ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年01月22日夜叉神峠の1年

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

夜叉神峠は標高1,770m、夜叉神峠登山口から1時間ほどにあり、南アルプス国立公園の中でも1年を通して登山口へのアクセスが楽にできる場所です。鳳凰三山の縦走路になっていることもあり、冬季でも多くの方が登られます。今回はこの夜叉神峠の春夏秋冬をみなさんに紹介しようと思います。

【冬:1月から3月】

夜叉神峠から残雪が残る白峰三山を望む

△夜叉神峠から残雪が残る白峰三山を望む

車道や登山口には雪はありませんが、白峰三山にはたくさんの雪が残っています。場合によっては、3月あたりでも夜叉神峠に雪が残っているときがあります。標高が低いところでは春が訪れている場所もある時期ですが、標高が高い山ではまだまだ冬山のように感じられます。雪で白くなった白峰三山はとても雄大でいつ見ても圧倒されます。この時期は登山道が凍っていることもありますので、雪道歩きが不慣れな方はアイゼンなどを携帯してくださいね。

【春 4月から6月】

新緑が鮮やかな夜叉神峠

△新緑が鮮やかな夜叉神峠

春に比べ、木々が葉を付け始め、新緑が鮮やかになります。写真は晴れていませんが、スッキリと晴れているときは、新緑の鮮やかさが増します。降雪量が多い年では4月、5月でも雪を被っている白峰三山を見ることができます。登山道沿いでは、ミツバツツジやシロバナノヘビイチゴやキバナノコマノツメなどの高山植物が咲き始めます。

【夏 7月から9月】

夏の陽気が感じられる夜叉神峠

△夏の陽気が感じられる夜叉神峠

山へ若干、ガスがかかってしまっていますが、後ろにうっすら見えるのが北岳と間ノ岳です。春よりも全体的に緑が多く、夜叉神峠でも様々な種類の高山植物を多く見ることができます。また、夏期シーズンは夜叉神峠小屋の営業も始まり、小屋に泊まることもできます。(営業については要確認)小屋付近には幕営地もあるので、テント装備を背負って夏の星空を眺めるのもいいですね!

【秋 10月から12月】

葉が色付き秋らしさを感じられる夜叉神峠

△葉が色付き秋らしさを感じられる夜叉神峠

夜叉神峠の紅葉のピークは時期によって多少の変動はありますが、例年は10月初旬くらいです。この写真は10月末に撮影したので、ほぼ紅葉は終わり気味でしたが、夜叉神峠までの登山道は綺麗に色付いていました。写真の白峰三山は秋の山という感じがしますが、この時期くらいから高山では雪が降り始めるので、運が良いと白くなった白峰三山と紅葉の夜叉神峠を見ることができるかもしれません。

同じ山でも登る時期によって見ることができる景色が変わります。1年の中であなたのお気に入りの景色を探してみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ↑

2019年01月21日【小笠原】はじめまして

小笠原国立公園 小笠原 倉上花子

初めまして。

この度、1月に小笠原自然保護官事務所に着任しました新米アクティブレンジャーの倉上花子と申します。アクティブレンジャーになる前は、ラクロスというスポーツのコーチをしながらオーガニック野菜の栽培を行っていました。

今回の着任で小笠原には初上陸だったのですが、フィールドでは日々新しい発見があり、これからまたどんな出会いがあるだろうとワクワクしています。

小笠原の事はまだまだ知らないことだらけですが、これから体感する小笠原の魅力や小笠原の抱える問題など、少しでも皆さんにご紹介できたらと思います。よろしくお願いいたします。

先日、119日に実施された小笠原村民対象の兄島視察会で小笠原父島の北に位置する無人島、兄島へ行ってきました。

剣山頂上からは兄島の乾性低木林が一望できました。

小笠原の魅力の一つである乾性低木林。

父島と兄島の乾燥した山頂傾斜面を中心に広がる高さ58mのこの低木林には、小笠原でしか見ることのできない固有種が多く残っています。国内希少野生動植物種にも指定されているマイマイやアカガシラカラスバトをはじめとした数多くの生物の住処となっており、世界遺産の価値のひとつとして認められました。

乾性低木林は父島の旭山などからでも見ることができますので、皆さんもこの涼しい季節にぜひ小笠原の森へ一歩足を踏み入れに来てみて下さい。

ページ先頭へ↑

2019年01月16日芦ノ湖水鳥調査(箱根地域)

富士箱根伊豆国立公園 三瓶雄士郎

こんにちは!富士箱根伊豆国立公園管理事務所の三瓶です。

ご挨拶が遅れましたが、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、1月12日(土)に民間の地域団体が毎年行っている芦ノ湖で越冬している水鳥(主にガン・カモ類)の調査に同行してきました。

【調査の様子】

カルデラ湖である芦ノ湖の地形は複雑で、歩いて行くことが難しい湾処がいくつもあるため、ボートを使って全面を約2時間かけて回ります。一時大雨に見舞われましたが、幸いにも風が無く、なんとか実行することが出来ました。

〈確認できた水鳥の紹介(一部抜粋)〉

【ハジロカイツブリ】            【カンムリカイツブリ】

魚食性の水鳥で、潜水が得意な種類です。どちらとも中国やイギリスにかけての中部以南から越冬しに飛来します。

 

【キンクロハジロ】             【ホシハジロ】

雑食性の水鳥で、こちらも潜水が得意な種類です。どちらもヨーロッパやシベリア北部から越冬しに飛来します。

【ヤマセミ】

冬鳥ではないですが、魚食性のため調査対象だそうです。大型のカワセミの仲間です。

〈確認できた種類*五十音順〉

アオサギ、オオバン、オカヨシガモ、アヒル、カルガモ、カワウ、カワセミ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キンクロハジロ、ヒドリガモ(前日の観察会で確認)、ホオジロガモ、ホシハジロ、ヤマセミ など

調査の方によると年々数が減少しているそうです。減少の要因がまだ定かではないため、なんとも言えないようですが、調査結果を基に保護・保全活動に役立てられたらと願っています。

ページ先頭へ↑

2019年01月15日南アルプスとユネスコエコパーク

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

みなさんは「ユネスコエコパーク」をご存じでしょうか。「ユネスコ」と言えば、ナマハゲなどの「来訪神」がユネスコ無形文化遺産に登録され話題になりましたね。ユネスコエコパークとは、生態系の保全と持続可能な利活用の調和を目的として、1976年にユネスコが開始したものです。地域の豊かな生態系や生物多様性を保全し、自然に学ぶとともに文化的にも経済、社会的にも持続可能な発展を目指す取り組みです。日本国内には現在、志賀高原や白山など9カ所が登録されています。「南アルプスユネスコエコパーク」は、2014年9月に登録決定されました。

南アルプスユネスコエコパークは山梨県、静岡県、長野県の3県にまたがっており、韮崎市、南アルプス市、北杜市、早川町、飯田市、伊那市、大鹿村、富士見町、静岡市、川根本町の10市町村によって構成されています。

ユネスコエコパークは役割の異なった3つの地域に構成されています。

【移行地域】

棚田(飯田市)

△棚田(飯田市)

 

人が暮らしを営んでいる地域を指し、さまざまな社会活動や持続可能な地域社会の発展を目指す地域です。面積としては最も大きい部分です。写真の他に、大鹿村の大鹿農村歌舞伎や川根本町のカヤックツーリングが挙げられます。

【緩衝地域】

尾白川渓谷(北杜市)  椹池(甘利山・韮崎市)

△尾白川渓谷(北杜市)             △椹池(甘利山・韮崎市)

環境教育、野外活動、調査研究活動や観光、レジャーに利用できる地域です。緩衝地域の中には南アルプス国立公園に指定されているエリアがあります。写真の他に、韮崎市甘利山に咲くレンゲツツジや南アルプス市が行っているユネスコスクールが挙げられます。

【核心地域】

北岳にしか咲かないキタダケソウ  仙丈ヶ岳

△北岳にしか咲かないキタダケソウ        △仙丈ヶ岳

このエリアは主に南アルプス国立公園や大井川源流部原生自然環境保全地域等になります。写真の他に、氷河期の遺存種であるライチョウ、山稜部は氷河地形(カール地形)が多く残されています。

自然環境の他に文化面では、南アルプスの急峻な地形が交流の障壁となり、富士川水系、大井川水系などの流域ごとに伝統的な食文化、民俗芸能など個性的な文化圏が発展し、現在にも受け継がれています。

ユネスコエコパークに登録されてから今年で5周年を迎えます。南アルプスの山岳環境を後世へ残していくためにも、保全していく体制作りや豊かな自然環境を守り伝えていくことが大切ですね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ