ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2019年05月17日早く帰ってきてよー!

佐渡 菅野萌

皆さま初めまして。

4月1日より佐渡自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーに着任しました菅野萌です。

魅力いっぱいの佐渡やトキの事などを発信していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

今、佐渡ではトキたちの繁殖期真っ只中です。

今年も無事に野生下のトキのペアからヒナが誕生しました。

滞巣する親鳥とヒナ1羽(2019年5月8日撮影)

(巣内の親とヒナ:5月8日撮影 

※横枝のすぐ下に親鳥の顔があります。中央の白っぽいかたまりがヒナです。)

佐渡自然保護官事務所では、アクティブ・レンジャーの業務として野生下のトキのモニタリング調査を行っており、地域のボランティアさんなどと協力してトキの行動を観察します。

今は繁殖期なので、トキが巣で卵を抱いているかどうか、ヒナがいるかどうかなどを調査して回っています。

トキはオスとメスとで交代しながら卵を温めるので、通常はどちらかが巣にいるはずなのです。

抱卵交代するペア

(抱卵を交代するペア:4月24日撮影)

「今日もきちんと卵を抱いているな」と、遠くから観察していると、時々そのトキが大きな声で「タアーオ!!」と鳴くときがあります。

どうやら、なかなか自分のつがい相手が帰ってきてくれないようなのです。

いくらお腹が空いていても、大事な卵があるのでつがい相手が帰ってきてくれるまで巣を離れるわけにはいきません。

「どこ行っているのよ-!早く帰ってきてよ-!!」と呼びかけているのでしょうか。

抱卵は空腹との闘いなのかもしれませんね。

トキの子育てシーズンはまだまだ続きます。

この先も無事に野生下のヒナが孵ってくれることを願うばかりです。

ページ先頭へ↑

2019年05月16日「奥日光に春を告げる」アカヤシオ

日光国立公園 村田麻理沙

みなさん、初めまして。

4月1日より日光国立公園管理事務所にアクティブ・レンジャーとして着任しました、村田と申します。

日光に来てから1か月半、日々季節の移り変わりを感じています。

着任したばかりの頃は、奥日光ではまだ20cm以上の積雪があり、冬化粧した山々を背景に静寂の森を巡視していましたが、奥日光にも春到来しています!

先週、明智平展望台駅(標高1395m)から茶ノ木平・明智平分岐(標高1616m)を経て、細尾峠(標高1193m)に向かうルートで巡視してきました。

明智平展望台に行ったことがある方はご存知かと思いますが、男体山、中禅寺湖、華厳の滝、白雲の滝を一望できる人気の展望ポイントとなっています。

出発前は少し見頃には遅いかなと思いましたが、十分、日本百名山の一つである男体山(標高2486m)を背景に、「奥日光に春を告げる」ツツジ科のアカヤシオの花々を観察することができました。ピンク色は薄いものから濃いものがあり、一様でないところが綺麗だなと感じました。


              【アカヤシオ】

アカヤシオの花が春を告げてくれていましたが、落葉樹の樹木はまだ展葉(葉が開いて展開すること)していないものも多く、新緑の季節はまだ少し先のようです。ですが、日本の針葉樹のうち唯一の落葉樹であるカラマツは元気に芽吹きはじめていました!私はまだ日光では、落葉したカラマツしか見ていなかったので、一気に春を感じました。

            【カラマツの芽吹き】

そして、私は、枯れ木や倒木にも目がとまり、特に写真にある立ち枯れ木は枯れてしまってもなお、生命力を感じました。枯れてしまった原因は、シカが樹皮を食害したことによるものや病気等、様々であると想定されますが、枯れ木や倒木も生態系では重要な役割を果たしています。キツツキ類の餌場となったり、倒木によってギャップができ、新しい樹種が生育できる環境になったりするので、枯れ木や倒木も自然の一部です。

ですが、枯れ枝が落下してきたりして危険ですので、みなさんはくれぐれも、近づきすぎないようにしてください。

                【枯れ木】

耳を澄ますと、ウグイス、ホトトギス、ツツドリ、ヒガラのさえずりが聞こえ、地面をみると、シカの糞やシカの食痕(ミヤコザサや樹皮)があります。双眼鏡等がなくても、野生動植物の生育、生息を感じとることができますので、みなさんもぜひ、いろいろな視点で山を歩いてみてください。

            【シカの食痕-モミ】

           【シカの食痕ーミヤコザサ】      

ページ先頭へ↑

2019年05月15日イベント開催のお知らせ!「アクティブ・レンジャー写真展」「黒船祭」

富士箱根伊豆国立公園 下田 齊田滉大

はじめまして。

今年度より下田管理官事務所にアクティブ・レンジャーとして着任しました齋田滉大です。

伊豆と同じく半島の千葉県に生まれ、落花生に囲まれて育ちました。

生物と自然が大好きで、特に地上徘徊性甲虫には目がありません。

伊豆半島の自然や文化についてはまだまだ勉強中ですが、移住者としてのフレッシュな目線で四季折々の魅力的な情報を発信できればと思います。

さて、今回は下田で開催中(予定)のイベント2つを紹介します。

■環境省 アクティブ・レンジャー写真展 ―国立公園・野生生物の姿―

5月10日(金)から5月19日(日)まで、旧澤村邸ギャラリーにて開催中です。

本写真展では、九十浜や恵比寿島等の地元の景勝をはじめ、佐渡のトキや尾瀬の至仏山等、関東地方環境事務所管内における国立公園の美しい自然や野生生物の写真28点を展示しています。

また、「愛鳥週間」にちなみ、日本野鳥の会南伊豆さん主催の「南豆の野鳥写真展」を同時開催しています。

身近な野鳥をはじめ、普段はなかなか見られない希少な種まで、地元で撮影された美しい野鳥の写真50点を展示しています。

写真の他に巣の展示や野鳥の会会員の方の解説等があり、生き物好きにはもってこいです!

さらに、会場の旧澤村邸は「なまこ壁」や「伊豆石」という下田の特徴的な建築様式を用いた風情ある建物で、「下田まち遺産」にも登録されています。写真展の会場となるギャラリー以外も無料で公開されていますので、こちらも是非ご見学下さい。

「環境省 アクティブ・レンジャー写真展 ―国立公園・野生生物の姿―」

開催期間:2019年5月10日から5月19日(※5月15日を除く)

開催場所:旧澤村邸ギャラリー

      静岡県下田市三丁目16-10(ペリーロード終点)

■第80回 黒船祭

5月17日(金)から5月19日(日)まで、下田市各所にて開催予定です。

黒船祭は、下田開港につくした内外の先賢の偉業を称え、併せて世界平和と国際親善に寄与するため、昭和9年(1934年)に始まりました。

記念式典や墓前祭が厳かに行われる一方で、町内や海辺の会場ではわいわいがやがや活気にあふれたイベントが目白押しです!

下田管理官事務所も5月18日から5月19日の2日間、開国市にて環境省のブースを出展させて頂きます。

国立公園やプラスチックスマートに関するパネルを多数展示予定ですので乞うご期待下さい。

また、18日の11時15分から11時30分まで、開国市会場のステージイベントにも中田管理官とともに出演します!

http://www.shimoda-city.info/event/kurofune.html

「第80回 黒船祭」

開催期間:2019年5月17日から5月19日

開催場所:下田市内各所

アクティブ・レンジャー写真展と黒船祭のブースは距離も近い(徒歩5分です!)ので、是非併せてお楽しみ頂ければと思います!

ページ先頭へ↑

2019年05月15日那須嶽神社開山祭が行われました

日光国立公園 菅野敬雅

はじめまして。

この度、日光国立公園 那須管理官事務所のアクティブ・レンジャーに着任しました菅野です。

今回は先日行われた那須嶽神社開山祭の様子についてお知らせします。

那須連山の登山シーズン開幕を告げる那須嶽神社開山祭が58日、茶臼岳山頂(1915m)で行われました。

300名の参列者は那須ロープウェイ山頂駅(1690m)を出発し、開山祭が行われる茶臼岳山頂を目指しました。

▲茶臼岳は快晴に恵まれました!

▲登山道では那須アルプホルンクラブが登山者をお出迎え

快晴で風も比較的穏やかな天候の中、山頂の那須嶽神社のほこらの前で山の安全を祈願しました。

私個人としても、アクティブ・レンジャーの業務である那須連山の巡視を注意深く行い、登山者の安全を確保していかねばならないと、改めて気を引き締めました。

▲山頂のほこらの前での那須湯泉神社の宮司による神事の様子

▲無限地獄付近など一部で雪が残っている所も(写真左下)

開山祭の後に実施した茶臼岳周回線の巡視では、一部積雪が残っている箇所もありました。

現在は雪解けも進んでいますが、茶臼岳周辺を登山される際はお気を付けくださいね。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ