ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [関東地区]

関東地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2021年06月18日第24回トキ放鳥 ~ハードリリース方式~

佐渡 菅野萌

皆さんこんにちは。

佐渡自然保護官事務所の菅野です。

佐渡では6月上旬に第24回トキ放鳥を行い、計17羽のトキが放鳥されました!

今回の放鳥も、昨年秋に実施された第23回トキ放鳥と同様にハードリリース方式(※1)とソフトリリース方式(※2)を併用して行いました。

この日記では6月5日に生椿(はえつばき)地区の棚田で行われたハードリリース方式での放鳥の様子をお伝えしようと思います。


佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションの順化ケージで約3か月間の訓練を受けたトキたちを捕獲し、放鳥箱に入れて放鳥場所まで移動します。

▲トキを放鳥箱に入れる様子

トキ捕獲作業は獣医師と飼育員が中心になって行いますが、アクティブ・レンジャーも手伝いをします。その後ひと足先に放鳥場所に移動して会場の準備をします。

上の写真は、私の持ち場の様子です。

報道発表用の写真・映像撮影をする必要があるので、ビデオカメラや望遠カメラを用意してあります。

放鳥されたトキが直後に落下するなどの事故があった場合に備え、トキ用の捕獲網もすぐ手に取れる場所に置いておきます。

会場の準備が整った頃、トキの入った放鳥箱をのせた車が放鳥場所に到着します。

そのあと関係者やマスコミの方々が放鳥場所へ到着し、いよいよ放鳥が始まります。

今回はトキのためのビオトープ整備に関わっている団体の代表者等に放鳥者になっていただきました。

放鳥者が放鳥箱にかけられた赤と白のテープをハサミで切ると・・・

放鳥箱の扉が開き、トキが飛び立っていきます。

前回の放鳥時はあいにくの雨でしたが、今回は青空が広がる中、無事に全10羽が飛び立っていきました。

▲放鳥されたトキ

※1 ハードリリース方式

順化訓練後のトキを放鳥場所に移動し、直ちに放鳥する方式で、既存の群れサイズの拡大とトキの分布拡大を促すことを目的としています。

※2 ソフトリリース方式

放鳥場所で飼育し、トキが環境に順化したのちに放鳥する方式で、分散を抑制し、放鳥場所周辺での群れ形成を目的としています。

ページ先頭へ↑

2021年06月15日【小笠原】海ごみゼロウィーク終了!ご協力ありがとうございました。

小笠原国立公園 小笠原 鈴木尚之

こんにちは、小笠原の鈴木です。

今週は月曜日からずっと雨予報。どうやら梅雨前線が小笠原付近まで南下してきているようです。

先日、海ごみゼロウィークが終了しました。回収は10日間で198.83kg。1tサイズのフレコンバッグ2つが満杯になりました。

海ごみゼロウィーク初日から雨が降りコンディションが悪い中ご協力いただいた皆さま、ご協力ありがとうございました。

ちなみに今年は昨年と比べて、漂着していたごみ自体が少なかったようです。

▽多くはプラスチック片や漁具、ペットボトルでしたが、こんな物も見つかりました。

○タバコの缶

○注射器(針有り)

○ショウガの瓶詰め

変わった物や危険物など、様々なごみが流れ着いていました。

(誰かが怪我する前に回収できて良かったです。)

今回は海ごみ(特にプラスチック)についてお話しします。

プラスチックごみは海に流れ出た後、波や風など様々な要因によって非常に長い時間をかけて分解されますが、その間にも様々な影響を動植物や人へ及ぼすことが懸念されています。

たとえば皆さんはマイクロプラスチックをご存知でしょうか。

マイクロプラスチックは5mm以下のプラスチックごみのことで、石油関連の化学物質が吸着・残留しやすく、食物連鎖を通じて上位の生き物により多く蓄積すると言われています。

海で暮らす生き物にとどまらず、海の資源を利用する生き物から始まる連鎖に関わる全てがその影響を受ける可能性があり、私たち人間も例外ではないのです。

では、私たちに出来ることはあるのか?今年の海ごみゼロウィークは既に終わってしまいましたが、普段から出来ることがあります。

たとえば3R(Reduce,Reuse,Recycle)。前2つは久しぶりに聞いた方もいるのではないでしょうか?

ごみを減らすには拾うだけではなく、そもそも出さない事(Reduce)が特に重要です。

飲み物は水筒で持ち歩く、レジ袋の代わりにエコバッグを使うなど普段の生活の中に改善できる事はたくさんあります。

とりあえず私は"使い捨てマスクを使用しない"で頑張っていこうと思います。

皆さんもぜひ、目標を定めて排出するごみを減らしてみてください。

▽3Rについて詳しくはこちら

『3Rまなびあいブック』

http://www.env.go.jp/recycle/yoki/b_2_book/index.html

小笠原 鈴木

ページ先頭へ↑

2021年06月15日「劇場」ヶ原へのご招待!!!

日光国立公園 大森健男

皆様こんにちは!日光のアクティブレンジャーの大森です。

ようやく奥日光も春から初夏へと駆け足で、日に日に緑が濃くなってきました。

この移り変わりをお知らせしようとしましたが

・・・時すでに初夏から成夏にぐんと近づいてしまい写真を撮って準備していた

「シャクナゲ」や「ツツジ」の花はなくなってしまいました!

ということで、もうすでに初夏まっしぐらの奥日光の「王道」である戦場ヶ原の様子をお知らせします。

この6月の初夏の奥日光戦場ヶ原はまさに「劇場ヶ原」です! この代表は

1番 ズミ 2番 ワタスゲ 3番 レンゲツツジ といったところですが

この3者の共演が戦場ヶ原の見どころです。

 『ズミの花と男体山』

この共演にノビタキやホオアカ、そしてカッコウなどの高原の鳥たちの歌ごえも登場します。

そしてBGMはエゾハルゼミの大合唱団です。(写真や音声がありませんのであしからず)

 『皆さん、劇場を満喫です!!』

  『思わず息を大きく吸い込みたくなる空間です!」

 『レンゲツツジが加わった劇場が原(昨年の状況)』

戦場ヶ原の散策は、赤沼駐車場からか湯滝駐車場からが一般的です。

すべて歩き通すと3時間近くかかります。平坦だと思っていても、ぬかるみや足場の悪いところも

ありますので、それなりの体力としっかりとした足ごしらえが必要です。

全部歩き通さなくても、赤沼駐車場より20分程度で湿原が見渡せる「ワタスゲデッキ」まで出られますので、ここまででも戦場ヶ原の魅力が十分楽しめます。

『ワタスゲデッキ(通称)』

これからも様々な花々が咲き出し、季節の移り変わりが楽しみな奥日光です。

戦場ヶ原以外にも、シラカバの貴婦人で有名な「小田代原」、静かな森の湖「湯ノ湖」など

奥日光には、様々な「劇場」が用意されています。

これからも皆様に、奥日光の旬のいろいろな楽しみをお知らせしたいと思います。

奥日光の花の開花は以下が参考になります。

日光湯元温泉ビジターセンターの自然情報

http://www.nikkoyumoto-vc.com/

(株)日光自然博物館の自然情報のブログ

https://www.nikko-nsm.co.jp/web/blog/

ページ先頭へ↑

2021年06月14日南アルプス国立公園写真展@アピタ静岡店

南アルプス国立公園 南アルプス 本堂舞華

みなさん、こんにちは。

南アルプス自然保護官事務所の本堂です。

6月3日より、アピタ静岡店にて南アルプス国立公園写真展が開催されています。今回は静岡市役所・環境創造課と共催です!

南アルプス自然保護官事務所からは南アルプス国立公園について、静岡市役所・環境創造課からは南アルプスユネスコエコパークについての解説パネルの展示やパンフレットの配布を行っています。

南アルプス国立公園の南部は静岡市にかかっている部分がとても多く、今回は静岡市内で撮影された写真を多く展示しています。

中でも、私のおすすめは荒川岳のお花畑の写真です。

タイトル:「お花畑」

この写真は2020年度のアクティブ・レンジャー写真展でも展示された写真です。荒川岳にはV字谷やカール地形、ライチョウの生息血などの魅力はたくさんありますが、このお花畑は南アルプス山域の中でも1番大きいと言われています。シナノキンバイやハクサンイチゲなどが一面に咲きます。

このほかにも荒川岳をメインに16枚の写真が展示されています。荒川岳含む南部の山々はアクセスに時間がかかることや林道が崩落している場所が多く、なかなか足を運ぶことが難しいですが、アピタ静岡店にお越しいただき、南アルプス南部を感じていただければと思います。みなさんのお越しをお待ちしています♪

6月4日(金)~16日(水)までJR静岡駅北口展示スペース「しずチカ」で静岡市役所・環境創造課による南アルプスユネスコエコパーク展示を開催しています。ライチョウの模型や南アルプス南部のジオラマ模型の展示、静岡県内のエコパーク登録地域内に生息する昆虫の標本などを展示しています。そちらもぜひお立ち寄りください!!

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ