ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2020年09月18日北岳へ巡視に行ってきました

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

先日、北岳を白根御池小屋経由で巡視しました。今年の北岳は登山道が閉鎖されているため、登山者の姿はなく、静かな巡視になりました。今回は巡視中に確認できたニホンジカの被害などについてお伝えしようと思います。

白根御池小屋付近では例年、ニホンジカの足跡がよく見られますが、今回も確認してしまいました。今年は登山者がいないため、人間の足跡はなく、ニホンジカの足跡だけが目立ちました。また、白根御池小屋から草すべりに向かう登山道では、不嗜好植物がたくさん!

マルバタケブキやミヤマバイケイソウの花期が終わっているため、若干枯れているものが多いですが、この時期に咲く秋のお花が全くと言っていいほど咲いていませんでした。マルバタケブキやミヤマバイケイソウがない写真手前は地面が見えてしまっている部分もあります。・・・ニホンジカの踏圧でしょうか。

草すべりを登っていくと、防鹿柵が設置されています。北岳へ登ったことがある方は見たことがあるかと思います。設置されている防鹿柵の中にはウメバチソウやトリカブトなどの高山植物が咲いていました。高山植物が咲く防鹿柵の際にあった植物が・・・

見事に食べられてしまっています!!防鹿柵の中に先端が入り込んでいるものの、しっかり食べられてしまっていますね。このような光景を見ると、悲しくなります。

ニホンジカは標高2,700m付近までで止まることなく、標高3,000mでも足跡が確認できました。

同じ個体が何度も移動している可能性もあり得るので、一概にたくさんのニホンジカが生息しているとは言いがたいですが、足跡は1つや2つ、ではなく、たくさんの足跡ありました。巡視中にニホンジカの姿を見ることはなかったですが、ニホンジカの痕跡は多く見られました。

環境省のほかにも、ニホンジカ対策に取り組んでいる機関があります。ニホンジカによる被害が少なくなって、いつかお花畑が、いつか防鹿柵がなくても高山植物が咲き乱れる南アルプスに戻って欲しいと思います。

見られたのはニホンジカによる食害だけではありません。

強風とガスを抜けた後にこんなステキなご褒美がありました・・・♪全く同じ風景はもう見ることができないと思います。自然とは一期一会の関係ですね。

ページ先頭へ↑

2020年09月11日#秩父多摩甲斐国立公園 70周年記念 第5弾!!

秩父多摩甲斐国立公園 小林真弥美

みなさん、こんにちは。

奥多摩自然保護官事務所の小林です。

ついに70周年記念シリーズの日記も、今回でおしまいです。

と思いきや!

次回、番外編も書いちゃいます!

それはさておき、第4弾までで秩父多摩甲斐国立公園のことはかなりお分かり頂けたんじゃないでしょうか??

でもまだ知らないこと、ありますよね?

「暮らし」「文化」の話をまだしていません。

文化といえば漫画も文化ですよね?

■アニメの舞台に?!

(出典元:秩父市提供)

秩父多摩甲斐国立公園の約1/4を占める、埼玉県秩父市は、

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

「心が叫びたがってるんだ。」

「空の青さを知る人よ」

というアニメの舞台となっており、秩父市の情緒ある風景がまるごと描かれています!

公園内の場所でいうと、三峯神社(下写真)が「空の青さを知る人よ」の中に登場していますね。

###いきなりクイズ###

Q. 三峯神社は普通なら狛犬のところが、ある動物になっていますが、それはなんでしょう。

1. オオカミ   2. カモシカ    3. イノシシ

=ヒント=

この動物は奥秩父のシンボル的存在で、山犬とも呼ばれます。

公園内には御眷属(ごけんぞく)信仰が各地でみられ、三峯神社ではオオカミが神の使者として、火除盗賊除等の御利益あるとされています。

※御眷属・・・神の使者のことで、神にまつわる動物を意味することが多いそうです。

・・・さらっと答えを言ってしまいました。

正解は1の「オオカミ」でした!余裕でしたか?

さて、話を戻して、、

それぞれのアニメの聖地巡礼マップが、各所に置いてあるそうなので

見たことが無い人も、アニメを見てから秩父市を巡ると楽しさ倍増します!!

自然の景観だけでなく、人が暮らしている風景も是非見に来て下さい。

さらに!

夏といえば神社に行くあのイベント・・

「ささら獅子舞」(出典元:左/丹波山村HP、右/甲武信ユネスコエコパークHPより)

(今年は残念ながら中止)

山梨県丹波山村に約350年前、1669年からあるとされる伝統文化です。

山梨県で唯一、県の無形民俗文化財に指定され、五穀豊穣・子孫繁栄などを願ったものだそうです。

花笠役が四方に立ち、その中で大夫・小大夫・獅子が舞うもので、子ども達が踊ることもあります。

奥多摩エリアでは、その地区ごとに獅子舞があり、少なくとも20箇所以上で行われています。

それぞれ少しずつ衣装や舞い方が違うようで、何年にどこから伝わったのか、はっきりは分かっていないそうです。

それでも人がつなぐ、伝統ある祭りが国立公園内で続いているというのは趣がありますよね。

###小林の祭りメモ###

≫ささら獅子舞で響く笛の音は、楽譜が無いらしい?!

 聞いた話によると、一部では親から子へ口頭で曲が伝えられ、

 「ピーヒャロ リーのやつ」、という風に本番でも口合わせで行われているそうです。

 神業ですよね。

≫祇園祭に京都市民は行かない!?

 私の地元、京都府で三大祭(祇園祭・時代祭・葵祭)の一つとして良く知られている祇園祭ですが、

 開催地の道路は鉾巡行のために封鎖され、人混みわっしょいになっているので、地元の人は外に出ません。

 私も人生で2回しか行ったことがありません。

それに比べ、この奥多摩地域で行われている獅子舞は、それぞれの土地で地元の人のために地元の人によって継承されていて、変わらないものを変わらず愛する伝統が素晴らしいですね。

そんなささら獅子舞、

「甲武信ユネスコエコパーク」のみどころともなっています。

はて、ユネスコエコパークとは?

と思った方にご説明。

ユネスコエコパークのコンセプトは国立公園と似ていて、「生態系の保全と持続可能な利活用」が目的です。

パーク内を3つの区域

「核心地域」:動植物が多数生育できて、法的に保護されている地域

「緩衝地域」:学術的研究・教育や研修・次世代への人材育成が行われている地域

「移行地域」:生活の場であり、自然と共生する持続可能な地域社会発展のためのモデル地域

に分けていて、それぞれに目的があります。

(出典:甲武信ユネスコエコパーク 推進協議会提供)

甲武信ユネスコエコパークは、秩父多摩甲斐国立公園を広げたような形となっており、上図の青枠内が国立公園です。

核心・緩衝地域は全て国立公園であることから、この枠内は国立公園の法的根拠となっている、自然公園法で守られています。

Q. 国立公園とユネスコエコパークが重なって存在している意味とは?

A. もともと、2013年に持続可能な社会を研究し、環境問題の解決を目的として山梨県で活動する団体の、「秩父多摩甲斐国立公園をユネスコエコパークへ登録しよう!」という推進運動が始まりでした。

つまり、重なっていて当然なのです。

国立公園は環境省大臣が指定し、ユネスコエコパークはユネスコMAB計画国際調整理事会が登録するので、これらには日本基準か国際基準かという違いがあります。

国内で認められ守られている国立公園という価値を、世界に向けて発信しようという目的があったと考えられます。

###さいごに###

秩父多摩甲斐国立公園が国立公園に指定されて、70年が経ちました。

名称の変更があったり、植生や分布の変化も起こりました。

しかし、ここで確かに育まれてきた命や想いもあるはずです。

色んな表情の山が連なり、その山ごとに植物や鳥の鳴き声の変化を楽しむことができます。

美しい渓谷も多く、その綺麗な水の中で遊ぶこともできます。

壮大な自然の中で遊べる、そんな場所が残されている、

それが秩父多摩甲斐国立公園です。

秩父多摩甲斐国立公園が、みなさんの"自然"を考える場所になるように

一緒につくり続けていきましょう。

ページ先頭へ↑

2020年09月10日#秩父多摩甲斐国立公園 70周年記念 第4弾!!

秩父多摩甲斐国立公園 小林真弥美

みなさん、こんにちは。

奥多摩自然保護官事務所の小林です。

【お知らせ】

#秩父多摩甲斐国立公園 70周年記念シリーズは第4弾(今回)までを、予定していましたが、

4回では魅力を伝えきれなくなったため、

次週、あと1回(第5弾)を追加してお届け致します!

さて、今回は

「遊び方教えます」

の回ですよー!

の前に、、

Q. この子犬は何犬のこいぬでしょうか?

A. 川上犬の子犬でした(スピード解答)

(出典元:子犬、成犬ともに川上村HPより)

秩父多摩甲斐国立公園内にある市町村で、唯一長野県の、川上村に伝わる「川上犬」です!

長野県の天然記念物にも指定されています。

額が広めで、おでこに縦線が入っているのが特徴です。

もとはカモシカ狩りに使われており、カモシカが生息する崖でも対応できるように、ヤマイヌ(ニホンオオカミ)と交配されたという話が残されているそうです。

川上村役場の隣にある建物では、川上犬保存会に飼育されている川上犬たちが見られます!

私も会いに行きましたが、けっこう気性が激しめでした。でもやっぱり犬はかわいい。

話を戻しまして!!

秩父多摩甲斐国立公園はどんなイメージがありますか?

恐らく「山」のイメージがかなり強いと思います。

航空写真で見ても、ほとんど山です。

実際に、登山やハイキング、動植物の観察を楽しみに来られる方が多く、私も山の風景をメインに紹介してきたと思います。

で!す!が!

秩父多摩甲斐国立公園は荒川、多摩川、笛吹川、千曲川の源流部にもなる

森と水の国立公園です。

渓谷・滝・沢・ダム湖と、水のあり方が豊富ゆえに、水辺の遊び方も色々あるんです!

夏といえば?水遊びですよね!(私だけ?)

水遊びといえば

ラフティングにカヌー、SUP、キャニオニング、沢登り、タイヤチューブ川下り(後ほど紹介)・・・

その中で、秩父多摩甲斐国立公園の地形を生かした遊びを3つ!お教えします!

[1]ラフティング

 (レンジャー自らラフティング体験@多摩川)

秩父多摩甲斐国立公園内では、多摩川(奥多摩)でラフティングが行われています。

その理由は奥多摩の渓谷の地質が関係しているんです!

■ラフティングに適している川要素←(多摩川の特徴)

・川幅が狭い

 ← 泥や砂が固まった地層(堆積岩)の中に硬い岩が挟まれており、谷がV字に深く刻まれている。

・水量が多い

 ← 雨量がそれなりにあり、それを蓄えて水を生み出す森がきちんと機能している。

・複雑な水流

 ← 奥多摩町内だけで高度差が1700mもあり、それがそのまま関東平野に流れ込む。

 はるか昔に海底に積もった地層が、勢いある水の浸食と岩の硬さの違いにより複雑な地形を作り出している。

どうでしょうか、びっくりするほど多摩川はラフティングにぴったりですね!

@エピソード

私もオーストラリアのタリー川で体験したことがありますが、多摩川の3倍くらいの水量と激流の中、川にもみくちゃにされて、とてつもなく楽しかったです。

奥多摩を拠点にラフティングを行っている業者の方達が、奥多摩の河原掃除をされていたりして、私はそれが自然に対しても地元の土地に対しても恩返しをされているように感じて、みんながそのような心をもって、自然と触れ合えられれば国立公園の未来は明るいと思いました。

[2]沢登り

シダクラ沢@奥多摩町(出典元:奥多摩ビジターセンター職員の方提供)

奥秩父の山塊は、雲取山から瑞籬山までおよそ35km ながーーく東西に続いていますが、お笑いのセンスのように、地質が東西で違うんです。

東側(奥多摩方面):山が深くて水量も多く、石灰岩が各所に岩脈となっている

西側(金峰山方面):花崗岩類の深成岩の分布が見られ、一枚岩で構成される沢が多い

東西どっちもの沢に行くと、しがみつく岩・水の深さの違いを、全身で感じられます。

@エピソード

私も屋久島で沢登りをしたことがあるのですが、ズボンのポケットに携帯を入れたまま川にザブン・・したので水没しました。

でもそんな悲しい思い出に負けないくらい、泳いだり飛び込んだりよじ登ったり、、沢登りは楽しい思い出になりました。

3つ目は少しユニークな遊び方!

[3]タイヤチューブ川下り

(出典元:東京裏山ベースHPより)

このエコツアーは「渓流どんぶらこ」という名前のエコツアーです。

一人一つずつ(今では貴重な)トラックのチューブに乗り、東京都檜原村の秋川渓谷の中を大自然に包まれながらゆらゆらザバーン!と流れていきます。

50年前くらいまでは村の子ども達おなじみの遊びだったものを、

地元の方のお話をもとに再現したそうです。

秋川渓谷を流れる秋川は、多摩川の支流ですが、1番目に紹介したラフティングを行っている多摩川は、この秋川と合流する前の場所です。

地質は多摩川流域と同じですが、多摩川と違って上流にダムが無いので、水量は少なめですが水がきれいなので、より自然に見とれながら楽しめると思います。

###さいごに###

雨が樹木をつたい、コケが潤い蓄え、根が土を支えてその土が水を運ぶ、

この大地の営みが作り上げた渓谷で、自然とその歴史を全身で体感できるアクティビティを、是非体験しに来て下さい!

夏が終わってしまう前に!

ページ先頭へ↑

2020年09月08日仙丈ヶ岳のニホンジカによる被害

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

8月下旬に仙丈ヶ岳にニホンジカの食害状況確認と環境省事業で設置している防鹿柵の確認に行ってきました。

登山道に入ってすぐ、さっそくニホンジカの痕跡を見つけました。

若干、写真がブレていますが、ニホンジカの糞です。周辺にもぽつぽつと落ちており、このあたりを生活圏として利用している様子が伺えました。

仙丈ヶ岳は、「花の仙丈」と呼ばれ、シナノキンバイが群落を形成し、斜面を彩っていましたが、ニホンジカの食害が見られるようになってからはご覧の通り。


植物は生育しているものの、不嗜好植物(ニホンジカが好まない植物)であるマルバタケブキが咲いていて、場所によっては綺麗に整備された芝生のようになっています。「花の仙丈」とはほど遠い状況になってしまっています。

1日目は糞や食害、樹皮剥ぎなどが見られる中、肝心のニホンジカの姿を確認できないままでしたが、2日目に仙丈ヶ岳を代表するカール(圏谷)の1つ、小仙丈カールでニホンジカを見つけました。


どこにいるでしょう。クリックすると画像が多少、大きくなるので探してみてください。

見つけられましたか?

3頭のニホンジカがいます。見つけたときは下草を食べていましたが、こちらに気づいたようでこのあと樹林の中に逃げていきました。私はカールの中にいるニホンジカを見たのは初めてだったので、衝撃的でした。登山者の利用や山小屋関係者の常駐がない今年は、ニホンジカにとっては楽園になっているようです。

仙丈ヶ岳には環境省事業で、5基の防鹿柵を設置しています。防鹿柵の効果は一目瞭然です。

植物の高さや種類が全く違います。防鹿柵の中にはオヤマリンドウやウサギギク、ハクサンフウロ、ミヤマバイケイソウなどが咲いていました。環境省以外にも林野庁や信州大学、長野県、伊那市等の11機関で構成されている南アルプス食害対策協議会が設置している防鹿柵もあります。時間がかかっても、いつの日か、以前のような「花の仙丈」に戻ってくれることを祈ります。

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ