ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

小笠原国立公園 小笠原

241件の記事があります。

2008年10月15日抹香鯨

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

10月も半ばに入り他の地区の日記を読んでいると紅葉の写真が多いですが、小笠原はまだまだ秋にはなってません!

10月の小笠原は水温も高く、海も穏やかで(台風が来なければ)、人も少なく、穴場の時期なのです。
さすがに冬に近づいてくると海も荒れやすくなってくるので、今のうちに外洋に出かけてきました。
今日紹介するのは小笠原の外洋に住む動物です。


マッコウクジラ(ハクジラ亜目マッコウクジラ科)
体長は雄18m、雌11m。
体重は雄45t、雌15t。
北極から南極まで世界中の海洋に分布していて、だいたい深海域(水深1000m以上)に多くいます。
雄は世界中回遊していますが、雌と子供は何頭かの集団を作って暖かい地域で回遊しています。
小笠原は世界でも珍しく、マッコウクジラが定住しているのです。
ですので1年中ウォッチングできます!(冬は海が荒れているのでベストシーズンは春~秋)

マッコウクジラの特徴は
バスみたいに大きい体、その1/3ほどは頭。
頭部左側に噴気孔(ブローホール、つまり鼻)があり、そこから斜め45°にブロー(潮吹き)します。
潮吹きといっても、実際潮をを吹いているわけではありません。
これは、高い圧力で噴き出した息が、外へ出ると急激に圧力が下がることにより温度が下がって息に含まれる水分が霧状になって(白くなって)出てきます。
つまり、寒いところで息をすると白く見える現象と同じことです。
一度、間近でブローを見ましたが、、、臭いです(xx)

またマッコウクジラは潜水の名手です。
海面で何回か呼吸をしたあと、尾びれを上げて深く潜ります。
一度潜ったら1時間弱潜りっぱなしで、その深度1000~3000mまで潜っていることがわかっています。
深海に潜ってダイオウイカなどを捕食しています。
一度、間近で潜る瞬間を見たら糞をしていきました。
衝撃的な臭さです(xx)

この前、偶然にも水中で出会いました。
とても威厳があり、威圧感を感じました。
あまりにも一瞬の出来事でしたので上手く写真は撮れなかったですがご覧下さい。

子供のマッコウクジラ、左隅に写っているのは大人のマッコウクジラの頭

ページ先頭へ↑

2008年10月08日珍魚

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

ここ最近の小笠原は雷豪雨が激しいです。
家出て2秒でずぶ濡れ。。。

今回は海の中の固有種を紹介します。

オビシメ(スズキ目ブダイ科)
ご覧の通り、黄色いラインが帯を締めているように見えたからオビシメと名付けられたました。
1993年に名前が決まるまでナンヨウブダイの色彩変異種とされていました。
小笠原の固有種と言っていますが、八丈島でもみられるみたいです。
まだまだ生態や分布について不明なことが多い魚です。

生息数も少なく、神経質で、水深20mぐらいにいるので近寄りがたい魚です。
この写真は10mぐらいのところにいたので近寄って撮ることができました。

実は他の色の帯を締めてる魚もいたりして…


オビシメ

ページ先頭へ↑

2008年10月03日秋の花 Part3

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

今年も残すところあと3か月。
でも、小笠原はまだまだ海日和です!(台風が来なければ…)
まだまだ日差しが強いです!

今回も秋の花シリーズ

アサヒエビネ(ラン科エビネ属)
絶滅危惧ⅠA類(CR)
ごく近い将来に絶滅する危険性が極めて高い種

花の時期は8~9月頃
漢字で書くと「旭海老根」
旭とは父島にある旭山からちなんでます。
その名の通り旭山にあったのですが、野生のものは旭山になくなってしまいました。
現在は植栽をし旭山遊歩道沿いに咲いているのが見られます。
私個人的にはこの花が好きです。

アサヒエビネ

ページ先頭へ↑

2008年09月26日秋の花 Part2

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

オガサワラゼミの鳴き声が聞こえてきて秋になってきたな~と感じてきたこの頃です。
(小笠原ではセミが鳴き始めたら秋なのです)
今回もまた秋の花をご紹介します。

ムニンセンニンソウ(キンポウゲ科センニンソウ属)
絶滅危惧Ⅱ類(VU)
花の時期は9月頃
つる性の多年草です

漢字で書くと「無人仙人草」
果実についているひも状の白い毛が仙人の髭に見えたのでしょうか。

島名は「ドクヅル」
葉や茎の汁に触れるとかぶれるので気をつけて下さい。


ムニンセンニンソウ

ページ先頭へ↑

2008年09月18日秋の花

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

まだまだ日の出のともに日焼けできる日差しの小笠原です。
でも、空や森の様子を見ると秋の様相を表しています。
今回ご紹介するのは秋の花の代表格『ムニンフトモモ』です。

ムニンフトモモ(フトモモ科ムニンフトモモ属)
別名:オガサワラフトモモ
絶滅危惧ⅠB類(EN)
花の時期は8月末から9月頃
父島列島の固有種で数はとても少ないです。
地味な花の多い小笠原の固有種の中では、ひときわ目立つ赤い花を咲かせます。
そのためなのか、メジロなどの鳥が頻繁に集まります。

写真の中にメジロが止まっていますが分かります?


ムニンフトモモ

ページ先頭へ↑

2008年09月08日写真展のご案内

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

こんにちは!
小笠原アクティブ・レンジャーの沼田です。

最近ふと見上げると秋空の模様をしていて、「もう秋なんだなぁ~」と感じているこの頃です。
しかし、海はベストシーズン真っ盛りっ!
水温もまだまだ高くて(25℃以上)海の中はまだ夏です。

ここでなかなか小笠原に来れない皆様に、小笠原を感じてもらう写真展の紹介です。

小笠原諸島返還40周年記念写真展
『東京Subtropical Zone』
大塚光紀写真展:小笠原Landscape~RGB原色の世界~
岡野哲也写真展:鯨飛沫(くじらしぶき)

日時:10月10日(金)~16日(木)11:00~20:00(最終日は14:00)
場所:富士フイルムフォトサロン/東京
   〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3 フジフイルムスクエア2F
   TEL.03-6271-3351
   都営大江戸線「六本木駅」と直結
   東京メトロ日比谷線「六本木駅」より徒歩4分
   東京メトロ千代田線「乃木坂駅」より徒歩5分
HP:http://fujifilm.jp/photosalon/

迫力ある小笠原の自然をぜひ感じて下さい!


ページ先頭へ↑

2008年08月26日アホウドリ世紀の移住プロジェクト

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

来る8月31日(日)の19:30~20:00にNHK総合チャンネル『ダーウィンが来た』の番組で、アホウドリの移住プロジェクトの続きが放映されます。

前回は鳥島から聟島へ移送までの放映でしたが、今回はそこから巣立ちまでとなっております。

この世界初の移住プロジェクトをぜひご覧下さい!

放映日
8月31日(日)NHK総合 19:30~20:00
9月 2日(火)BS2   15:25~15:55
9月 3日(水)NHK総合 03:00~03:30

ページ先頭へ↑

2008年08月19日小笠原のネコたち

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

残暑厳しい中みなさんいかがお過ごしでしょうか。

先日イルカに会いに沖に行ったら、イルカだけではなくマッコウクジラにも会えました。
そしたら何とっ、子供のマッコウクジラがウォッチングボートに向かって来たんです!
子供とはいえ、産まれたてでも4mぐらいありますからデカイです。
ボートの舳先を横断したので間近に見れることができました。
こんなことはめったにないのでボートに乗っていた人みんな大興奮でした。

今、母島の南崎ではオナガミズナギドリが繁殖のため巣を作っています。
以前(2008年4月30日)の日記でご紹介しましたように、海鳥を狙うネコから守るために侵入防止柵を作ったり、海鳥の繁殖期には柵周辺に罠を仕掛けて海鳥を守っています。

そんな中、先日1匹のネコが捕まりました。
捕まったネコを見に行ったら、威嚇にネコパンチ…
相変わらず母島の南崎のネコはとても野性味溢れるネコです。

捕獲されたネコはとっても凶暴ですが、東京の動物病院で馴化され、一般の家庭にもらわれたり、スタッフの家族ネコになったり、病院の看板ネコになったりしています。
さすがは獣医師の先生です。捕まった島ネコのその後の写真などを見ると、えっ!?ホントにあのネコ??って思うくらい穏やかな顔をしています。
きっとヒトに飼われていた時はこんな顔をしていたのでしょうね。

今やっている捕獲事業は「緊急捕獲事業」です。
今後、ノラネコ、ノネコを減らすため広域的捕獲事業を開始していきたいと考えています。
小笠原だけに限らず、仔ネコを捨てたり、不幸なネコを増やさないようご協力お願いします。

島ネコ マイケルの大引っ越しのお知らせ
http://c-kanto.env.go.jp/to_2008/0423a.html

ページ先頭へ↑

2008年08月06日自然と共生するために

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

前回の問題の答えはお分かりですね。
答えは鯨類。イルカ・クジラです。
最近私も会いに行っていないので、近々行きたいです。
って、こんなこと言えるなんて小笠原ならではですね。

夏休みに入っている方々も増えてきて、小笠原に来島される人も増えてきました。
皆さん海へ山へと繰り出すかと思いますが、ひとつお願いがあります。

環境省では、貴重な動植物に恵まれた小笠原を後世に引き継ぐために必要な利用のための基本的なルールを、平成11年に東京都、小笠原村、有識者の方々のご協力を頂き、『小笠原を訪れるみんなのルール』として『小笠原カントリーコード』を定めました。

この小笠原の大自然を未来へ残すために、皆さんご協力お願い致します。

小笠原カントリーコード
~自然と共生するための10ヵ条~

1『貴重な小笠原を後世に引き継ぐ』
 貴重な動植物に恵まれた豊かな自然や、その中で育まれた独自の文化など小笠原の自然や文化について様々なことを学び、これらが後世に引き継がれるよう大切にします。

2『ゴミは絶対捨てずに、すべて持ち帰る』
 小笠原では、日頃から島内美化に努め、また、廃棄車両は島外に持ち出して処分しています。こうした島の人達の努力を見習い、ゴミの持ち帰り運動に協力します。

3『歩道をはずれて歩かない』
 歩道でない場所を歩くと、迷いやすいばかりか、植生を傷めることにもなります。歩道をはずれて歩かないようにします。道に不慣れな場合は地元のガイドさんなど地理に詳しい人と歩きます。

4『動植物を採らない、持ち込まない、持ち帰らない』
 海中も含め、自然の中で生きる多様な野生動植物は、小笠原固有の生態系の重要な構成員です。しかし中には繊細で傷つきやすく、過去に絶滅したり、現在、絶滅の危機に瀕している動植物など少なくありません。この貴重な生態系を保全するため、動植物は持ち込まず、持ち帰らず、野生動植物を採ったりしません。

5『動植物に気配りをしながらウォッチングを楽しむ』
 小笠原ではホエールウォッチング、バードウォッチングなど自然観察が盛んです。こうした楽しみ方が、いつまでも続けられるよう、出来る限り、動植物に影響を与えないような見方や楽しみ方を心がけます。

6『サンゴ礁等の特殊地形を壊さない』
 サンゴ礁などは小笠原の自然を語る大切な歴史の証人です。地形について学び、大切にします。

7『来島記念などの落書きをしない』
 小笠原では看板類が少なく、自然と一体となったすっきりとした景観が魅力の一つです。来島記念などの落書きは、この美しい景観を傷つけることになるので、絶対しません。

8『全島キャンプ禁止となっているので、キャンプはしない』
 小笠原では全島でキャンプが禁止されています。自身の生命は身体の安全はもとより、小笠原の美しい自然と静かな村民生活を守るためにも、宿泊には旅館や船を利用し、キャンプは絶対にしません。

9『移動は、できるだけ自分のエネルギーを使う』
 島内では、なるべく自転車に頼らず、できるだけ徒歩や自転車など自力移動を心がけ、のんびりと小笠原を楽しみます。

10『水を大切にし、トイレなど公共施設をきれいに使う』
 小笠原では水は大変貴重でかけがいのないものです。水は大切に使い無駄にしません。また、トイレをはじめ、公共施設の汚れや破損は、ちょっとした不注意が原因になります。後から使う人達が不快にならないよう一人ひとりが気をつけて使います。



ページ先頭へ↑

2008年08月01日小笠原の哺乳類

小笠原国立公園 小笠原 沼田伸一

8月になり夏真っ盛りになりましたね。
皆さんお出かけの際には熱中症等には、十分お気を付け下さい。

突然ですがここで問題です。
小笠原の哺乳類で固有種と言えばなんでしょうか?

答えは、「オガサワラオオコウモリ」←国の天然記念物です。
唯一の固有の哺乳類です。
彼らは夜な夜な血を求め飛び回り…
ってことはなく、フルーツが好きなとっても可愛いコウモリです。


では、小笠原の哺乳類で外来種と言えば何でしょうか?

答えはいっぱいありますね。
ヤギ、ネコ、イヌ、クマネズミ、ヒトなど
特に野生化した外来種は小笠原の自然環境に悪影響を及ぼしています。
元々ヒトに連れて来られ昔は有用、今は無用だなんて何とも哀れな子たちです。


それでは、小笠原の哺乳類で広域分布種と言えば何でしょうか?

彼らは23種類も小笠原で確認されています。
小笠原に来るほとんどの人たちは、彼らに会いに来ていると言っても過言じゃないでしょう。
彼らと一緒にいると、とても癒されます。

さて、何でしょ~うか?

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ