ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年08月23日南アルプス最古の防鹿柵

南アルプス国立公園 大石 佳織

みなさん、こんにちは。

自然保護官事務所のある芦安は、朝晩爽やかな風が吹くようになってきました。
しかし、日中はまだまだ天井(屋上)からジワジワ攻めてくる熱気が(私には)
脅威となっています。みなさん、引き続き熱中症には気をつけましょう。

さて、7月の3連休の話になりますが、南アルプス聖岳の南側に広がる「聖平
(ひじりだいら)」で行われた植生復元活動に行ってきました。
(聖平。小聖岳付近から2014年8月22日に撮影したもの。)

聖平は標高2,300m付近にあり、「平」という名の通りなだらかな場所が広がって
います。この場所では、かつてニッコウキスゲが多く見られたそうです。

しかし、1990年頃から南アルプス稜線部にニホンジカが現れるようになると
採食などの影響でニッコウキスゲが姿を消し、ニホンジカが好まないキオンや
ノガリヤスの仲間などの植物が増加し、景観が変化しました。
(かつてお花畑だった聖平。今は... 7月16日撮影)

この変化に危機感を抱いた南アルプスの自然保護に関わる人たち(後の南アルプス
高山植物保護ボランティアネットワーク)や自治体(静岡県)が、高山植物の分布や
ニホンジカの影響を調査し、2002(平成14)年に南アルプスで最初の防鹿柵を設置
しました。

設置から15年が経過した今、ニッコウキスゲをはじめ、さまざまな植物が防鹿柵 の
中で花をつけています!
(南アルプス最古の防鹿柵内の様子。黄色い花がニッコウキスゲ。
 奥に見えるのは防鹿柵修繕作業中の皆さん。 7月16日撮影)

現在、聖平には通年設置の防鹿柵が5基、小型の防鹿柵(植物を株単位で守るもの)が
20基設置されており、毎年実施されている植生復元活動では、防鹿柵の修繕や裸地化
した斜面への伏工(土壌流出防止用)などが実施されています。

*資材の工夫
現地での作業を担っている南アルプス高山植物保護ボランティアネットワークは、資材を
通じて南アルプスに他地域の生物を持ち込んでしまうことを予防するため、使用する資材
に工夫を凝らしています。
土壌流出防止に使用する繊維マットは高温滅菌処理をし、細菌や種子を除去したものを使用
しています。また、土留め工などで使う木材は南アルプス山麓域(井川)産を使用しています。

山岳で使用する資材には様々な制約がかかるため、全ての現場、全ての資材について、滅菌
処理したものや地元産のもので賄うのは困難です。しかし、南アルプスの自然のために
「目に見えない部分の努力や工夫」を追求する姿勢には頭が下がります。
山への深い理解と行動力のある多くの方によって南アルプスは支えられています。

ページ先頭へ↑

2016年08月22日8月23日の漂着殺鼠剤の見回り・回収作業について

小笠原国立公園 田谷以生

皆さんこんにちは。

台風9号は日曜日のお昼ごろに小笠原を通り過ぎましたが、

本州は猛烈な雨や風のようで被害が心配ですね。

殺鼠剤の散布作業は8/19で終了しましたが、

本日、漁船による漂着殺鼠剤の見回り・回収作業を兄島周辺で実施しました。

明日(8/23)で漁船による漂着殺鼠剤の見回り・回収作業も終了予定です。

----------------------

※海岸への上陸及び海上の利用に制限はありません。

----------------------
住民の皆様、観光等で来島中の方々にはご迷惑をおかけしましたが、

お陰様で、予定されていた散布を終えることが出来ました。

皆様には多大な御協力を頂き、厚く御礼申し上げます。

今回のお知らせをもちまして、殺鼠剤空中散布についての情報更新も終了致しますが、

9月14日に村民の皆様を対象にした終了報告会を小笠原ビジターセンターで開催予定です。

ページ先頭へ↑

2016年08月22日いつもの装備に+αで安心・安全登山を!

富士箱根伊豆国立公園富士五湖 小西 美緒

富士登山シーズンも残り約3週間となりました。
秋の花が咲き始め、秋の気配を感じるようになりました。


今後、富士登山を計画されている方もまだまだ多いかと思います。

登山を成功させるために装備はとても重要です。


活火山でもある富士山では安全な登山のために「+αの装備の携行 」を推奨しています!
「+α」とは・・・・?


富士山は活火山です

ここ数年、口永良部島や箱根の大涌谷など日本国内で火山活動が活発になっている箇所が
いくつかありますね。一昨年の御嶽山での噴火による大きな被害も記憶に新しいところです。


みなさん御存知の通り、富士山も活火山です。宝永の大噴火(1707年)を最後に
その後大きな活動はありませんが、300年以上が経過し可能性からすると
いつ噴火してもおかしくないのが現状です。


装備は万全に!

万が一に備えて、昨シーズンより自治体や、お土産店、各山小屋などでヘルメットの配備を
進めていますが、スペース等の問題もあり絶対数は足りていません。

そのため、富士山を登る際にはヘルメット・ゴーグル・防塵マスクの持参を登山者にお願いしています。

これらの装備は噴火時だけでなく、通常の登山の際にも有効ですので、ぜひ今までの登山装備に
プラスして携行をお願いします!

ヘルメット:転倒や落石の際にも頭を守ってくれます。
ゴーグル・防塵マスク:砂が目や口に侵入するのを防いでくれます(特に下山時)

 ※メガネを着用されている方は、メガネの上から装着できるゴーグルも販売されています。
 ※防塵マスクはきっちりと隙間なく装着することが重要のようです。



山小屋に配備されたヘルメット



全て装着するとこんな感じです

実際に先日、台風後のまだ強風が残っていて、風による落石の可能性もある中、
常に斜面を気にしながパトロールを実施しましたが、ヘルメットをしていることで
安心感がありました。


初めて身に着ける際は、装着順序や方法を間違えたりして、意外と装着に
時間がかかるかもしれません。登山前に忘れずに試してみましょう!



山梨県富士山レンジャーによる「ヘルメット等携行PRビデオ(YouTube 3分40秒)」


「正しく恐れる」

ただし、必要以上に心配することもないと思います。日本は火山大国です。
一人一人が火山のメカニズムや個々の山について、日頃から正しい知識を学び情報を
入手することが大切なのではないかと思います。


その上で「正しく恐れ」、準備を万全にした上で、自然と向き合っていきたいですね。

今、私たちが楽しんでいる富士山の美しさも火山として活動した結果作り出されたものです。


また、事前に学ぶことで、登山道を構成している溶岩のひとつひとつが富士山の火山としての
歴史を物語っていること、山頂の火口のダイナミックさなど、登山を違った側面から
楽しむこともできるのではないかと思います。

ページ先頭へ↑

2016年08月20日殺鼠剤散布の終了のお知らせと今後の予定

小笠原国立公園 沼田 伸一

皆さんこんにちは。

本日は兄島の二俣岬から吐出鼻までの西側海岸沿いでドローンによる散布を行いました。
これにより、殺鼠剤空中散布作業が全て終了となりました。


8月21日は、悪天候が予想されるため、殺鼠剤散布関連の作業は有りません。
8月22日には、海況次第で漂着殺鼠剤の見回り・回収の船が出る可能性があります。
また、ヘリコプターによる確認飛行の可能性があります。


住民の皆様、観光等で来島中の方々にはご迷惑をおかけしますが、
ご理解、ご協力の程よろしくお願いします。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ