ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年07月29日尾瀬を知る

尾瀬国立公園 野原英廣

皆さんこんにちは!

尾瀬国立公園では、8月1日より新企画展示が催されます。

尾瀬地域の核心部、見晴地区にあります見晴休憩所では
昔から尾瀬と関わってきた福島県は檜枝岐村を紹介する
「檜枝岐からみた尾瀬」を。

尾瀬沼に抱かれる場所、尾瀬沼ビジターセンターでは
「尾瀬の植物 そのひかりとかげ」の第二弾が、
見晴地区と尾瀬沼地区それぞれ開催されます。

昔から尾瀬が好きな方
自由研究の課題に困っている方などなど
この機会に尾瀬を歩き、展示を見て、
尾瀬に関する見聞を広めてみてはいかがでしょうか。


見晴休憩所企画展示
【檜枝岐からみた尾瀬】
平成28年8月1日(月)から10月23日(日)まで





第二回 尾瀬沼ビジターセンター企画展
【尾瀬の植物 そのひかりとかげ】
平成28年8月1日(月)から10月31日(月)まで

ページ先頭へ↑

2016年07月27日子どもパークレンジャーin箱根開催しました!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

梅雨もひと段落して、また暑くなってくるようですね。


7月26日(火)に箱根での子どもパークレンジャー

「目指せ火山博士!子どもパークレンジャーin箱根」が開催されました。

■主催:箱根自然環境事務所

■運営:NPO法人ホールアース研究所

■後援:箱根ジオパーク推進協議会

その時の様子を少しお伝えします!

当日は晴天!とはなりませんでしたが、暑くも寒くもないちょうど良い天候、

参加者の皆さんもやる気いっぱいで、早めのスタートとなりました!

どんな内容だったか?というと、

環境省職員(レンジャー)による国立公園やレンジャーの仕事の話を聞いたり


「目指せ火山博士」!ということで、

火山についての話や箱根の大涌谷の映像を見たり

コーラやメントスを使った、軽石、溶岩の仕組みや噴火の実験


野外での自然観察に加え、

他ではなかなか出来ない草木染めならぬ「溶岩染め」も行いました!


模型を使った噴石実験も実施し...

盛りだくさんの内容でしたが、

参加した皆さんは最後までしっかりと楽しんでくれたようです!

特に溶岩染めや噴火実験が楽しかったようですね♪

来年の子どもパークレンジャーや他の自然観察会でも皆様のご参加をお待ちしてお
ります!AR日記や箱根ビジターセンターのホームページを今後もご確認ください!


また、箱根・大涌谷では子どもパークレンジャーが開催された
7月26日から大涌谷園地と箱根ロープウェイ全線の運行が再開されました!

※9時から17時までの間、園地の一部に立入ることができるようになりました。
※大涌谷周辺のハイキングコース及び自然研究路は引続き立入禁止です。


今回の「目指せ火山博士!子どもパークレンジャーin箱根」に参加された皆様も、

これから箱根に訪れる皆様も、最新の情報を確認した上で
再び入れるようになった大涌谷に、ぜひぜひお立ち寄りくださいね!

ページ先頭へ↑

2016年07月27日みんなで楽しく富士登山を

富士箱根伊豆国立公園沼津 橋本 和加子

2016年度富士山夏山登山シーズンが始まって、間もなく7月が終わろうとしています。

夏休みが始まったせいか、富士山では子どもの姿が多く見られるようになりました。

家族みんなで、お父さんと、お母さんと、おじいちゃんおばあちゃんと・・・元気よく飄々と登る子、

疲れてくたくたになりながらも頑張って下る子など様々ですが、

富士山登山が良い想い出となってくれるといいなと思います。

富士宮口元祖七合目で休憩するお子さん連れの登山者(7月25日撮影)

 

そんな富士山で、今年初めて目にした植物があります。

テガタチドリ(ラン科)

 

富士宮口六合目から少し登った登山道脇に咲いていました。

この数年、毎年何度も通っているのですが、初めて気がつきました。(今年初めて咲いたのかもしれません)

 

富士山は標高が高く傾斜が急なため、登山中は苦しいかもしれませんが、無理せずゆっくり登りながら、

時折足を止めて周りを見回してみて下さい。

景色はもちろんのこと、「こんなところにも花が咲いている」と気がつくかもしれません。

イワツメクサ(御殿場口七合九勺下にて)

ページ先頭へ↑

2016年07月21日ライチョウ親子、無事放鳥!

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。

テレビ等の報道でご存知の方も多いと思いますが、南アルプスの北岳では平成27年度から
ライチョウの保護増殖事業*の一環として「ケージ内保護法」という手法を使ってライチョウ
保護を行っています。

 *ライチョウや保護増殖事業について詳細はコチラ

ライチョウは孵化してから約1ヶ月間のヒナの死亡率が約8割と高いことが明らかになって
います。
「ケージ内保護法」は、孵化したばかりのヒナと母鳥をケージで約1ヶ月間保護し、天敵や
寒さから守ってヒナの生存率を上げるというもので、乗鞍岳で試験的に実施され有効性が
確認されている手法です。

南アルプスの白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)周辺で、ライチョウが減少しているという
調査結果を受けて、ライチョウの減少を食い止めようと北岳周辺でこの手法が実施されることに
なりました。

(ケージ内保護法で使用されたケージ。7月19日撮影)


保護されたライチョウ親子は、日中、ケージの外に出されて自由にエサを食べます。この間、
研究者の中村浩志氏をはじめとするスタッフが付きっきりで見守ります!!
しかし、人が見守っていようがいまいが、ヒナがエサを食べている間、母鳥は常に周囲に注意
を払い、誰よりも早く天敵の猛禽類に気が付いてヒナに注意を促すなど、自然界を生きる母鳥
の姿を見せてくれました。
(周囲を警戒する母鳥。7月18日撮影)


そして、ヒナが孵化して約1ヶ月を迎えた7月19日親子を放鳥することになり、私もその現場
に立ち会うことができました。
ただ「放鳥」と言っても、もとの縄張りまでライチョウ自身に歩いて行ってもらうんです。
もとの縄張りまでの道のりは、スタッフがライチョウ親子に付き添って、間違った方へ行かない
ように牧羊犬ならぬ牧雷鳥人(!?)となって誘導しました。

(もとの縄張りに向かう途中、親子で仲良く休憩する場面も...。かわいい。7月19日撮影)



(もとの縄張りに歩いて向かうライチョウ親子。後ろは北岳。7月19日撮影)


上手とは言えないながらも自力で飛べるようになったヒナたちに「天敵に捕まらない
ように元気に生き抜くんだよ!」と声を掛けながら見送りました。

【 開花情報 】
大樺沢二俣付近では、ミヤマハナシノブが満開です!
他にも... クガイソウ、タカネグンナイフウロ、イブキトラノオ、ミソガワソウなどが
咲き乱れています!

八本歯の分岐から北岳山荘への登山道沿い(トラバースルート)では...
タカネビランジ、キンロバイ、ミヤマムラサキ、タカネナデシコ、ミネウスユキソウ、
チシマギキョウ、タカネコウリンカ、イブキジャコウソウ、ヤツガタケタンポポ、
ミヤママンネングサ、ヒメコゴメグサ、タカネシュロソウ、ミヤマミミナグサなど
今回も載せきれないほどたくさんの種類が咲いています!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ