ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年05月06日【小笠原】希少植物シマホザキランの巡視

小笠原国立公園 伊藤竜啓

みなさまはじめまして!

伊藤竜啓(いとうたつよし)と申します!

アクティブ・レンジャーとしての初仕事、その一端をお伝えします!

この日は父島林内の奥地に生息している、シマホザキランの巡視を実施しました!

このシマホザキラン、野生下の個体は極めて数が限られており、

環境省が把握している数株を私達が見守っております!

△こちらが希少なシマホザキランの花です!奥ゆかしいですね!(花期:9月頃)

「見守る」と上述しましたが、その実態はもう少し大変です!

本来シマホザキランは沢の近くなど水気のある環境を好むのではないかとされていますが、

この生息地はあまり生育に適していないのか、雨が少ない日が続くと開花などに影響が出てしまいます!

そのために現状では適時人間の手で水分を与えることが必要とされているので、

降水量が少ないときにはアクティブ・レンジャーが雨を降らせに行きます!

△10リットルの水を汲んで山を歩きます!大変ですね!

△ネズミ一匹通さない食害防止柵で保護しています!頼もしいですね!

このような手厚いサポートを必要に応じて行いながら、

定期的にシマホザキラン本体に異常がないかを確認しています!

△こちらが今回確認したシマホザキランの葉です!調子が良くなさそうに見えますね...

これは一昨年の大型台風によって林冠が開けたことによる日の当たりすぎが原因と考えられたため、

日除けを設置することで対応しました!

△日除けを設置しています!世話が焼けますね!

上記のように繊細で手のかかる可愛いシマホザキランですが、

ここまで数が減ってしまった主な理由として、降水量の減少といった環境変化や、

表土流出による根茎露出の他、人為的に行われた盗掘の影響も大きいと考えられています!

これを食い止めシマホザキランの繁栄を手助けすることが我々の役目というわけですね!

以上、小笠原で初の仕事相手はシマホザキランでした!

他にも助けを必要としている希少種は沢山おりますので、これからも頑張ります!

ページ先頭へ↑

2021年04月30日ぽかぽか陽気の広河原へ

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

4月22日に広河原へ巡視に行ってきました。昨年は広河原山荘のテント場が雪で覆われ、山々も白く¨まだまだ雪がたくさんある!!¨とはしゃぎましたが、今年は・・・

・・雪が少ない。写っている山は栗沢山とアサヨ峰方面です。同じ時期なのに、沢筋や稜線の雪の量が全く違います。今年の写真には広河原山荘のテント場のようすが含まれていませんが、ご察知の通り、全く雪はありませんでした。

広河原で私が楽しみにしているのが、北岳を眺望することです。まだ展葉していないため、もの寂しさを感じますが、もう少しすると木々が青々し始め、鮮やかな新緑が見られます♪

積雪が少ないといえど、日本第2位の高峰の北岳はまだまだ白いですね。左側にある一面真っ白のところは北岳のメジャールートになっている大樺沢です。北岳の中でも1番最後まで積雪が残る場所で、開山後しばらくは雪渓を楽しむことができます。

昨年はコロナウイルスの影響により、広河原までの交通機関が運休、山小屋が休業。北岳に関しては登山道が通行禁止になり、登ることすらできませんでしたが、今年は感染防止対策を行いながら、開山する予定です。また、南アルプス市営の山小屋である「北岳山荘」、「白根御池小屋」、「広河原山荘」、「長衛小屋」が完全予約制となり、ウェブ上で宿泊の予約システムを導入しました。上記4箇所の山小屋の利用を計画されている方はぜひご一読ください。

■「南アルプス市営の山小屋」完全予約制の導入について

https://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/docs/9789.html

広河原巡視中、ステキな景色を見ることができました。

なんのへんてつもないただの飛行機雲、と言われるとそうなのですが・・・自然や山は全く同じ景色はないと思っています。昨年の新緑や紅葉、この前の虹、昨日の夕焼け、今日の空。自然との出会いはまさに一期一会です。新型コロナウイルスによる影響は落ち着つくようすがまだ見えず、これまでのように強く¨ぜひ来てください!¨とお伝えしづらいことが残念です。みなさんが気兼ねなく南アルプスに来られる日が早く来ますように!

ページ先頭へ↑

2021年04月29日【お知らせ】バーチャル写真展

秩父多摩甲斐国立公園 小林真弥美

みなさん、お久しぶりです。

奥多摩自然保護官事務所の小林です。

令和2年度のアクティブ・レンジャー写真展について、

本来なら3月に奥多摩ビジターセンターで開催する予定だったのですが、

新型コロナウイルスの影響により、ビジターセンターの閉館が続いたため、

ずっと開催できずにいました。

で!す!が!

場所を変えて、やっと開催できることになりました!!

場所は埼玉県にある、三峰ビジターセンター内で開催します!

三峰神社のすぐそばにあります。

さらに、昨年の冬に新宿御苑で行った、

「秩父多摩甲斐国立公園70周年記念写真展」の写真も同時に展示しちゃいます!!

さてさて!

秩父にも新宿にも遠くて行けない、、外出自粛要請で県外へ出られない、、という方!

最終兵器をご用意致しました。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

https://youtu.be/Kk0EXrcWT80

データ通信量が増えますが、是非画質設定を720pか1080pにして見て下さい!

※パソコンで見ると、画像がスムーズに再生されない場合があるので、スマートフォン等で見ることを

オススメします。

奥多摩ビジターセンターのYoutubeチャンネルをお借りして、

「バーチャル写真展」を開催中です。

本当は実際の写真をじっくり見て頂きたいですが、小さい画面でも想いは伝えられる!

アクティブレンジャーが残したい自然、伝えたい魅力を、写真で伝えております。

お気に入りの写真をスクリーンショットして待ち受けにしてはどうでしょうか?

それでは会場、画面、それぞれでお楽しみ下さい。

ページ先頭へ↑

2021年04月28日2021年も野生下のトキのヒナ誕生!

佐渡 近藤陽子

皆様、こんにちは。

佐渡自然保護官事務所の近藤です。

佐渡では、田植え前の水田に水が張られ、水鏡に写る大佐渡山地が大変美しい季節になりました。

4月26日(月)、野生下のトキたちからヒナが誕生していることが分かりました。

<ヒナに餌を与える親鳥 2021/4/26撮影>

私たち佐渡のアクティブ・レンジャーはトキの子育てに影響のない離れた場所から観察を行っています。

具体的には、トキの巣がある林の外から、葉と葉の隙間をぬって覗くようにして巣とヒナの様子を確認します。

<木々の隙間から見えるトキとトキの巣 2021/4/26撮影>

巣は浅いお椀状に中央がくぼんでいるため、ヒナがいてもなかなか見えません。

親鳥がヒナに餌を与えようとすると、ヒナがくびを伸ばして親鳥に近付きます。そのときに初めて巣からヒナの頭が見えます。

<ヒナに餌を与える親鳥 2021/4/26撮影>

今季最初のヒナ誕生を確認したペアは、飼育繁殖で増やして放鳥したトキではなく、佐渡の自然界で誕生した野生のトキたちでした。

佐渡には、トキの餌場となる生きもの豊富な水田、ねぐらや営巣場所となる林が存在します。こうした佐渡の里山環境がトキをはぐくみ、トキの命をつないでいます。

今後の他のペアのふ化も期待しつつ観察を続けます。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ