ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年07月15日警戒心をもって

秩父多摩甲斐国立公園 奥多摩 小林真弥美

みなさん、こんにちは。

奥多摩自然保護官事務所の小林です。

部屋に入ってきたハクセキレイの幼鳥を逃がした日の帰りに、

スズメの幼鳥の亡骸を拾った小林です。

今回は、最近の巡視で出会った秩父多摩甲斐国立公園の住人、5名を紹介したいと思います!

1番目の住人「アナグマ」

巡視の帰り道にばったり会いました。

秩父多摩甲斐国立公園には、本州に生息する哺乳類の代表的な種がほぼ生息しています。

その中でも奥多摩には44種類が生息しているとされ、本州の生息数(59種)の約75%だそうです!

掘った穴にした、ほやほやのフンは見たことがあったのですが、

アナグマ本人を見たのは初めてでした。愛くるしいですよね。

しばらく離れて待っていたのですが、逃げ込んだ岩場からなかなか出てこないので様子を見てみると・・

寝てるーーーーー!!

近くには土を掘り起こした跡が長く続いていたので、お腹いっぱいで満足しちゃったんでしょうか?

それにしても警戒心がなさすきる!逆に心配!

2番目の住人「キクイタダキ」

亜高山帯の針葉樹林に生息する、日本で最小の鳥です。

頭のてっぺんが黄色いので、「菊戴」と書きます。そのまま・・

普段は木の上の方から鳴き声がするだけで、姿がなかなか見られないのですが、

巣作りの時期は目線の高さくらいまで降りてきてくれて、

苔や蜘蛛の巣などを必死に集めているので見ることが出来ました!!

3番目の住人「ヒガラ」

頭を振り乱して紐をつついて、近づいても全然逃げず、巣材を作り出していました。

巣材としては確かに丈夫ですよね。賢い。

こちらも亜高山帯の針葉樹林に多い鳥ちゃんです。

亜高山帯。キクイタダキの時にも出てきた言葉ですね。

※亜高山とは、(本州では)1700m~2500mの間の植物の分布帯のこと。

秩父多摩甲斐国立公園では、主に主稜線上で亜高山性針葉樹林が広く分布しているので、

鳥たちの種類も、亜高山帯を好む種類が多くなるんですね。

4番目の住人「エゾハルゼミ」

ん?植物?・・・と思いきや、このユモトマムシグサの仏炎苞(にょきっと出ている筒状の部分)に

しがみついている茶色い物体・・・(クリックで拡大できます。)、

エゾハルゼミの抜け殻です。かわいいですよね。

秩父多摩甲斐国立公園の山で聞くセミの声は、街でよく聞くアブラゼミやミンミンゼミの声と違って、

夏のジリジリとして暑苦しさを感じさせません。

なぜなら!セミの種類が違うからです!!

街と山では標高が違えば季節も違う!紅葉も山の方から始まりますよね?

セミも同じです。

エゾ"ハル"ゼミは名の通り、夏前の5月から鳴き始め、

本州では標高が高いブナ帯に生息しています。

セミによって、好む木の種類が違うので、

標高差に応じた公園内の豊かな植生が、生きものの多様性を生んでいるんですね。

すばらしい!

5番目の住人「サンコウチョウ」

見返りサン。

実家の掛け時計の12時のところにサンコウチョウが書かれていて、

「月日星ホイホイホイ」って鳴くんやで、と言い聞かせられ、

見たい見たいと思ってきたこの人生、やっと会うことができました!

実際に聞くと、「ジェッ、ギーポイ、ジーズッ、ホイホイホイホイホイ」という感じです。

「ホイホイ」は3回だけ、って決まって鳴くわけじゃないんや、と知りました。

公園内では、5月から6月にかけて、民家に近い雑木林や人工林の上の方から声が聞こえてきます。

このような場所が多い、規制の少ない普通地域でも、

サンコウチョウがいるというだけで守るべき価値が上がりますね!

以上、最近出会った5人の住人たちを紹介させて頂きましたが、

どの住人に会いたくなりましたか?

全員ですか?

そうだと思いました。

サンコウチョウはもう鳴いていないので、声なくして探すのは難しく、秋には渡ってしまいます。

エゾハルゼミも梅雨明けには鳴きやんでしまうので、

また来年にでも会いに来てください!

その頃にはコロナが治まっていることを願います。

ページ先頭へ↑

2021年07月15日試行錯誤は続く!

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

日中は蒸し暑くてたまらない季節になってきましたね。

▲まだ佐渡ではアジサイが咲いていますが・・・

さて、今週はそんな蒸し暑さにも負けずに、佐渡市内の元気な小学生の見学に対応しました。

小学生等を対象とした普及啓発活動も佐渡のアクティブ・レンジャーにとって大切な業務の1つです。

今年度は学校からの見学依頼が多く、私もすでに6件の案内対応をしています。

たいてい私が案内を担当するのは「トキのテラス」という施設で、野生トキの観察とトキが生息する佐渡の里地の展望ができます。昨年6月に全面オープンしたこの施設の屋内観察室にはトキの生態に関する展示物があり、また、野外のトキを観察できるように望遠鏡が備え付けられています。ここでトキについて説明したり、トキと佐渡の農業とのつながりを説明したりしています。

▲大きな窓からはトキが暮らす佐渡の里山の風景を一望できます

見学依頼ごとに対象者の年齢や人数、案内時間が異なるため、飽きさせないためにどうすれば良いか、一番伝えたいことを効果的に伝えるにはどうすればよいか、毎回試行錯誤しています。


▲ある時はフリップを使ってみたり


▲デジタルサイネージの自作の動画で説明してみたり

▲展示物を利用して子供達の目線を変えてみたり

なかなか納得のいく案内はできていないのですが、場数を踏んだおかげでようやく基本スタイルが固まってきたように思います。

トキが暮らせるということは、それだけ他の生きものもたくさん生きていける環境であること。

そんな環境が維持されているのは、佐渡の農家の方々が生きものに優しい方法で農業をしているからだということ。

トキのことだけでなく、トキと人が共に暮らしている佐渡の素晴らしさを、佐渡の未来を担う子供達にしっかりと伝えるためにはどうすればよいのか、私の試行錯誤はまだまだ続きます!

ページ先頭へ↑

2021年07月15日尾瀬の花リレーはニッコウキスゲへ

尾瀬国立公園 尾池こず江

こんにちは。片品自然保護官事務所の尾池です。

尾瀬では、夏の花々が見頃を迎えています。

白いワタスゲの見頃は終わりかけとなりましたが、尾瀬の花リレーのバトンは次々に夏のお花へと渡っています。今その中でも目立っているのは、ニッコウキスゲです。

ニホンジカの食害で数が減ったと言われるニッコウキスゲですが、実は尾瀬ヶ原の牛首分岐~ヨッピ吊橋の間でお花畑を見ることができます。黄色の絨毯とまではいきませんが、緑の湿原の中で鮮やかに咲いていました。牛首分岐~ヨッピ吊橋間のニッコウキスゲは、シカによる食害が目立ち初め、3年ほど前から環境省で植生保護柵を設置しています。今回調査に同行したところ、昨年よりは花芽の数は少ないようですが、柵の効果があってか年々復活しているように感じます。

▲尾瀬ヶ原の牛首分岐~ヨッピ吊橋間のニッコウキスゲ(7.12撮影)

他にもたくさんのお花が咲いていますので、ぜひ探してみて下さい。

また、先週の巡視でもたくさんの動植物が見られましたので、一部ご紹介します。

最後に、福島県と新潟県の県境に位置する三条ノ滝も巡視しましたので、ご紹介します。

三条ノ滝は、日本の滝百選に定められており、落差約80m、幅約30mほどで水量がとても多く、雨上がりや雪解け期は大迫力です。

尾瀬の水を集めて豪快に流れ落ちる三条ノ滝は、とても見応えがあります。

▲三条ノ滝(7.7撮影)

夏の尾瀬では熱中症対策や登山装備をしっかりして楽しんでくださいね。

小さな厄介者、ヌカカも出ていますので、ご注意を。

その他尾瀬の情報はこちら

【尾瀬保護財団HP】

<https://www.oze-fnd.or.jp/>

【新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い】

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お出かけの際は、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認ください。

ページ先頭へ↑

2021年07月14日【富士山編】開山前から出来る装備の状態とルールの確認

富士箱根伊豆国立公園 箱根 高木俊哉

AR日記をご覧の皆さま、こんにちは。

箱根事務所の高木です。

富士山の開山時期になり、2年ぶりに富士山にも登山客が戻りつつあります。
梅雨でなかなか外に出ることが出来ない今だからこそ、快適な富士登山に向けて装備の状態を確認してみてはいかがでしょうか。

  • ●装備の状態をチェック

昨年は開山されることがなかったため、今年を楽しみに富士登山を計画されている方も多いかもしれません。
是非今年は例年以上にしっかりと準備をして、感染症対策も行い、事故無く楽しく富士登山を終えましょう。

<登山靴>

まずは登山靴から。

富士登山では、ハイカットの靴を選ぶと良いでしょう。スコリアが靴の中に入るのを防ぎ、また足首を固定する役割もあります。特に「砂走り」や「大砂走り」はゆっくり歩いても靴が数センチ沈みこむところもあるため、さらにゲイター(スパッツ)などを装備することも推奨されます。

靴の底などもはがれている場合がないように、今のうちに状態をしっかりチェックしておきましょう。状態に不安が残る場合には買い替えも検討した方がいいですが、試着はしっかりしておきましょう。

登山靴

▲富士山は過酷な環境です。「これくらい良いか」と放置しないようにしましょう。

<ストック>

ストックは、特に下山時の膝への負担を軽減する際に有効です。
伸縮タイプのものは長さを調節するストッパーなどに異変がないか確認しましょう。また、登山道や植生の保護の為、キャップは必ずつけてください。

ストック

<ザック>

登山中に使い物にならなくなってしまわないよう、ザックに破れなどの破損がないか確認を。ウエストベルトの差し込みバックルなども耐久力があるかチェックしておきましょう。

ザック

▲差し込みバックル

<防水スプレー>

防水機能のあるザックや登山靴、レインウェアも使用を重ねていると、機能が低下することがあります。急な悪天候で雨に濡れてしまい、体力の低下やザックの中を水浸しにしない為にも今のうちに防水スプレーで対策を行っておくと安心です。

※防水スプレー・防水スプレーを使用する物品の、使用方法や取扱説明書を必ずご確認のうえご使用ください。

<感染症対策>

手洗い

消毒ジェルや不織布マスク、密閉袋など感染症対策用の装備は個人で用意を。また、登山前の計画段階から体調管理を行って、症状がある場合には冷静な判断で中止・延期の決断をしましょう。

富士登山オフィシャルサイト(感染症対策)

そして個人的なおすすめ装備として、軍手を持っていくと安心です。
登山技術・経験や歩き方にもよると思いますが、軍手(グローブ)は、例えば富士宮ルートの一部では岩がせり出しているような場所もあるので、手を守ってくれます。また、他のルートでも急な転倒の際には手のすりむきなどを防いでくれるでしょう。リーズナブルな価格もポイントです。ただし、保温の効果は低く、雨が降ると冷たい水分を含んでしまうので注意しましょう。

  • ●ルール

富士山は国立公園と特別名勝及び史跡に指定されているため、自然公園法と文化財保護法によって、法律により禁止されている行為があります

採取禁止採取禁止
必ず下記のページを確認しておきましょう。

<富士箱根伊豆国立公園特別保護地区>

五合目より高い地域は国立公園特別保護地区に指定され、自然保護のため厳しい規制がかけられています。
また、世界文化遺産にも登録され、他にも溶岩樹形等の自然的・歴史的価値のある天然記念物がありますので、マナーを守った行動を心がけましょう。

富士登山オフィシャルサイト(富士登山のルールとマナー)

最後になりますが改めて「withコロナ時代の新しいマナー」をよく確認して感染拡大防止に努めましょう。

Withコロナ時代の新しい富士登山マナーWithコロナ時代の新しい富士登山マナー(PDF:278KB)

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ