ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2015年10月

17件の記事があります。

2015年10月29日乗り入れ防止合同パトロールを実施しました!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒

富士五湖自然保護官事務所は富士山の山梨県側の五合目に向かう
道路沿いにあります。標高は1000m程ですが、麓から出勤する際に
日に日に紅葉が下ってくるのが手に取るように分かり、
毎日の通勤を楽しんでいます。











そんな紅葉シーズンの富士山周辺ですが、先日オフロード車両の
乗り入れ防止合同パトロールを実施しました。

以前は富士山中腹部へのオフロード車両の乗り入れが非常に多く、
コメツガ・シラビソ等の樹木の損傷やフジアザミ等の植生の踏み荒しが
問題となっていました。そこで大切な自然を守るために平成3年に乗り入れ規制区域が
設定され、同時に山梨県側では環境省・県・市町村14団体で
「山梨県車両等乗り入れ防止対策連絡会議」を設置し、毎年年5回の合同パトロールを
実施しています。また、静岡県側も同様の活動を行っています。

主な乗り入れ規制区域
 ●富士山の標高約1600m以上
 ●青木ヶ原樹海の大半
 ●吉田口登山道沿い(中の茶屋より上)
 ●須走口登山道沿い(旧馬返より上)

※規制区域外でも土地所有者や道路管理者が車両の通行を制限している箇所も多くあります。



〔富士山に乗り入れるオフロードバイクの様子(昭和63年10月13日)〕


〔山梨県側の乗り入れ規制区域マップ〕.pdf



〔パトロールの際に配布しているチラシ〕


その効果もあり、今では乗り入れはかなり減りパトロールをしていて
見かけることもほとんどなくなりました。

それでも残念ながらゼロには至っていない事から、今回乗り入れが多いと
考えられる週末に集中パトロールを実施しました。幸いオフロード車両の
乗り入れは発見されませんでした。侵入経路と思われる道路脇の森林に
ロープを張るといった対策が効果をあげていると思われます。



〔合同パトロールの様子(平成27年10月18日)〕



〔環境省が設置している、乗り入れ禁止標識〕

このように地元が協力をし、長い間地道に活動していることが
効果をあげているのを見るのはとても嬉しいことです。
今後とも乗り入れゼロを目指して活動を続けていきます。

もし、オフロード車の森林内への乗り入れを見かけましたら
自然保護官事務所までご一報をお願いいたします。(規制区域外の
場合もありますので、おおよその場所も教えていただけると大変助かります)
乗り入れが多い箇所・時期をより把握し、そういった箇所へのパトロールを
強化していきたいと思います。

活動がより効果的・効率的に行えるようご協力よろしくお願いいたします!


富士五湖自然保護官事務所(山梨県側) :0555-72-0353
沼津自然保護官事務所(静岡県側)   :055-931-3261

ページ先頭へ↑

2015年10月28日第13回放鳥から1ヶ月が経って

佐渡 広野行男

皆様こんにちは。

9月25日に実施された第13回放鳥から1ヶ月が経過しました。

<両津地区にて確認されたNo.222(愛称:ゆるり)>


今回放鳥された個体はなかなか既存の群れと合流せず、放鳥した19羽のうち未だ5羽の行方が分かっていません。

また、残念ながら放鳥から3週間後にはNo.228の死体も確認され、野外で生きていく厳しさを痛感させられました。


行方が分かっていない個体の中には、本州へ渡った個体もいるかもしれません。

もし見かけることがありましたら、以下のトキ目撃情報ダイヤルにご連絡をいただけたらと思います。

トキ目撃情報ダイヤル(トキ交流会館)0259-24-6040≫

20150925_第13回放鳥トキ一覧.pdf

<13回放鳥の識別表>


さて、野外のトキの中には、1月頃からの繁殖期を前にして早くも相手を探している様子がみられます。

先日は、No.A13(2014年生まれ♂)がNo.A04(2013年生まれ♀)に迫り、雄が雌の上にのって愛情を確かめ合う擬交尾をしようとする様子が確認出来ました。

<参考:No.81(2007年生まれ♂)とNo.66(2009年生まれ♀)の擬交尾の様子:2015/7/2撮影>


残念ながら、No.A13はNo.A04に逃げられてしまいましたが、だんだんとトキの様々な恋模様が観察される季節となっていきます。

重要な動きを見逃さないよう、観察していきたいと思います。



追伸

佐渡にはハクチョウが渡ってきており、冬鳥の季節が徐々に近づきつつあります。

<トキとハクチョウ:2015/10/9撮影>

<トキとハクチョウ:2015/10/23撮影>

ページ先頭へ↑

2015年10月26日赤薙山奥社跡巡視

日光国立公園 櫨木 めぐみ

 先週、日光連山の東端に位置する赤薙山(赤薙山神社)と、その奥にある奥社跡まで巡視しました。赤薙山は標高2010m、奥社跡は2203m。登り口である霧降高原レストハウスは標高約1350mなので、標高差853mの登山です。


 まず待ち構えているのは、レストハウスから小丸山までの天空回廊。高低差240m、ほぼ直線の1445段の階段が天に伸びるように続きます。この階段がとにかく長いです(※写真の森へ右上に伸びるところも階段)。

この階段を登りきると一山越えた達成感があります。しかし、ここからが本番。

 小丸山から先に土の登山道が現れるのですが、赤薙山の林内に入るまでの道が厄介です。迷うほどの複数の踏み跡、えぐれ、滑りやすい粘土質の道になります。連日晴れていたので影響はあまりありませんでしたが、雨天時や前日雨天の場合、この道は一苦労しそうです。ただし、この間の展望はとてもよく、なだらかな笹原の斜面が眼下に広がり、丸山や霧降高原、日光の街並みなど、その眺望に励まされます。

 やがてコメツガ林に入り、今度は一部ロープが備え付けてある急斜面が待っています。そこを抜けた山頂には赤薙山神社があります。展望は木々の間からのぞき見る感じです。

 続いて、赤薙山頂から奥社跡を目指します。この間起伏が多く、急傾斜に挟まれた細尾根、岩尾根などもありました。岩場が好きな私にとって苦ではなく、むしろ楽しい道のりでした。

 復路では丸山を経由しました。丸山に登る直前、青空と丸山、山頂で賑わう登山客の姿が見えていたので何も疑うこともなく、登りはじめること10分...靄が少しずつ辺りを覆ってきました。あと少しだから保つかと思いながら山頂到着。視界はというと...見事に真っ白!その後、回復する兆しもなくずっと真っ白でした。山の天気は変わりやすい。ましてや霧降と呼ばれる地、納得です。

 丸山から八平ヶ原(やっぺいがはら)を経由してレストハウスまでは霧の道中でした。笹刈り跡や道案内のパウチがありましたが、笹刈りがまだされていないところもあり、霧の状況によっては案内パウチも見落とすかもしれないので注意が必要です。

 ちなみに、紅葉状況はというとレストハウスまでの霧降高原道路が見頃を迎えているようでした。紅葉狩りや登山をしに秋の日光の山へ足を運ばれる方もいることでしょう。季節を問わずではありますが、今回の登山でもわかるように山の天候は変わりやすいこと、標高差による気温変化(今回の登山行程の場合、仮に無風としても登山口と山頂では約5℃の気温差があります)や風による体感温度の変化があること、秋は日が短いことなどを意識した備えや登山計画をたててお出かけ下さい。

ページ先頭へ↑

2015年10月26日湯川カワマス産卵観察会

日光国立公園 中野純

世間一般では秋冷の心地よい季節の中とのことですが、標高1、500m近くの湯元ビジターセンターでは昼間からペレットストーブが稼働しており、早くも冬の到来を感じさせます。

湯元に限らず奥日光にお越しになる際は暖かい上着の用意をオススメします。

湯元周辺の紅葉シーズンはほぼ終了となっていますが、いろは坂周辺の山々ではパレット模様で彩る美しい紅葉となっており、今月末前後までは見頃かなぁと思います(ピークは過ぎたと思います)。

さて、今回の日記はカワマス。

先週末(研)水産総合研究センター増養殖研究所と全国内水面漁業協同組合連合会日光支所主催の「湯川カワマス産卵観察会」に参加し、スタッフの方からカワマスの生理生態や奥日光の釣りの歴史などを解説していただき、その後、解説いただきながら湯川でカワマスを観察しました。

小滝での観察の様子湯川にてオスのカワマス2匹











湯川のカワマス2匹                    小滝で観察


カワマス(別名ブラウントラウト)は、北米大陸を原産地とするサケ科イワナ属の魚です。

名前に「マス」とついていますが、分類学上はイワナの仲間なのがちょっとややこしいです。

1902年(明治35年)、貿易商であり長崎のグラバー園で有名なトーマス・グラバー氏が英国大使館員であったハロルド・パーレット氏らの協力を得て奥日光の湯川に初めて放流され、現在、湯川は全国的に希少なカワマスの生息地となっています。

現在は放流は行わず、自然産卵で資源を維持する「キャッチアンドリリース」が実践されており、近年ではカワマスの繁殖行動や産卵シーンを目にする機会が増えたとのことです。

小滝下流の橋から眺めると、1匹のメスをめぐり2~3匹のオス同士が執拗に奮闘している様子が見受けられました。そういえば動物のオスはメスをめぐりオス同士が争い、時に致命傷のような深傷を負って息絶えることもあるそうです。オスにはそうしてでも自分の遺伝子系統を存続させたいという強い気持ちがあるのでしょうか。

ん~わからんでもないです。

日光地域のアクティブレンジャー3年目ですが、魚類や釣りについての知識がほぼ無かったので、今回の催しで日光の新たな一面を認識し、理解する良い機会となりました。

奥日光の歴史や文化、自然を語るうえで欠かせないカワマスと釣りの関係性。

そして、それが奥日光の魅力を形作る1つだということを再認識した1日でした。

湯川でのカワマスの繁殖行動は11月にかけても観察ができるとのこと。

残されたチャンスはあとわずか。是非カワマスの観察においでください。

菖蒲ヶ浜にある「さなかなと森の観察園」で、"おさかなの理解を深める晩秋"は如何でしょうか。

https://www.fra.affrc.go.jp/nikko/index.html

ページ先頭へ↑

2015年10月22日集まれ!子どもパークレンジャー in 箱根!!

富士箱根伊豆国立公園 後藤香奈

今年もやってきました!
小中学生を対象に、環境省レンジャー(自然保護官)と一緒に国立公園内で自然環境学習などを行う
【子どもパークレンジャー】が11月と12月に2回開催されます。

「箱根で大ぼうけん! ~火山のナゾを探れ~」
・主催:環境省箱根自然環境事務所
・運営:NPO法人ホールアース研究所
・後援:箱根ジオパーク推進協議会

〔写真:平成25年 子どもパークレンジャーの様子〕

今回は 『小学生5年生~中学3年生』 を対象としております。
日程は
① 平成27年11月15日(日)9:45~15:30 (※締切:11月8日(日))
  または
② 平成27年12月6日(日)9:45~15:30 (※締切:11月29日(日))
各20名定員となっております。ご都合の良い日程をお選びください。
※①、②と内容は同じものです。

環境省のレンジャーや火山学者のお話を聞いたり、
箱根ビジターセンターから姥子駅までの道のりを
自然観察しながら宝探しビンゴゲームをします!
※大涌谷及び噴火規制区域には入りません。

詳しくは環境省のページ
開催場所の情報は箱根ビジターセンターのページをご確認ください!

箱根では気温が変わりやすいですので、防寒着をしっかりとお持ち下さい!
多くの子どもパークレンジャーのご参加をお待ちしております!


〔写真:平成20年 子どもパークレンジャーの様子〕


ページ先頭へ↑

2015年10月21日秋の天城山(万二郎岳~万三郎岳)

富士箱根伊豆国立公園 沼津 橋本 和加子

10月20日、歩道の施設などを確認するため、万三郎岳線歩道を巡視しました。

伊豆半島の天城山系にある万二郎岳(ばんじろうだけ)万三郎岳(ばんざぶろうだけ)は、天城高原ゴルフ場近くの駐車場横に入口があります。

今回の巡視は、駐車場→万二郎岳→馬の背→石楠立(はなだて)→万三郎岳→シャクナゲコースで駐車場へ戻るルートで実施しました。

 

当日の天気予報は「晴れ」でしたが、巡視中は時折陽が射すものの、ほとんど雲に覆われた空となりました。

10月下旬の時期なので紅葉を期待していたのですが、少々遅かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

(万二郎岳下の展望地より馬の背を望む)

 

 

それでもところどころで秋を感じられる風景や植物に出会いました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

(石楠立から万三郎岳へ向かう途中のブナ林)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (歩道脇に咲いていたエンシュウハグマ)

 

この他、歩道脇にリンドウ、沢の岩上にダイモンジソウも咲いていました。

 

これからは、木々の葉が落ちて眺望が良くなる場所もあります。

お天気の良い日には、富士山を見ることもできます。

今回のルートの所要時間は、5時間~6時間ほどです。

途中にトイレはありませんので、出発前に駐車場のトイレで済ませておくと良いでしょう。

また、傾斜が急な場所や岩がゴロゴロしているところもあります。

しっかりした装備を整えてお出かけ下さい。

ページ先頭へ↑

2015年10月20日雪化粧した南アルプス

南アルプス国立公園 大石佳織

みなさん、こんにちは。
先週、広河原の様子をお伝えした翌日(10月14日)に、仙丈ヶ岳へ行ってきました。

この日、仙丈ヶ岳には10月11日に降った雪がありました。
稜線上の日当たりのよい登山道は雪がなくなっていましたが、少しでも日陰になっている
場所には踏み固められた雪が残っていました。しかも、場所によっては踏み固められた雪の
上に土がうす~く乗っていて、一見すると雪がないように見え、トラップのようになって
いるところも...。

(小仙丈ヶ岳、仙丈ヶ岳、仙丈小屋の分岐から仙丈ヶ岳方面を望む。 10月14日)









雪化粧した山はきれいですね。

(標高2600m付近のダケカンバ 10月14日)










黄葉・紅葉もすっかり終わっていましたが、冬の到来に備えた落葉樹のシルエットを
堪能できるのは、この時期ならではです。

【登山される方へ】
登山道は雪や凍結により、危険な箇所が増えています。
5合目の大滝ノ頭~藪沢のトラバースルートは沢の水が凍結しているため、十分
注意して通行してください。不安に感じる方はルートの変更もご検討ください。
登られるときは、無理せず安全第一で。

【バスの運行期間について】
南アルプス北部の登山口、北沢峠や広河原へのバスは11月上旬から中旬に運行を
終了します。お越しの際は、バスの運行状況等をご確認ください。

 長野県側:11月15日運行終了予定
      詳細はコチラ(伊那市HP)
 山梨県側:11月9日運行終了予定
      時刻表、マイカー規制情報など詳細はコチラ(山梨県HP)

(おまけ 広河原からの北岳。 10月14日)










ページ先頭へ↑

2015年10月19日那須岳の紅葉

日光国立公園 吉川 美紀

那須岳山麓の当事務所は日が陰るとすっかり冷え込むようになってきました。登山の際、天候によっては毛糸の帽子や手袋が必要となってきた那須岳より紅葉情報をお伝えします。



先週、那須岳へ巡視に行ってきました。



茶臼岳裏側の紅葉撮影スポットとして人気な「姥ヶ平」はもう紅葉がほぼ終了していました。巡視日よりも一週間ほど前がピークだったようです。












(10/14姥ヶ平より茶臼岳撮影 落葉木:紅葉木=7:3くらい?)

「沼原湿原」も紅葉はほぼ終了。まっ黄色になったカラマツがまだ残っており、ススキと相まってこちらは落ち着いた秋の雰囲気が感じられます。













(10/14沼原湿原にて撮影)

「三斗小屋温泉」付近はまさに巡視日が紅葉のピークを迎えていました!360度様々な色の葉に囲まれて目が回りそうなほどです。













(10/15三斗小屋温泉付近にて撮影)

この日ほど自分の写真センスのなさを悔やんだ日はありません...!この写真では全くお伝えできていませんが、この100倍すばらしい紅葉にとても感動させられました。

この他にも、下郷町の観音沼周辺は10/15時点で紅葉ピーク。

那須塩原市の深山湖周辺は10/15時点で山の紅葉が楽しめます。


山の紅葉は終わりを迎えつつありますが、木々の色づきは裾野へと移ってきており那須平成の森や駒止の滝ではまだたっぷりと紅葉を味わうことができます。

ぜひ雪が降る前の自然の賑わいをお楽しみください!


↓那須平成の森HP↓

http://www.nasuheiseinomori.go.jp/

ページ先頭へ↑

2015年10月16日秋の箱根を楽しみませんか?~今年度最後の自然観察会ご案内~

富士箱根伊豆国立公園 箱根 後藤香奈

すっかり寒くなってきましたね。
今年度、最後の自然観察会のお知らせをいたします!
紅葉の綺麗なこの時期、歴史と秋を感じながら箱根を楽しむ自然観察会が開催されます。

平成27年11月10日(火)9:30~14:30(予定)
「紅葉の箱根路を訪ねて」自然観察会
・主催:自然に親しむ運動
・開催担当:環境省 箱根自然環境事務所

【恩賜箱根公園~旧東海道杉並木・石畳~お玉が池~精進池】を
歴史や秋の景色を楽しみながら、
箱根に詳しいパークボランティアと一緒に観察します。


距離3.5km、標高差150mの道のりで【箱根路】を楽しみましょう!

詳しくは環境省のページを、
集合場所の情報は恩賜箱根公園のページ
解散場所の情報は石仏群と歴史館のページからご確認ください。



なお50名を越えた場合は抽選となりますのでご了承ください。
多くの皆様のご参加をお待ちしております!
防寒対策をお忘れなく!

ページ先頭へ↑

2015年10月15日初の溶岩採取禁止キャンペーンを行いました!

富士箱根伊豆国立公園 富士五湖 小西 美緒


秋も深まり、富士山にも10月11日に初冠雪の知らせが届きました。
五合目は紅葉が見頃です。












五合目佐藤小屋周辺の紅葉(10月5日撮影)

TVでも報道されているように、ここ数年日本への外国からの旅行者が急増していますが、
そのうちの多くの人が日本の象徴である富士山に足を運んでくれています。
多くの人に美しい富士山を間近で見てもらえることは本当に嬉しいことです。

その反面残念なことに、外国人旅行者の増加に伴い、
軽い気持ちで富士山の溶岩を持ち帰る人が増えてしまっています。
(富士山の五合目以上は国立公園の特別保護地区という
一番保護の厳しい地区に指定されているため、溶岩も植物も採取することは
法律で禁止されています。)












スバルライン五合目にある注意看板


ただ大半の人が富士山が国立公園であることを知らなかったり、
国立公園のルールを知らないために採ってしまっていると思われるため、
10月7日にスバルライン五合目にて山梨県や警察、神社、五合目の観光協会など
関係者の皆さんと合同で「溶岩採取禁止PRキャンペーン」を行いました。

溶岩の採取禁止に関する啓発イベントは初めての取り組みです!


観光客にルールを周知するチームと、五合目を頻繁に訪れるバスの運転手さんや
添乗員さんへのヒヤリングをするチームに分かれ活動をしました。












啓発イベント参加者で話し合い中












バスの運転手さんへのヒヤリング中






















溶岩持ち出し禁止啓発チラシ.pdf

ヒヤリングの結果、大半の運転手さんや添乗員さんはルールを知っていて、
バス内で事前に注意をしたり、バスに乗り込む際に溶岩を手にしている
観光客がいれば注意をしてくれている一方で、ルールを知らない人が
いることも分かりました。今後は現場での観光客への周知・啓発を続けると共に、
運転手さんやガイドさんなどへの周知・協力依頼も強化していく
必要があると感じました。


また、今回マスコミも多く取材に来て、新聞記事やTVのニュースになりました。
みんなで協力をして、一人でも多くの人にルールを知っていただき国立公園を
美しく守っていきたいと思っています。

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ