでにむき出しになっている斜面は傾斜がきつく、足元が非常に悪いです。四隅や途中部分に張りピンを木槌で打ち、シュロ縄で固定します。最後に石を置いて完成です。マットで覆うことによって土壌が流れにくくなるほか、保温性を高めることができます。地面の温度変化が穏やかになると、飛んできた種から芽が出やすくなる効果もあります。石はマットを押さえるだけでなく、石によってできる影によって、日影を好む植物、日向を好む植物がそれぞれ育ちやすくなるそうです。

昨年設置したヤシマットにはオンタデやイワツメクサが根付いており、ヤシマット設置の効果を感じました。すぐに効果が出るわけではなく、地道な作業ではありますが、続けていくことに意味があると思っています。かなりの時間を要すると思いますが、いつかこの場所に緑やお花畑が戻ってきてくれることを願います。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ